庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は、いいお天気でした。
雪もみるみる溶けていきます。

もう雑草も生え始めているし、ちょっと草取りでもしようと庭に出ました。
草は取りやすいのだけど、土がベタベタ。
うちの庭は、粘土土なので、ものすごいことになりました。
軍手も長靴もドロドロになった所で、早々に終了しました。
庭に出るのは、もう少し先になりそうです。



この冬に、私が庭の草花で作ったドライフラワーのリース等をご紹介させて頂きます。



「モミの木となんてんのリース」
真ん中に、長男の作ったどんぐりトトロがブランコに乗ってます。

実は、本当はこのリース、「モミの木と野ばらのリース」だったのです。
クリスマス用のリースとして作りました。

玄関先に飾ってあるのですが、最近、野ばらの赤い実が、消えました。
多分、ひよどりが食べてしまったのでしょう。
そんな訳で、食われずに残っていた、お正月から頑張っている、なんてんの実をあしらってみました。


なんてんリース



「モミの木と野ばらのリース」 クリスマスバージョン
ヒヨドリに食われる前の画像を見つけました。
もともとはこんな感じでした。
なんてんの方が、ゴージャスな感じがしますね。


モミの木と野ばらのリース



トトロ部分の拡大です。


トトロ拡大



これは、実は「野ばらのリース」です。
上記と同じく玄関先に飾っておいたら、丸裸にされてしまいました。
コンナ感じです。
見事に枝だけ残りました。あっぱれ!


野ばら食われたリース



コニファーのブルーアイスと唐辛子のリースです。
ブルーのコニファーと唐辛子の鮮やかな赤のコラボです。
いかがでしょうか。


ブルーアイス・唐辛子リース



玄関のつるしドライフラワーです。
収穫後、このように天井からシュロ縄を吊るし、そのまま飾りとして楽しんでいます。
ドライにする際、お花を紐で結ぶと、乾いた時スルッと抜け落ちてしまうので、輪ゴムで止めるのがコツです。
リースをたくさん作ったので、だいぶ減りました。
春の花が咲いてくれるまで、もう少しこのままで頑張ってもらおうと思っています。
グリーンのあじさいは、アナベルです。
適期に収穫し、グリーンの色を残しました。


つるしフラワー



玄関たたきに飾ってある、あじさい「アナベル」のドライです。
収穫後、残した花は、そのまま秋冬のアクセントとしてカットせずにいました。
茶色にカラカラになった時、ゴールドとシルバーのスプレーをして、そのまま残しました。
ゴールドのスプレーしたものは、ほとんどの方が、スプレーしているのに気が付きませんでした。
雪が降るまえに、スプレーした花を収穫しました。
素焼きの大鉢にさしてあります。
クリスマスには、ツリー用の飾りを足して、楽しんでいました。
アナベルは、優等生!!


鉢 アナベル



庭に花のないこの季節、庭から収穫したドライフラワーたちが楽しませてくれます。
リースを作ったり、いろいろアレンジできるのも、ドライの楽しいところです。
ありがとう。


今日もいい日だ。
スポンサーサイト

[2012/03/13 22:13] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。