庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒葉のガーデンダリアです。
夏には、薄っぽかった色がこっくり落ち着いた色になってきました。
昼間は、まだまだ残暑が厳しい日が続きますが、朝晩は、めっきりと涼しくなったおかげでしょうか。
涼しくというか・・・・上田では肌寒いぐらいです。


キャリエール



新しく球根を買ったオレンジ系のダリア、元気に咲き出しました。
咲き始めは、赤が強く出ますが、だんだん薄いオレンジに色が変わっていきます。


オレンジ2だよ



うちでは、一番大輪の王様ダリア、見事に咲きました。


赤大ダリア



清楚な白のダリア


ダリア白



小輪の赤いダリア


小花ダリア



ダリアと私の出会いは、ごく最近です。
今は3年生の次男が、幼稚園の年長さんになった時のクラスが、「ダリア組」でした。
お隣のクラスは、「ゆり組」
正直な感想・・・・・・ゆりの方が、私には馴染みがあったなぁ・・・・・・なんて・・・・

「今度、ダリア組だねぇ。Rくん(次男)のダリア、お庭に植えてみようか?」
ある日、次男に突然言ってしまって、自分がびっくり。
すると、次男がにっこり笑って、「うんうん!」って。
自分で言ってしまってから、「え~、ホンマに植えるんかいな?」と、後悔の嵐。

私が何故そう思ったか・・・・・
バラが主役のうちの庭に、ダリアは華やかすぎて、合わないのではないか・・・・・
耐寒性がないから、冬には必ず球根を掘り上げなくてはならないし、乾燥保存できないので、手間だなぁ・・・・・・
という、理由があったからです。

とはいっても、次男と約束してしまったからには、植えないわけにいかなくなりました。

そして、まんまとダリアの魅力の虜に・・・・・・

ちょうどバラが休む夏から秋にかけての長い間、庭を華やかに保ってくれたのは、かのダリアでした。
花持ちがいいので、切花にしても、長く楽しめます。
小学校にお持ちすると、とても喜んでいただけました。
子供たちは、華やかな花が好きなので、調度良かったです。
小輪のダリアは、ドライフラワーにも使えます。

去年は、球根の冬越しに失敗して、大量の球根をダメにしてしまいましたが、それでもいくつかは芽を出し、今、たくさんの花を咲かせてくれています。

ダリアを見る目が、本当に変わりました。

何故、あの時、その気もないのに「植えてみようか?」と言ってしまったのだろう?
ダリアの魅力を知らない私に、神様が、その魅力を教えようとしてくれたのでしょうか?

今年も、いい花をありがとう、ダリア・・・


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/09/06 14:10] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。