庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月に植え替えした鉢バラ、地面に埋め作業が終了しました。
じゃ~んです。
バーク堆肥をたっくさんかけてあって、暖かそうでしょ。


IMG_7785.jpg



バラばかりでなく、鉢植えの木や、山野草等も仲良く埋まっています。
根を切っていない、鉢増しした株等も埋めてあります。

こうしておくと、冬の水やりが不要なのです。

冬の水やりほど、気を使うものはありません。
下手な時間に水をやると凍りついてしまうし・・・・・
やらないと・・・・・枯れます。当たりまえか・・・
元栓を閉め忘れると、水道管破裂の危険も!
水やり不要は、楽ちん楽ちん。



ここは、東南の未開拓地です。
クローバーを生やしておいたせいか、表面の土の質は良好です。
さすがマメ科のクローバーです。しっかり肥えてます。
それにココは、軽井沢の黒土が15センチほど入っています。
お家を建ててくださった業者さんが、サービスで入れてくださったのです。
ラッキーですね。

いつもは、イングリッシュの鉢をずらっと並べてあるこの場所。
来年は、ここにイングリッシュローズを、徐々に地植えしていきたいと思ってます。


IMG_7769.jpg



ダンナに、ユンボで大きな穴を掘ってもらい、石、ガラ、ゴミ等なるべく拾い出しました。
その後、モミ、藁、バーク堆肥、牛糞堆肥を重ねてあります。
水はけと、土壌改良を狙ってます。
この上に鉢を乗せ、隙間を土で埋めていきます。


IMG_7768.jpg


春まで、暖かい土の中でゆっくりおやすみね。





つるバラの枝下ろしと葉っぱ取りを再開です。


トンネルの左側、作業終了。
手前から、マダム・ピエール・オジェ、カーディナル・リシュリュー・ファンタン・ラトゥールのオールドローズ3兄弟です。

これから作業の右側は、手前はバロン・ジロードランと奥はバフ・ビューティーが待ってます。


IMG_7771.jpg



オジェ様の株元です。
まだ若い株のせいか、シュートがものすごい!


IMG_7772.jpg



まだ花が残る、バフ・ビューティー
香りもまだ残っている。
ありがとうねと、声をかけカット。


IMG_7782.jpg



バフ・ビューティーの株元。
この株は、すごい横張り!
オジェ様や、リシュリューさんのように、すんなりとしなやかに真っ直ぐ枝が伸びてくれれば楽なんだけど・・・・・
色んな所で枝が・・・からまんぼう。
おまけに、新しい枝の赤いトゲがものすごく鋭い!!
このトゲに、すぐ捕まってしまう・・・そんなに捕まえないで!私はここにいるよ。寂しがりやさん!

シュラブローズと、一言で言っても、全く枝の性質が違うのには驚かされます。
何本もシュートを折りながら・・・・ひえ~~~。
なんとか枝を全部下ろしました。
この株は、去年の新しいシュートが、冬の間にだいぶ枯れこみました。
今年は、去年よりもいいシュートがたくさん出ました。
冬に誘引せずに不織布で包んでおいて、春になったら誘引したほうがいいかな?
って。。。ものすごい横張りなんだけど・・・包めるかな?


IMG_7778.jpg



南の日当たりで、枝下ろしの順番を待つ、ミセス・ハーバート・スティーブンス
枝が、二階まで行ってるの。
すごいわ~。
私がそこまで行けるかな?・?・?って行かねば。


IMG_7775.jpg



東庭では・・・・・
ブルーランブラーとアルベリック・バルビエが私を待ってます。
夏に、だいぶ要らない枝を切っておいたので、少しは楽かも・・・・・
ランブラーには、石灰硫黄合剤をしません。
基本、丈夫なので・・・


IMG_7794.jpg



西の壁には、ポールズ・ヒマラヤンムスクが私を待ち構えています。
うちの、堂々たる王様。
王様は、最後にやる予定。
だって・・・・・トゲの量も質も王様で。。。。。
多分、革のグローブがズタズタになってしまう・・・・
そうなると、他の株には行ってやれなくなってしまうので・・・・・





だいぶ庭が枯れこんで寂しくなってきたけれど。。。。。
東庭のヒューケラが綺麗。


IMG_7788.jpg



天使様の周りもだいぶ寂しくなってきたね。


IMG_7780.jpg



開かん! 今年は失敗だ~って思ってたワタ。
少しだけ開いてました。
ほとんどは、開かず・・・ですが、とりあえず少し干してみよう。


IMG_7765.jpg






毎日バラの枝を剪定して、葉っぱを取っていると・・・・・
それがどんどんたまってきます。

焚く時は、それなりに気を使います。
今までは、お隣さんの洗濯物が取り込まれた後、火を付け焚いてました。
放射能問題が起きるまでは、毎年近所の子どもたちのために焼き芋を庭で焼いたので、その時は少し早めに火を付けることを、お隣さんに了解をいただいてました。

ところが!今年、クレームが来てしまった!
お隣さんではなく、他からのクレームでした。電話なので誰かも不明。謝りにも行かれませんでした。
気の使い方が足りなかったということです。

夕方焚くのは無理か・・・・
じゃ、朝しかない!
ってことで、それからは、早朝焚くことにした。

そして今日、5時半起床で火焚した。
驚いたことに、まだ真っ暗なのに、長男、次男も起きて来た。
三人で静かな早朝でやる火焚。
かなりの量の焚き物があったので、三人いるとなんか安心。
そして・・・楽しい。
火が上がると、当たりが突然暖かくなる。
焚くものを、かなり乾かしたつもりだけど、それでもかなりの煙が立ち込める。
やっぱり早朝で良かった!

ただ、バラの本格的な誘引、剪定はまだこれからです。
プルーンやハクロニシキ等樹木の剪定もこれからです。
まだまだ、今年焚かねばならぬ枝ゴミが出ます。

地域によっては、野焼き禁止の場所もある。
大量の枝ゴミを、燃えるゴミで出すのは、本当に大変なことです。

焚くことができれば、その灰や炭は肥料として、土にかえす事ができます。
いい感じの循環です。
焚く必要のない雑草等は、枯らして堆肥にすればいいのです。
ただ、バラの葉は、うどんこ等病気が付いている場合が多いので、やっぱり焚きたいところです。
こういったことは、私の都合です。

隣近所にはなるべく迷惑をかけずにやっていかねば!
油断せず、自分に釘を刺していきたいと思います。

ありがとうございます。

今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2013/12/08 21:45] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/12/22(Sun) 07:34 |   |  #[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。