庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後のダリア
真紅の大輪です。


IMG_4078.jpg



最後のダリアをカットしました。
こちらも最後のコリウスを添えました。
右は、白バラ、ハーバート・スティーブンスです。


IMG_4113.jpg



シロタエギクは、元気にモサモサしています。
これだけでも、綺麗です。


IMG_4086.jpg



モサモサのシロタエギクを添えた、バラのアレンジです。
バラも、かなり少なくなって来ました。


IMG_4109.jpg



最後のブルームーンです。


IMG_4111.jpg



ぎゅっと詰まっているのは、ローズマリーです。
真ん中がホワっとピンクがかっています。
晩秋限定の美しさです。


IMG_4110.jpg




昨日は、次男の参観日。
いつもは、「近くにいて。」と袖を引っ張る次男ですが、昨日に限っては、「あっちで見て。」と遠くへ行かされてしまいました。
道徳の授業でした。
後で聞くと、お隣さんとのちょっとしたワークを見られるのが恥ずかしかったようでした。
もちろん遠くからでも、見てましたが。


今日は、そんな次男のウィスク検査。
早く言うと、知能検査です。
学校で困ってしまうような行動のある子(個性的な子)等にこの検査をし、大人側がどのような対応をしたら、子供が生活しやすいか、ということを探る検査です。

次男は、一つの項目を覗いては、どれも数値は平均以上の高得点でした。
ただ、「空気をよんだり、曖昧なことがとても苦手」という結果が出ました。
私達がどうでもいいようなことでも、はっきりしないと、本人はとても苦しい・・・らしいのです。
なんでも、明確に示してあげると良い、とアドバイスをいただきました。
今まで、私が思っていた以上に、次男は学校生活が辛かったのだと分かりました。
わかってやれなくて、ゴメンよ。

そして、面白いことを言われてきました。
「ノーベル賞を取るのは、こうゆう子だ。」と。

好きなことならとことん集中する次男。
幼稚園の時は、ドリルをやる!と、夜中までかけて、一日で1冊やってしまうような子でした。
将棋やチェスもPC相手に勝てるほどハマっていた時期がありました。
私はオセロもウノも次男には勝てません。
「お母さんが勝つには、あの時こうやって・・・」と解説されてしまいます。
「あんたは、頭が切れて凄いね~」と褒めてやると、
「スゴイでしょ!」と笑っています。
こうゆういいところをどんどん伸ばしてやれればいいなぁと思いました。

アスペルガーの検査をしたほうがいいと言われてきました。
次男は、そうゆう遺伝子なのだそうです。
たぶん、その要因は、私から引き継いだもの?!
私は、一日中穴掘りをしていても飽きないですもの。ハハハ~
次男がアスペルガーなら、私もそうかも?!
と、いうことならば・・・・・もっともっと良い庭ができる!
お庭のノーベル賞が取れるかも?! ってそんなんあるか、オイって。

今回、次男のことがよく分かりました。
親だからって、子供のこと全てわかっているわけではありません。
でも、今日わかって良かったです。
今後、長男もこの検査をやっていただくようになります。
長男について、今の私が理解している部分は、とてもが少ないと思っています。
結果を、しっかりと受け止めたいと思います。
今回の検査等、子どもたちや親にいろんな支援があることに感謝します。

明日は、長男の参観日。
懇談会では、修学旅行のビデオを上映するので、見に行ってきます。


ありがとうございます。




今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/11/14 22:39] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。