庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数日前から、ちょっと体がおかしいなぁと感じ、通院した所、帯状疱疹かもしれないと言われてきました。
もし、そうであれば、発疹や水泡が出るらしいのですが、今のところはないので、様子見です。

こんな時は、庭遊びを中止して、室内でハンドメイド!


以前、友人からいただいた袖口カバーですが、とても便利なので、自分で作ってみようと思いました。
コレです。
無地とストライプのリバーシブルになっていて、とてもかわいいし、使いやすいのです。
特に、バラ作業には最適です。
革のグローブと袖口の間は、作業をしているとどうしても少し開いてしまうので、棘が当たったり、日に焼けたり・・・・
それを見事に防いでくれます。
もちろん袖口の汚れも防いでくれます。
ガーデン用でなくても、七分袖のブラウス等の日焼け防止のアームカバーにもなります。

市販の農業用の袖カバーは、太すぎるのでモタモタして、棘に引っかかりやすいし、丈が長すぎて暑いのです。
そんな、市販のカバーの問題点を見事にクリアーしているんです。
市販のは、今は草取り用に使っています。

IMG_3417.jpg



私も早速、真似しながら作って見ることにしました。
生地は、無地と、青のストライプです。
ハギレを買ったので、とてもお値打ちでした。
布のサイズは、20×30で、縫い代が縦プラス3センチ(ゴムが入る袖側が、2センチ)横プラス2センチ


IMG_3418.jpg



断ちめかがりをして、それぞれの布を筒になるように縫います。


IMG_3422.jpg



リバーシブルになるように、布の裏表を確認し、縫い代をそれぞれ内側に織り込んで、まち針で止めます。
縫い代は、アイロンをかけ、折り目を付けました。


IMG_3423.jpg



ちくちく運針の要領で縫っていきます。
アクセントになるように青い糸を使いました。
不揃いなところが、また、手作り感満載ですよね~


IMG_3420.jpg



袖口側は、ゴムが入る入口を残して、二列にステッチします。


IMG_3421.jpg



袖口のゴムを通して、出来上がりです。


IMG_3424.jpg



つけるとこんな感じです。


IMG_3426.jpg



なんだか嬉しくて、鉢植えの水やりで、早速つかってみました。
なかなか良い使い心地でした。

お手本と見比べてみると・・・・・
一回り小さい出来上がりになってしまいました。
1センチの縫い代でしたが、きっともっと多く縫いこんでしまったのかもしれません。
次は、もうプラス1センチで作ってみたいと思いました。

雨の日等、お庭に出られない日には、みなさまも是非お試しあれ。
コレを下さった友人に感謝です。
ありがとう。とても便利です。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/09/13 22:57] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。