庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日は、子どもたちのお友達と一緒にいちご狩りに行ってました。
いちごハウスの中は、広くて暖かい。


DSCF9693.jpg



真っ赤ないちごが、たくさんなっていました。
お腹いっぱいになるまでいちごをいただきます。


IMG_4416.jpg



ハウスの中は、働き蜂が、花から花へ。
懸命に働いていました。
おいしいいちごのためにいっぱい働いてくれてありがとう。


IMG_4426.jpg




さて、いちごをたくさん食べた後は、初めて子ども達だけで、小さな冒険旅行へ出発です。
ここは、篠ノ井駅。
ここから、子どもたちだけで電車に乗って上田駅まで行きます。
ただそれだけといえば、それだけですが・・・
子どもたちは、初めて自分たちだけで、切符を買って、電車に乗ります。
果たして上田駅に無事に着くことができるのでしょうか・・・・・

嫌がっていたみんなが、「行くぞ!」と立ち上がって歩き出した写真です。
「僕は行かない。」と、最後まで頑張っていた一番小さいSくんを、長男が一緒に連れて行きます。
「上田駅で待ってるからね。行っておいで!」


DSCF9744.jpg



子どもたちを送り出し、我々大人は、高速を使い上田駅へ急ぎます。

切符買えたかな?
子供料金わかるかな?
反対の電車に乗っちゃわないかな?
わからなかったら、人に聞けるかな?
お城口の方へ出られるかな?
無事で来るかな?

友達のママも私もかなりドキドキ。

上田駅前、車の中で15分ほど待った所で、子どもたちが出てくるのが見えました。
私たちの乗った車を見つけて、みんな嬉しそうに走ってきます。

「やった~!!」

長男は、すごくドキドキしたと言っていました。
一番年上なので、みんなを無事に連れて行かなくちゃ、って一番プレッシャーを感じてたんですね。
ソレに対して、次男の感想は、「暇だった」でした。
それでも四人とも、なんだか顔つきが凛々しくなったように感じました。

切符は、最初大人料金で買ってしまい、駅員さんに交換してもらったとのこと。
「やったね。」
上田駅までの切符でよかったのを、小諸駅まで買ってしまったようでした。
「小諸行きに乗りなさいね。」とだけ言って、「上田駅まで切符を買うんだよ」、と教えなかったからです。
次回は、大丈夫でしょう。

初めての小さな冒険旅行、大成功、おめでとう。
みんなが大きくなって、無事に帰って来れました。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2013/01/21 18:36] | 未分類
トラックバック:(0) |


きょん
美味しいそう(^w^)

とても大きな冒険ですよ
車社会の今 どれだけの子供が自分達で電車にのれるでしょうか
誰も言わないが自然に最高学年の子供は責任感ももてるし出来たと言う自信は何事にも変えられない経験だと思います

次のセルジオさんの話しじゃないですが 現代 机に座るだけで担任の物差しで区別されがちですが本来はこういう事が出来るかが大切だと思います

我が子も3月にはガールスカウト日帰り旅行があります。昨年は松本入団したてですが最高学年 付き添いで大人はいますが口は出さないので本人はドキドキだったらしいです 最高学年の自覚がでるのかなぁ

自立ですね 大きな一歩に

ありがとう
なつさら
コメントありがとう!
前に、2人で電車に乗せようと思ったのだけど、できなかったの。
今回4人なら?と思っての再チャレンジでした。
長男が、とても顔晴ってくれたのが嬉しかったです。
大人に守られているだけじゃなくて、自分たちで何とかしていく、開拓していく力がつくといいと思ってやらせてみました。
小さな成功が、次の成功につながると信じます。
ガールスカウトも、いろんなチャレンジができてすごくいいね。
そうゆうのが、子どもたちの生きていく力となっていくのではないかと思います。
ありがとう。

コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
美味しいそう(^w^)

とても大きな冒険ですよ
車社会の今 どれだけの子供が自分達で電車にのれるでしょうか
誰も言わないが自然に最高学年の子供は責任感ももてるし出来たと言う自信は何事にも変えられない経験だと思います

次のセルジオさんの話しじゃないですが 現代 机に座るだけで担任の物差しで区別されがちですが本来はこういう事が出来るかが大切だと思います

我が子も3月にはガールスカウト日帰り旅行があります。昨年は松本入団したてですが最高学年 付き添いで大人はいますが口は出さないので本人はドキドキだったらしいです 最高学年の自覚がでるのかなぁ

自立ですね 大きな一歩に
2013/01/24(Thu) 18:16 | URL  | きょん #-[ 編集]
ありがとう
コメントありがとう!
前に、2人で電車に乗せようと思ったのだけど、できなかったの。
今回4人なら?と思っての再チャレンジでした。
長男が、とても顔晴ってくれたのが嬉しかったです。
大人に守られているだけじゃなくて、自分たちで何とかしていく、開拓していく力がつくといいと思ってやらせてみました。
小さな成功が、次の成功につながると信じます。
ガールスカウトも、いろんなチャレンジができてすごくいいね。
そうゆうのが、子どもたちの生きていく力となっていくのではないかと思います。
ありがとう。
2013/01/24(Thu) 21:03 | URL  | なつさら #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。