庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供たちが、少し前に学校から面白いものをもらってきた。


真田幸村が残した六文銭の謎
~全てを集め、謎を読解せよ~

謎解き宝探しin上田市   とある。
上田市も、面白いことを考えるものだ。


上田市内に、六ケ所の宝箱が隠されていて、その中に謎解きのヒントになる言葉が隠されているのだ。
どこに隠されているのかのヒントも謎解きになっている。
その謎が解けなければ、宝箱の場所もわからない。


6箇所のうち、上田市街2箇所は、平日ダンナと次男が謎を解いてきた。
真田地区2箇所は、平日ダンナと長男が謎を解いてきた。


残るは、鹿教湯地区と、塩田地区の2箇所だ。
昨日、家族みんなで鹿教湯地区と塩田地区を探検に行って来ました。


まずは鹿教湯地区へ。
ここは、温泉地で、国民保養地国なっている所です。
今は亡きおばあちゃんが、地区の老人会で、良くこの温泉へ行ってたなぁ・・・・
・・・じじばばの行く所・・・・というイメージしかなかった鹿教湯温泉でした。
初めて来てみましたが、とても素敵な所でした。


IMG_3775.jpg



コリウスが美しいゆるい坂道を降りていくと・・・・・


IMG_3777.jpg



屋根の付いた橋の奥にお社が・・・・
謎解きの地図に書かれた場所にそっくり。
「この先だ!」


IMG_3779.jpg



歴女のお姉さん?も宝を探しにやってきていました。
・・・・このゲーム、子供だけのモノじゃないんだ・・・・
そして、子供たちが宝箱を無事に見つけ、鹿教湯地区のミッション終了!
宝箱もいいけど・・・・私は素晴らしい景色の方に夢中でした。






次の宝箱を探しに塩田地区へ。
別所温泉駅の駐車場で車を降ります。
今は使われていない丸窓電車が展示されていて、思わず吸い寄せられます。
・・・・サマーウォーズに出てたなぁ・・・・


IMG_3781.jpg



昔の赤マルポストと秋明菊。
レトロ~


IMG_3782.jpg



謎解きに記載されている、足湯発見。
この道で間違いなし?


IMG_3783.jpg



さらに謎解きをしながら進んでいくと・・・・・
おお、最後の宝箱発見!


IMG_3784.jpg



秋色あじさい、いい色です。


IMG_3786.jpg



信州の鎌倉と言われる塩田地区。
静かな風情が心地よいです。
別所の日帰り温泉、あいそめの湯で温泉に浸かって今日の疲れを癒しました。


IMG_3789.jpg



すべての謎を解き、今日お宝をいただきに引換所へ
戦国BASARA かっこいい幸村のカードをいただきました。


IMG_3794.jpg





昨日、温泉に使った後、帰宅すると東北のさんまが大量に届いていました。
「やった~秋さんまだ~」
取り敢えずは塩焼きでいただきました。



そして今日は、長男と、新鮮なさんまでないと作れない、さんまの押し寿司を作りました。
サンマを三枚におろし、塩を振ります。
塩を落とし水分を良く拭きとって、酢と昆布でしめます。
骨を取り、皮を剥ぎます。
すし酢を作り、ラップと巻きすを使い、形を作ります。
残った酢飯で、ウインナーと卵の海苔巻きを作りました。


IMG_3793.jpg



さんまが新鮮なうちに、圧力鍋を使ってもう一品。
甘たれを沸騰させ、生姜のスライスを入れます。
内蔵と頭を綺麗に取ったさんまを3つに切り、鍋に投入。
20分加圧で、骨ごと食べられるさんまの煮物が出来上がり。


IMG_3792.jpg


さんまは秋の味ですね。
長男と作った秋の味を、じじばばのうちにも届けました。
「おいしい」と電話が来ました。
嬉しそうな長男。
一番手間のかかる、骨を取る作業と皮を剥ぐ作業を器用にすいすいやってくれました。
「お手伝いしてくれるなら、また作ろう!」
と言うと、嬉しそうに「ウン!」と長男。
秋さんまは、これからが本番。
楽しみです。

ありがとう。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/10/07 19:58] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。