庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、私達家族は東京へ行って来ました。
5年半ぐらい前まで、みんなで住んでいた懐かしい家。
私達が信州へ引っ越した後は、貸家として使っていただいていました。
今回、この庭と家の売却が決まり、決済の手続きをしてきたのです。


5年前まで、私はこの庭で植物をたくさん育てていました。
私が植物を育てるきっかけになった、大事な庭でした。
すでに、フェンスや花壇等は壊され、芝生は剥がされ、ただの荒れ地になっています。
明日から家の解体が始まり、新たに3軒の家が建つそうです。


今、かつての私の庭に残っているのは、3本の木のみでした。
私が植えた木です。
左から、カツラ、ヤマボウシ、ヒメシャラです。
本当に良く成長してくれました。
ありがとう。


IMG_6724.jpg



古くなりながらも、木のデッキも残っています。
かつて、2頭のレトリバー、なつとサラ、小さかった子どもたちと遊んだ事等が思い出されます。


IMG_6719.jpg



デッキの上のパーゴラ。
ココには、かつては、アルベリック・バルビエとフランソワーズ・ジュランビルが絡んでいました。
春は、素晴らしかったなぁ。


IMG_6723.jpg



おっ ヤマボウシの木にセミが!
4匹もいました。


IMG_6725.jpg



ヒメシャラも元気。
今、信州のうちの庭にも、ヒメシャラを植えたのですが、場所が悪かったせいか、枯れそうです。トホホ・・・


IMG_6726.jpg




ここに3軒もの家が建つ・・・ということは、近いうちに切られてしまいます。
なんか、胸が張り裂けそうになります。

最後まで残って、素晴らしい姿を私に見せてくれた3本の木。
本当に、本当にありがとうね。






いきなり可愛い子どもたちに囲まれています。
お昼寝から目覚めたこどもたちに、絵本を読んであげると、寝ぼけまなこの子どもたちが集まってきました。
中央にいるのは長男です。
可愛い子どもたちに囲まれて、長男も嬉しそうでした。
子どもたちのお世話について、先生がお話して下さったのを、長男は熱心に聞いていました。


IMG_6729.jpg


ココは、西東京市「子パンダ保育室」です。
かつて、家の子供達も0歳から、保育園に入るまでお世話になった所です。
うちの長男は、記念すべき第1期生なのです。
母親の私より、先生方の方が、当時のうちの子供達の様子を鮮明に覚えていて下さいました。
「そういえば、そうだったなぁ。」って懐かしい話をたくさん聞いてきました。

何故か突然思いたち、懐かしい場所へ襲撃したのにも関わらず、暖かく迎えていただきました。
「全ては子どもたちのために」 ずっとブレない精神で運営されているこの保育室は、本当に素晴らしいです。
当初から変わらない、先生のキラキラした目に、たくさんのパワーをいただいた私でした。

洋子先生、優子先生、可愛い子どもたち、ありがとう。



近所を歩いてみようか!
長男のお友達のお宅は、お留守で残念でした。
そして、私が最初にバラを教わった、バラの師匠にご挨拶に行って、
最後にやってきたのは、ココ、納豆公園。
かつて、小さかった子どもたちと、なつサラを連れて、しょっちゅうやってきた懐かしい場所です。

今の季節には、サルスベリの花が満開でした。


IMG_6736.jpg



いろいろと複雑な気持ちの、今回の東京でした。
もう、家も庭もなくなると思うと、ココを訪れる機会がだいぶ減ってしまうかも。

私達のお家、庭、3本の木、お世話になりました。
ありがとうね。

子パンダ保育室のみなさん、素敵な時間をありがとうございました。
感謝しています。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2013/08/19 21:47] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。