庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回、マルセイユ石鹸作りをご紹介しました。
今回は、オイルの種類、分量を自分で決めた、オリジナルなつさら石鹸です。
オリーブオイルの他に、肌に特別な特徴を持つオイルを入れてみました。
マルセイユ石鹸より、上質の石鹸になります。 なるだろう。 なるはず!?


今回使った5種の油のご紹介です。

オリーブオイル 280g    保湿力のある石鹸を作ります。

スイートアーモンドオイル 230g  保湿力を高めます。低めの粘度が、きめ細かい泡立ちを生みます。

ホホバオイル 90g      上質な保湿膜を作る油で、使用感を高め、苛性ソーダの分量が抑えられるため、マイルドな石鹸になります。

ココナッツオイル 200g   泡立ちを良くします。肌のために、油全体の20%以内に抑えます。

レッドパーム油 500g    溶け崩れの少ない硬い石鹸にします。
                  普通のパーム油に比べ、脱色精製していないのが、レッドパーム油で、傷や荒れ肌の修復を助ける効果があります。
                  綺麗な天然のオレンジ色です。


オリジナル石鹸 油種類



分量のオイルをボールに併せた所です。
透明なオレンジが綺麗です。

オリジナル石鹸油



苛性ソーダ(160g)と、水(556g)を混ぜ、かき混ぜた苛性ソーダ水です。
双方の温度を38~40度に合わせ、苛性ソーダ水を油に注ぎ、泡だて器で20分混ぜます。


苛性ソーダ水



苛性ソーダ水投入後です。
色がすでに透明でなくなっています。
苛性ソーダ水と反応して、石鹸になり始めています。

苛性ソーダ投入後



そして型入れですが、今回は、完全にタイミングが遅かったです。
固まりすぎです。
型入れは、混ぜあわせ終了後、約12時間後の予定でしたが、それより随分早く固まってしまいました。
でも、大丈夫。
スプーンを使って型に押し込みました。
このまま、1,2日もう少し固まらせ、手で丸めることもできます。
まん丸石鹸。


型入れ



白の石鹸を混ぜ、モザイクを一本作ります。


モザイク



無事に型入れ終了です。
フタをして、一日寝かせます。
モザイク石鹸1本と、混ぜ物なしのものを2本作りました。


型入れ終了



型入れ終了から2日が経ちました。
お楽しみの型出しです。


オリジナル型出し


型出しした石鹸を切り分けます。
モザイクは、こんな切り口になりました。


オリジナル切り分け



さて、このまま乾かして、出来上がりは1ヶ月後です。
どのような使用感に仕上がるでしょうか?楽しみです。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。
 
スポンサーサイト

[2012/03/18 23:45] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。