庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年12月末、土替えをした鉢バラを全部土に埋めました。
寒い冬を乗り越えるために、暖かい土の中で冬眠してもらうのです。
根を半分ほど切っているので、防寒は必需です。
本来なら、寒冷地での土替えは、春にやる作業ですが、なんといっても数が多いので、冬にやっておかないと間に合わないのです。


掘る前


昨日、地面に埋めたバラ鉢を全部掘り起こしました。
この作業をやっていると、いよいよシーズンインだ!とワクワク。


でも、この作業は私一人ではできません。
毎年ダンナに手伝ってもらいます。
ユンボで土を掘り起こすのです。ありがたいです。


ユンボ



ユンボで土を掘ると、わらがたくさん出てきます。
鉢を埋める際には、わらやバーク堆肥等を穴の底にたくさん投入します。
土が強粘土のため、水はけが悪いので、底にわら等敷いて、水はけを良くするためです。
出てきたわらは、堆肥にします。


鉢を掘り上げた穴です。
こんな感じでわらが入っています。
このわら、湿って少し腐食して、なんか、海藻のような海のような匂いがしました。
ダンナに、「海の匂いするよね?」と言うと、「しらね~。」と言われてしまいました。


鉢を出した後




ダンナのお陰で、2時間ほどで、春一番の大作業、すべての鉢の掘り出しが完了しました。


掘り出し株1


掘り出し後2


この株たちのこれからの成長が楽しみです。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。
スポンサーサイト

[2012/03/31 09:27] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。