庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/22,23と家族で南信州を旅行してきました。


23日は、全国的に雨。
冷たい雨が落ちています。
きっと、しっとりと落ち着いた宿場町が見られそう!!
と期待が高まります。



ゆっくりと旅館を出て、妻籠宿へ向かいます。


妻籠宿



妻籠は、中山道の42番目の宿場です。
約800メートルにわたり、昔の街並みが残っています。
江戸時代の旅の移動手段は、もっぱら自分の足。
この時代の旅人は、一日に約40キロも歩いたのだそう。


家並み2



ダンナと次男が傘を並べて歩いて行きます。


妻籠宿を歩く



家並み3



古い建物をバックに梅が咲いていました。


梅



梅2


 
伝統工芸品がたくさん売られていました。


工芸品1



細かい細工が美しいです。


工芸品2



妻籠宿で買った、曲げ物のそばちょこです。
家で大事に使おうと思います。


そばちょこ




霧で山が煙っています。


家並み3



妻籠郵便局です。
ここは、郵便史料館も兼ねていて、歴代のポストの模型等見ることができます。
郵便局としても、ちゃんと機能しています。


郵便局




妻籠宿を後にして、道の駅 木曽路館へ向かいます。
ここでは、木曽ひのきを使って、箸づくりを体験できます。
そば打ちの体験もやっていました。
この型を使ってお箸を作ります。


箸つくり2



まず1の型にひのきの木片を入れ、かんなでかすが出なくなるまで削っていきます。
おおまかな、お箸の形になります。
そして2の型に入れ、かんなで削り、完全なお箸の形に整形します。
角を落として出来上がりです。


箸つくり


かんなで削った「削りかす」ですが、これもちゃんと役に立ちます。
不織布に入れて、お土産です。
売店では、200円で売られていました。
お風呂に入れて、香りを楽しんだり、防虫剤として、タンスに入れることができます。

辺りには、ひのきの香りが立ち込めます。
お箸をケースに入れ、完成です。
自分だけのオリジナルお箸の出来上がりです。
本当に簡単に、そして立派なお箸ができて、子供たちも大喜びでした。
飯田名産の水引の箸置きもいただきました。


箸完成




木曽漆器を求め、道の駅 木曽ならかわ の木曽くらしの工芸館へ向かいました。
家で使う食器を買い、帰路につきました。


漆器のカレー皿とスプーンです。
どっしりと見えますが、木なので本当に軽いです。

このカレー皿は、地元の小学校の学校給食で使われているそうです。
こんな良いもので、給食がいただけるなんて、幸せな子供たちですね。
きっと給食を作っているおばさんたちは、この食器を手洗いし、ふきんで拭いたり、手をかけているのでしょうね。
子供たちは、この漆器を通して、地元の文化を大事にする心が育っていきますね。


カレー皿スプーン



菓子皿ですが、煮物等盛りつけても良さそうだなと思いました。
ライトの加減で黒っぽく見えますが、実は緑色です。


菓子入れ



おわんです。
大ぶりで、適度に重く、いい感じでした。
けやきの木目も綺麗です。


おわん


たくさん買いました。

漆器や木製品は、食洗機や電子レンジは使えません。
柔らかいスポンジで洗い、水気はすぐに拭き取るのが、美しく使うポイントだそうです。
きっと、10年前の私なら、使いたいと思わなかったと思います。
「めんどくさい!」って。

決して合理的ではないけれど、自分の美意識を持って、生活を楽しめたらいいなぁ、と今は思います。
いいものを大事に普段使いする、ってとっても贅沢で、嬉しいことだなって思います。
水気を拭き取るまでを、楽しみたいと思います。

昨日、食器棚の整理をしました。
使われていない食器がたくさん出てきました。
引越し後、一度も使われていないものを思い切って処分しました。
すっきりとした棚に、漆器が仲間入りです。


今度、南信州を旅する機会があったら、標高2600メートルの千畳敷カールへ高山植物を見に行きたいです。
御嶽山の自然湖でカヌーにも乗ってみたいし!
信州でも、まだまだ知らない場所がたくさんあります。
楽しみです。
ありがとうございます。



今日もいい日だ。
スポンサーサイト

[2012/03/25 09:58] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。