庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなさま、こんにちは。
この3連休、お天気も良く、楽しくお過ごしでしたでしょうか。
気が付くと、この時期に咲く花は、本当に手がかからない丈夫な花ばかりです。
デルフィニウム、アストランティアは、お盆の頃涼しかったせいか、元気に夏越しできたようです。
本当にありがたい優等生の花たちです。


  
前回、タカサゴユリの前で蕾んでいたデルフィニウムに花がつきました。
クレマチス、コバルトセージ等、青と白の清楚な空間を作っています。

IMG_1258.jpg


タカサゴユリは、日向でも大丈夫。
この場所は、全く日陰にならない場所です。
他のユリは、大体半日陰じゃないと、弱ってきてしまいますよね。
私が東京に暮らしていた頃、お隣の修道院のシスターから、株分けしていただいたものが、毎年咲きます。
今、この修道院はなくなり、私が暮らした東京の家や庭もありません。
子供たちが幼かった頃の思い出と一緒に、大切なこのユリもあります。

IMG_1250.jpg


ムラサキシキブ?コムラサキ?
ご近所のお宅からいただいた挿し木苗が、大きく育っています。

IMG_1254.jpg


コスモスは、こぼれ種。
白、ピンク、濃いピンクが基本ですが、こんな可愛い花も、たまに咲いています。
コスモスは、放おって置くと巨大化して、倒れたりします。
私は2回ぐらいぽきぽきと折って、高さを調整してます。

IMG_1245.jpg


コーヒー・オベーション
実は・・・・・夏剪定し忘れてしまったバラ・・・・・
でも、ここのところの涼しさのためか、本当にキレイな色で咲いています。
写真よりも、本当はもっとこっくりと深い色なのですが・・・・・

IMG_1256.jpg


アストランティアの2番花。
秋も咲くのね。
宝石のような花。ありがとうね。

IMG_1255.jpg


オクラの花のようなこの花は、綿の花。
毎年種をまくのが、遅れてしまう・・・・・
本当は、もう、実がついてないと、いけない時期なのだけど・・・・でも、キレイ。
上手く弾けるかな?

IMG_1261.jpg


ユーパトリウムかな?
この家に越す前の貸家にいた時、お隣さんが分けてくれた株。
丈夫で、なにもしなくてもどんどん増えていきます。
ふわっとした感じが優しげです。


IMG_1251.jpg


フロックス二番花
一番花が終わった後、摘んでおくと、二番花が咲きます。
真夏からずっと楽しめる、丈夫で手のかからない花です。

IMG_1242.jpg


ガウラ・・・・・白蝶草
たくさんの蝶々が飛んでいるように見えます。
長く楽しませてくれます。

IMG_1241.jpg




連休初日の早朝、私の弟がビーバー片手にやって来ました。
私が、次男を野球教室に連れて行っていた間、ずっと作業をしてくれました。
帰宅して庭を見たら、なんとまぁ、本当にキレイになってました。
嬉しかったわ~。
来年度は、ビーバーの使い方を覚えなくては!
今まで、自分ではできないと思ってやってもらってたこと、今更新しい事を覚えるのは、多少億劫かもしれないけど・・・・・
やり始めれば、絶対にできるし楽しいと思う。


ここの所、壁面いっぱいの大きなつるバラ2種を切りました。
ミセス・ハーバートスティーブンスとアルベリック・バルビエ。

あと、もう一種、お隣に面しているポールズ・ヒマラヤンムスク・ランブラーを切るつもりです。
お隣のおじさんは「本当に切っちゃうの?残しときなよ・・・」と寂しそうでした。
そんなふうに言って下さる方がいるって、嬉しいものですね。
毎年私のバラを、楽しみにしてくださっています。

東側のブルーランブラーだけは、残そうかと思います。
この花は、見に来てくださった方々に本当に人気があります。
私も大好きだから・・・・・

こんな時期につるバラを切るなんて・・・・・・来年の花を捨てるようなもの・・・・・です。
でも、切りました。

辞めるのではなく、脚立で届く範囲でやろうかな!と。

何故ならば・・・・・お恥ずかしながら手入れの時間が、以前のように確保できなくなってきたからです。
実は、夏からバラの消毒が一度もできませんでした。
今、うちのバラは黒点祭です。うどんこも出てきました。
秋のバラはどうだろうか?わかりません。。。。。。

バラのための時間が確保できないならば・・・潔く自分で切ろう。
前々からそう思っていました。
出来る範囲で楽しくやる為に切ろうと。
無理してやっても、自分が重いだけだと思うから・・・・・

シュラブローズだったら、脚立の高さでも春花は保証されるだろう。
けれど・・・つるバラとランブラーに、果たして花がつくだろうか?
それなりに、つくかもしれないし、全くつかないかも。
まあ、今回は実験ですね。
結果は来春のお楽しみです。

ありがとうございます。

今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2014/09/16 02:05] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。