庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、盛りの赤銅系の植物のご案内です。
ちょっと渋くて、大人の感じがする赤道銅系が、大好きです。


猫じゃらしの王様のようなこのグラスは・・・・
パープルファウンテングラスです。
寒さに弱く、家の中で越冬し、春チューリップの植え替えのタイミングで外へ出します。
紫の穂と葉が魅力です。


グラス



手前は、ペラルゴニウム・シドイデスです。
毎年家の中で越冬していました。
この株は、マイナス7度まで耐えられるとの記載。
う~ん、ギリギリ外でもOK?
初めて軒下で、越冬させた所、枯れ枯れに・・・・・
「無理だったか~!」って、でも諦めきれずしばらく様子を見ると、新芽がでました!
それも、無数に出る出る・・・・・
あまりに出て、隙間もないので、かなり芽かきをしてすいた所、やっと花芽があがってきました。
ほっとして、玄関前の定位置に。
落ち着いた花色と、シルバーリーフが好きです。


シドイデス



夏の人気者、コリウス
挿し芽をして、冬に家で越冬させた株は、すごく大きくなり、地植えに。
この株は、寄せ植え用に買った、小さな株が、大きくなりました。
コリウスの銅葉と、左、イポメアのライムグリーンの組み合わせが好きです。


IMG_3188.jpg



銅葉ダリア
寄せ植えですが、ぐんぐん育っています。
花の色が少し褪せてます。
肥料が足りなさそう・・・・
もう少し、涼しくなると、もっとこっくりした深い本来の花色になると思います。
秋のダリア、楽しみ~


銅葉ダリア



私が植物を購入するポイントは、まず外で越冬できるかどうか・・・・・
狭いうちの中で、越冬を決意するのは、本当に気に入った植物に、厳選されます。


そのフルイの中に見事に残ったのが、パープルファウンテングラス。
葉と穂の魅力は、本当に素晴らしいです。

シドイデスは、ハラハラしましたが、なんとか軒下での越冬に成功しました。
今回は、予備用に、挿し芽を作っておきました。

この冬、大株のまま越冬したコリウスも、小さく越冬できるように、挿し芽の時期を検討したいと思います。
ダリアも、もちろん球根を掘りあげて越冬です。


今頃気がつくと、私の好きな赤銅系って、みんな何らかの越冬が必要なのね。
今年も無事に越冬できることを祈ります。
ありがとう。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/08/19 06:53] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。