庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お彼岸が過ぎると、秋の株分け植え付けの時期となります。
最初に植えつけた宿根草は、もう3,4年経ち、大きくなりすぎて、株分けを待っています。
また、アナベル等、元気のいい植物に押され気味の宿根草も、移動しなくてはなりません。
また、野菜の種まきの時期でもあります。

さあ、庭に出よう!



この場所は、ガレージとお隣の塀に挟まれた日陰です。
うちには、ほとんど日陰がありません。
ずっと鉢植えになっていたあじさい、花火を3株、そして、大きくなりすぎたギボウシを植えたいと思い、今まで未開拓のこの場所を、花壇に整備することにしました。
ユンボで、大きな石を掘り出してもらい、小石、ゴミ等を拾います。
枕木を置き、水平を取ります。
堆肥、剪定枝等を燃やした灰、畑の土等を大量に投入し、土壌改良します。
3日ぐらいかかり、やっと土壌整備できました。


IMG_3799.jpg



特大株のギボウシ登場!
これで2株です。
一株を2つに、もう一株は3つに株分けします。
ここまで大きいと、ハサミでは手に負えず、のこぎりで切り分けます。


IMG_3820.jpg



塀の奥にあじさい、手前にギボウシを植え付けました。
あじさいの隣には、カノコユリの球根を植えこんであります。
ユリの球根の上と、ギボウシの隣には、株分けたアジュガを敷き詰めます。


IMG_3822.jpg



斜めから見ると、こんな感じに。
植え付けていると、大小の石が容赦なくガラガラ出てきます。
二日がかりで、ようやく植え付け完了です。


IMG_3821.jpg



畑も徐々に片付けていきます。
この場所は、ピーマンとこぼれ種のミニトマトがなっていた場所です。
片付け、耕し、苦土石灰、バーク堆肥、Iさんからいただいた牛糞堆肥を入れ、よく混ぜます。
耕せば、まだまだ小石がガラガラ出てきます。
すぐにバケツ一杯たまる勢いです。
やっと土づくりが完成し、この場所ににんにくを植え付けます。


IMG_3818.jpg



にんにくの種です。
まったく、普通のにんにくですよね。
コレをばらして、一つづつ植えつけていきます。


IMG_3819.jpg


国産にんにくって、買うとすごく高いです。
料理に使いたい時って、意外と多いです。

高価なにんにくも、畑で作ると、以外に簡単なのです。
たまに、追肥するぐらいで、病害虫はほとんどありません。
冬は、ほとんど使わない畑が、有効利用できます。
これから芽が出て、雪が振っても枯れないんですよね。
にんにくのパワーって、本当にスゴイんだと思います。
これから、ワケギの球根も植えようと思います。
そして、ほうれん草の種まきも・・・・



この子たちも忘れてはいけません。
ニゲラのこぼれ種です。
すごい数!


IMG_10011.jpg



レースフラワーのこぼれ種です。
適所に植えつけます。


IMG_10010.jpg




コレは、木立クレマチス 花島です。
数日前に、この鉢が倒れた後を発見しました。

「さては子供が倒したか?」

結局、倒したのはダンナで、「コガネの幼虫出てきたぞ。」と言うので・・・・
ソレを早く言ってくれよ!!って感じでした。

この時点で、ものすごく根詰まりしていることを推測!!
鉢が倒れたぐらいでコガネが飛び出すのであれば、コガネの居場所がないほど、ものすごく根詰まりしているに違いない!

私の勘は大当たりでありました。

クレマチスは、成長が早く、鉢植えはすぐに根詰まりしてしまいます。
背が伸びない品種なので、油断していました。
2つに分けて、活性水につけてあります。
コノ後、新しい用土で鉢に植え付けました。


IMG_3767.jpg



さて、ダンナにユンボで掘ってもらった深さ60センチ、長さ2メートル50センチほどの大穴。
半分は、去年の冬越しで、鉢ごとバラを埋めた場所なので、少し手が入っていますが、もう半分は、全くの未開拓地です。
石やガラを出し、堆肥等混ぜながら、土づくりです。
1周間以上は、かかるだろうなぁ。
ここには、バラを2株植えるつもりでいます。
この秋のうちに、5株は地植えしたいと考えています。


IMG_3807.jpg



まだ、宿根草の株分けが残っています。
株分けするための、植え付け地の開拓も・・・・・

信州の秋は短し!
ここからは、時間との勝負です。

宿根草や球根の植え付けは、遅くても10月半ば~末までには完了したいです。
11月末までに、鉢バラを土へ下ろす作業を終わらせたいのです。
11月からは、いよいよ鉢バラの土替え作業を始め、鉢ごと土に埋め込みます。
12月からは、つるバラの剪定、誘引、地植えのバラの寒肥入れを始めます。

1月からは、土が凍り付き、庭では遊べなくなります。
庭から上がり、私も植物たちも休眠期に入ります。


今、秋バラが美しく咲いていますが、ゆっくりと鑑賞する時間がありません。
明日は、綺麗なところをカットして、ご近所さんにお配りしようかな?
春と秋のバラシーズンには、いつもバラをご近所にお配りしています。
たくさんの方に喜ばれてこその秋バラですもの。

今日も1日充実しました。
ありがとう。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/10/11 22:51] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。