庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、フリー。
最近珍しく、何も予定のない日。
こんな日は、もちろんお庭。



朝5時に起きて、バラ・ブルームーンの植え付け準備です。
天使の真裏に植えつけます。
土づくりをして、底穴に元肥を入れます。
油粕、骨粉、米ぬか、牛糞を投入し、底土をよく混ぜます。
根に、直接肥料が当たらないように、元肥の上に、バーク堆肥のみを混ぜた土を乗せます。
根鉢を崩さないように、鉢から抜き、高植えになるように株を置きます。
土を被せ水をやり、最後に、バーク堆肥をのせます。


植え付け前



正面から見ると、こんな感じです。
天使の上に、ブルームーンの紫の花が咲く予定です。


前から



左、ブルームーンの、右前に、桔梗を植え付けました。
真ん中のシルバーの茂みは、こぼれ種の矢車草です。
右はこぼれ種のカモミールを移植しました。
奥の木は、アオダモです。


ききょうも




次は庭のバラたちです。


東の未開拓地に置いた、イングリッシュローズ、フロリバンダ等の大鉢。


バラ



テラスのパーゴラのバラ2種と、手前はイングリッシュローズの超大鉢2つ。
左側、フォールスタッフは、癌腫病になってますが、元気です。
冬の植え替え時には、大きくなった癌腫を削り取ります。
右は、スプリット・オフ・フリーダム。
調子が悪かったので、半分ぐらい、切り戻しました。
元気な芽が出たので、良かったです。


ばら2



テラスに置いた、挿し木等の中鉢と、奥は大鉢。
一番手前の株は、東庭に地植えにしてあった、イングリッシュローズのローズマリー。
調子が悪くどんどん枯れこんできたので、去年掘り上げ、深く剪定後、鉢植えにしました。
元気な芽がたくさん出て、安心しました。


ばら3



東側の庭。
壁は、ブルーランブラー、アーチ上は、アルベリック・バルビエ。
アーチの右からは、クレマチス2種が、絡んでいます。
右側は、ティーローズ、ジュセス・ド・ブラバン。
写ってはいませんが、ブラバンの右側に、ティーローズ、マダム・ジョセフ・シュワルツが植わっています。
ブラバンの枝変わりです。
花はピンクと白。兄弟みたいな感じかな!


ばら4



あと、西の壁に、ポールズ・ヒマラヤンムスク・ランブラー。
去年は、他と同様に剪定、誘引しましたが、ほとんど咲かずに終わりました。
このバラは、ノバラとか、原種に近そうだから、放置の方がいいのかもしれない・・・・
と思い、今年はほとんど手を加えませんでしたが、蕾がつき始めました。
いいかも!


南の壁に、つるミセス・ハーバートスティーブンス。
昨日、芽かき、スプレーで、スッキリ。


東庭には、3種の白バラが植わっています。
ここは、「目指せ!ホワイトガーデン」ですが、完全なホワイトにはなりません。
ほぼホワイトガーデンって、とこでしょうか。



東京で、バラを始めた時、「風景があってこそ、バラは、美しいものよ。」
と、ご近所のベテランさんに教えてもらいました。
「バラばっかり植えるなよ。」と。
「なるほどなぁ。」って、思います。
そう思いながらも、増えていくバラ。
「コレ以上、増やしません。」
って、決意は持っているんですが、覚悟がないみたい。
半端な自分・・・・・(笑)



今日、ダンナがハンターブーツと、ガーデン時計を頼んでくれました。
母の日のプレゼントなのかなぁ?
ブーツが来るのは、5月末だそうです。
ハンターブーツは、人気なんですね。
ますますお庭が楽しくなりそうです。
ありがとうございます。




今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/05/12 19:11] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。