庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の信濃毎日新聞に、こんな記事が出ていた。


上田市古里・・・まさにうちの近所の話だ・・・
あるお宅のお庭の梅の木、高さ2メートルを超える枝に、カマキリの卵が産み付けられているのが見つかったそうだ。

「カマキリは雪に埋もれない高さに卵を産み付ける」という説があるそうだ。


IMG_8406.jpg


IMG_8407.jpg



新潟に、カマキリの産卵位置と積雪量の関係を50年以上研究し、相互関係があるとの説を採る学者さんがいらっしゃる。
カマキリは、雪が届かない場所に産卵するという本能が、上田でも働いたのだろう・・・と記載されていた。

県環境保全研究所の研究員の方は、「科学的根拠に乏しい」とする一方で、「昆虫は、人間の想像を超えることもある。あり得ないとは言えない。」と話されている。


私としては、なんだかワクワク。
今までカマキリの卵は、庭で発見するも、どこについているかなんて、特に気にすることはなかった・・・
今年の秋は、どの位置にあるのか?!意識して探してみたいと思います。


カマキリの卵
雪を占う、まるで「宝物」みたい!


みなさんのお庭には、カマキリが産卵にやってきますか?




IMG_8410.jpg





昨日、4年生の次男の参観日がありました。

「2分の1成人式」と黒板に書かれていました。
4年生を過ごした一年間で、教室のみんなはそれぞれに、10歳の誕生日を迎えています。
10歳まで無事に成長した証として、4年生最期の参観日は、2分の1成人式が行われます。 


クラスのみんなは、一人ひとり先生に呼ばれ、前に立ち、将来の自分の夢を発表しました。
うちの次男の名前は呼ばれません。
「オレは、発表しない!」って言っていたので、驚きもしませんが・・・


みんなの発表が終わった後、先生が、一人ひとりに、「2分の1成人証書」を渡してくださいました。
次男も照れた顔で受け取ることが出来ました。


次男からお手紙をいただきました。
「お母さん、いつも家事をやってくれてありがとう。できることはやるから、これからも頑張ってください。」と書いてありました。
字を書くことは、大嫌いな次男。
手紙を書くなんて、本当に嫌だったろうなぁ。
それでも、書いてくれたんだ。
なかなか、椅子に座っていることすら、次男にとっては苦痛なはずなのに・・・
特に、人の発表をずっと聞くというこの時間は、通常だったら外へ出てしまうだろう・・・
それでも、途中で出て行ってしまうこともなく、ずっと座っていられました。


そもそも私が教室で次男の隣に座ることも、いつの間にか、しなくてもよくなりました。
元気に「行って来ま~す。」と何事もなく出かけることができるようにもなっていました。


この1年で、君はとてつもなく成長しましたね。
本当にありがとう。
これからは、お母さんがしてあげられることが、どんどん減っていきますね。
少し寂しく思います。
でも、お母さんは自分のやれることとして、家事も頑張るし、美味しいご飯をこれからもずっと作ろうと思います。
「今日のご飯な~に?」って、毎日台所へ聞きに来てくれる、かわいい君のために・・・
お母さんは幸せです。

ありがとう。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2014/03/05 10:43] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。