庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三寒四温。
信州上田も、暖かい日が続いています。
眠っていた花たちが、起き始めまています。


梅の蕾が膨らみ始めました。


IMG_8495.jpg



オキナグサ
かわいい新芽が出はじめました。
この花も、早春を彩る花の一つです。
清楚な花からフワフワした種に至るまで、ずっと楽しめます。
山野草なのに、地植えで元気いっぱいです。
強い花なんですね。


IMG_8499.jpg



クレマチスの芽出し。
芽を出した宿根草には、今季初の肥料をあげました。
楽しみです。


IMG_8500.jpg






「スプリング・エフェメラル・・・春の妖精」ってご存知でしょうか?
素敵な響きの言葉です。
春先に花をつけ、夏まで葉をつけると 、あとは地下で過ごす一連の草花の総称で、春植物(はるしょくぶつ)ともいいます。
直訳すると「 春の儚いもの」「春の短い命」というような意味です。


うちのスプリング・エフェメラルの第一号
シラー・シベリカです。

旺盛なラムズイヤーの隣にあって、気がつけばいつもラムズイヤーに覆われてしまっています。
もともと小さな花ですが、いつもよりもっと小さい気がする。。。。。
ラムズイヤーを移さなくては・・・・・


IMG_8508.jpg



シラー・シベリカ 白花

お恥ずかしながら・・・イングリッシュ・ブルーベルと間違えてた時期がありました・・・・・


IMG_8509.jpg



チューリップの芽出し


IMG_8498.jpg



スイセンも


IMG_8497.jpg



地面に埋めてあったバラの鉢も掘り出しました。
まだ、芽吹き前で、調度良かった。
3月半ばに、梅とブッシュのバラに、石灰硫黄合剤を散布しました。


IMG_8501.jpg






昨日、公民館の春休み工作として、銅のスプーンを作る教室があり、次男と参加してきました。
毎年、案内のプリントを見ては、気になっていたのですが、今回次男が「行きたい!」と言い出したので、初めて私も行くことが出来ました。
「ブリキや彰三さん」という、近所のプロの工芸家の方が講師です。



すでに、スプーンの形をした、銅のプレートが用意されていました。


IMG_8514.jpg



まずは、木の鎚で、スプーンの凹みの形を作っていきます。
その後、隣の柄の型にあわせて、柄を鎚で打っていきます。
すると、大体のスプーンの形が出来上がります。


IMG_8513.jpg



次は、木の鎚を金鎚に変え、金属の丸い玉にスプーンを乗せ、キレイな鎚目を付けていきます。
その後、ヤスリをキレイにかけます。


IMG_8520.jpg



スプーンに、アルファベットの名前を入れます。
アルファベット一つ一つが刻まれている釘状の物を、鎚で打ちつけスプーンに刻んでいきます。
実は・・・ちょっと失敗。
まあ、それもまた味だよな、なんて。


IMG_8521.jpg



彰三先生が、ちょっと手直ししてくれるので、多少歪んでいても安心です。


IMG_8522.jpg



化学反応で色付けです。
硫黄の入った溶剤です。


IMG_8524.jpg



ピッカピカの銅が、かなり渋い色になります。


IMG_8525.jpg



コレを磨くと・・・・こんな感じに・・・・
自分でつけた、鎚目が、ハッキリと浮かび上がります。
なんか、すごい!


IMG_8526.jpg



夕食は、もちろんカレー。
次男と一緒に作りました。
そして、銅のスプーンで、美味しくいただきました。


IMG_8531.jpg


銅のスプーンは、一生もの、と先生がおっしゃいました。
使っていると、だんだん色がキレイになってくるそうで。
使うと、体内に取り込まれる銅イオンは、体にも良いようです。
こんな、本格的な物を、安く楽しく作ることができるなんて、本当に感激でした。

二回りぐらい小さなスプーンを作って、ペンダントにされている方もいました。
アレで、アイスクリーム食べたら、美味しいだろうね~。
また、来年もやろうと次男と約束。
子どもと一緒の楽しい時間でした。


ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2014/03/27 10:35] | 未分類
トラックバック:(0) |


ジュリア
おはようございます。
なつさらさんのお庭にも春がやってきましたね♪
春の妖精・・・なんて素敵だわぁ
先日、私も千曲市の市の花でもあるセツブンソウ
を見にいきました。別名・・・雑木林の妖精と呼ばれているそうです。
特別の環境でしか咲かない絶滅危惧種だそうです。
小さな可愛らしいお花でしたよ。

スプーン作りも楽しそう♪
特別に美味しくお食事も頂けたでしょうね^^


ジュリアさん
なつさら
ジュリアさん、おはようございます。
暖かくなってきましたね。
日差しも、日に日に強くなってきているような気がします。

セツブンソウ、可憐な花ですね。
千曲市は、市で大事にしているんだね。
身近に素敵な花があるって、いいね!!

スプリング・エフェメラル・・・
私の一番気になる春の妖精は、カタクリ。
家でも育ててみたけど、ダメ。上手くいかない・・・
今年は、カタクリ見に行こうかな、って思ってます。

フリチラリア・メレアグレスも好き。
ずっと失敗してて、去年、初めて咲いたの・・・今年もちょっとだけ芽が出てきました。
無事に咲いてくれるといいなぁ。

ワクワクの春、楽しみましょうね!


komiyama
銅のスプーン、なかなか良さそうですなぁ。
使い心地はどうですか?

僕も、中学の技術の授業で作った真鍮製の文鎮を、いまだに使ってたりします。


komiyayaくん
なつさら
> 銅のスプーン、使い心地も良いですよ。
> 大事に使っていこうと思います。
>
> 子供が作る工作的な物って、いずれは捨てることになるのですが・・・
> 捨てる時には、ある意味勇気が必要で・・・
> なんか・・・心苦しい時でもあるのです・・・
> 捨てるのを見つかると・・・「お母さん、うまく作ったねって言ったくせに捨てるんだね。」と言われてしまう・・・
> なので、知られぬ間にこっそりと・・・・・
>
> だから、そうゆう意味でも「ずっとちゃんと使えるもの」が出来るのは、本当に嬉しい!
>
> のでありあす。


コメント:を閉じる▲
今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2014/03/26 19:22] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: タイトルなし
なつさら
マチャミちゃん、充実した日々を過ごしているんだね。
良かったね。

今日もいい日だね。

コメント:を閉じる▲
こうゆうケースは、なんと名のつくモノなんだろうか?
数年前に、テキトーに詰めたドライフラワー。
気がつくと、だいぶ色あせている・・・・・
一度、飾られたもの、置かれたものって、根が生える・・・のか?
つい、そこにあるのが当たり前になって、「ソレってどうなの?」ってなかなか気が付かない。
ずっと前から色あせて、大変残念な感じだったのだが、やっとなんとかしよう!と思い立っだ。


入っているのは、あじさい、ローズヒップ、オレガノ・ケントビューティー、レディーヒリンドン


IMG_8369.jpg



そんなわけで、コレが完成形。
こんな風にしてみました。
斜め同士が、ちょっと対峙するイメージで作ってみました。


IMG_8428.jpg



青いバラ。
コレは、いただいた花束のバラが自然とドライになったものです。
これだけ青いバラは、まだないだろうから・・・・・
白バラに、カラー液を吸わせたのかな?
周りは、あじさいとかすみ草。


IMG_8429.jpg



このバラは、イングリッシュローズのフォールスタッフ
ぎゅっと詰まったこのバラは、自然とドライになってくれます。
家のバラは、枯れるとハラハラ落ちてしまう品種が多いので、ドライになってくれる貴重なバラです。
しっかりと色が残るのも、いいです。
周りは、ケントビューティーとカスミソウです。


IMG_8433.jpg



赤と黄色で。
千日紅、黒種草の種、ローズヒップ等。


IMG_8430.jpg



青と黄色で。
ラムズイイヤー、ラベンダー、ハハコグサ、アンモビウム等


IMG_8431.jpg






コレが今シーズン最期の作品になるだろうなぁ。
ラベンダーとラムズイヤーのリース。
このリースの土台は、柳の枝です。
実は、どんどやきで頂いた柳の枝の、長すぎる枝をカットしたものをただ、円めたものです。
柳の枝は、とてもやわらかいので、キレイに円くなります。


IMG_8436.jpg



本当は、ラベンダーだけで作ろうと思ったのですが、「足りない!」
足りない所を、相性のいいラムズイヤーで埋めました。
香りのいい、かわいいリースになりました、


IMG_8437.jpg




今日は、小学校の卒業式。
小学校から招待状をいただいたので、迷ったのですが・・・来賓として出席してきました。
支援のボランティアさんや、登下校の見守り隊の方等、大勢招待されていました。
地域の方々と学校との関係をすごく大切にする、校長先生のお心遣いです。

「ホントに、こんな場違いなとこにいて、いいのかな?」

ちょっと緊張しつつも、来賓席に座り、卒業生の姿を見つめていました。
中学の制服を纏った子どもたちは、とても大きくたくましく見えました。
私が特別教室で、一緒にデザート等を作ったHさんの名前が呼ばれ、証書を受け取る姿を見ました。
なんて、しっかりした姿なんだろう。
なんか、嬉しくて涙が出そうになりました。


現在中学一年生の長男。
一年前の当時、教室へは行けなかった長男でしたが、卒業式は出ると決め、毎日練習には参加していました。
でも、卒業式の当日、出席することが出来ませんでした。
みんなとは別に、校長室で卒業証書を受け取ることも拒否した長男。
卒業証書を受け取りに、私が学校へ行かなくては・・・と思っていた時・・・
校長先生からご連絡をいただきました。
その後、校長先生、教頭先生、担任の先生がうちに来て下さり、長男に直接卒業証書を渡してくださいました。
また、長男に、素敵な言葉を贈っていただきました。
その間、つらそうな顔で、ずっと俯いていた長男でした。
でも、いまに、先生方のお気持ちがわかる日がくるかと思います。


そんなこんなで、私は長男の卒業式を見ていません。
今日、卒業生達の姿に、うちの長男を重ねている自分がいました。
去年、長男の同級生たちも、きっとこんな素晴らしい卒業式をしていただいたんだなぁ。
成長した仲間たちと卒業証書を受け取り、共に歩む長男を想い、また、涙が滲んでくるのでありました。
今日の卒業式、見せていただけた事、本当に嬉しかったです。


ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2014/03/19 22:50] | 未分類
トラックバック:(0) |
今日は、菅平にスキーに行って来ました。


今季、最期のスキーになるだろうなぁ。
明日から、次男の少年野球が始まります。
野球がシーズンインになると、スキーは、終わりです。


最期のスキー、何故菅平にしたか。
子どもたちのリフト無料券があったのと、スノーキャットで根子岳の頂上へ行きたかったこと。


天狗ゲレンデに車を置き、リフトを乗り継いて、奥ダボスのスノーキャットのりばへ。


IMG_8444.jpg



青空と、雪の白に、スノーキャットの赤が映えます。
20分乗車すると、頂上へ着きます。


IMG_8451.jpg



根子岳の頂上は、絶景でした!
この景色を観ることが出来ただけで、今日ココへ来た価値があった~。感激。

志賀高原のスキー場、万座スキー場等見渡せます。
福島、群馬、栃木の県境も、ココからだと見渡せるのです。
はるか、新潟の海も。
そして、雲がなければ、佐渡ヶ島まで見えるのだそうです。


IMG_8460.jpg


IMG_8459.jpg


IMG_8457.jpg


IMG_8465.jpg



素晴らしい樹氷。
春先のこの時期に、ここまでのものが残っているのは、珍しいのだそうです。
本当に立派でした。



IMG_8471.jpg


IMG_8463.jpg


IMG_8477.jpg



ダケカンバ
下部は、雪に埋まっています。
シラカバに似ていますが、シラカバより、標高の高い所に生えます。
枝の先まで白くなって、美しい木です。

奥ダボスには、シラカバがたくさん生えていますが、木の丈が違うことに気が付きました。
奥ダボスのシラカバは、大きく立派です。
でも、ココのダケカンバは、ほとんどがずんぐりむっくりしていました。
大きくなりすぎると、樹氷のこの時期に、折れてしまったりするのかな?
標高が高いと、風も強いんだろうし、暖かい期間も短いのだろうし。
木も、自分の住んでいる環境に合わせて成長するのかな?なんて思いました。



IMG_8479.jpg



IMG_8478.jpg



IMG_8480.jpg





IMG_8474.jpg



天狗スキー場に戻ってきました。
私は、ゆったりした天狗の林間コースが好き。


IMG_8487.jpg



天狗名物? プーさんリフト。
子どもたちの人気者です。
プーさんは、飴を持ってるようです。


IMG_8488.jpg



素晴らしい雪山、今年もありがとう。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2014/03/15 18:01] | 未分類
トラックバック:(0) |


paper moon
なつさらさん、こんばんは。

うらやまし~い。
去年もこの車で樹氷を見に行きたかったのでした。
気がついたら結局今年も行かなかった。
今度会った時にもう少し樹氷のことなど教えてください。

paper moon さん
なつさら
こんにちは

樹氷、美しかったです。
なんか・・・モンスターのようでした。
あんな風に、凍りついたまま、春まで耐えてるんだなぁって思いました。

車で樹氷が見れるところがあるんですね。
今年は、大雪があったから、今もまだ樹氷が残っているのかもしれません。
まだ、間に合いますよ。
私は、スノーキャットで行きましたが、強者は、スキーを担いて登ってました。
自力で登ってる方も、かなりいました。
山歩きされるpaper moon さんであれば、可能かもしれません。
是非チャレンジを!


コメント:を閉じる▲
まだまだ、雪に覆われている北庭。
お家が完成した時に、私の好きなブルー系のコニファーを、生け垣風に植えてもらいました。
小さな苗木だったのに、5年経った今は、立派に大きくなりました。

比較的、あまりいじらなくても、上にスッと伸びてくれる木なのですが・・・・・
やっぱり剪定しないと、横に膨張していきますし、中が、枯れこんできます。

コニファーの剪定は今が適期です。
さあ、ハサミとのこぎりを持ってお庭に出ましょう!


剪定前の姿です。


IMG_8414.jpg



脚立の横の株だけ、とりあえず剪定終了です。
違いがわかりますでしょうか?


IMG_8417.jpg



とりあえず、完了!
のつもりだったけど・・・・・
こうして写真にしてみると、かなりガタついてますね。
修正しよっと。


IMG_8421.jpg



スッと青空に伸びたスリムなコニファー。
私の好きなスタイルです。

お隣のモミの木ですが、かなり元気が無いのが気になります。
いつもは、剪定して、光が入るようにしてましたが、今回・・・
成長が悪く、切るところがない。


IMG_8423.jpg


このように、上にスッと伸ばしたいのであれば、内芽でカットするのがポイントです。
バラ等は、外芽でカットするのが基本ですが・・・
わざと内芽で切ることで、このスタイルが長持ちします。
そして、剪定をすると枝葉が増えるので、密でキレイになっていきます。
また、大事なのが、株の内部に光が入るように、透かすこと。
混みすぎて、光が入らなくなると、内部が枯れこんで、スカスカになってしまいます。
先端近くは、勢いがあるので、かなり強くカットしても大丈夫です。
下の方は、様子を見ながらカットしすぎないように・・・・
多少、失敗しても、すぐに茂ってくるので、大丈夫。
あまり細かいことを気にしなくても、とにかく切ってみよう。


こちらは、ゴールドクレスト。
シルバー系より成長が早く、あっという間にトトロ化してしまいます。
かなりトトロです。


IMG_8415.jpg



一応、剪定終了。
内部がかなり枯れこんでます。
急激に細くしようと、葉を全部カットしてしまうと、枯れこむ可能性があります。
必ず葉を残してカットしていきます。
今回は、コレで限界かな?
徐々にスマートにしましょう。


IMG_8427.jpg



IMG_8422.jpg


シルバーのコニファー。
東京にいた時、この木でぐるっと囲まれた教会がありました。
スッと上に伸びたコニファーが、なんと清々しく見えたことでしょうか。
「私もアレやってみたい!」
ってことで、信州のこの地でやってみました。
脚立に乗って、届かなくなるところまで、このまま伸ばしてみようかな、と思います。
さすがに届かなくなったら、芯を止めなきゃね。

ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2014/03/10 10:04] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



ジュリア
コニファーのビフォー・アフターにビックリです。
なんでもやってしまうのね~

うちも旦那が玄関にコニファー欲しがってます。
でもメンテするのはわたしでしょ?
と良い返事をしていませんでしたが
なつさらさんがとても参考になる事を教えてくれたので近い将来うちにも念願のコニファーお迎えするかも。。。

シルバー系のが私も好きです♪

トトロちゃんもかわいいね^^



マチャミちゃん
なつさら
須坂のサッカー少年達、静岡に行ったんだね。
マチャミちゃんも、仕事忙しそうだね。
お掃除やったり、サッカーやったりすごいね。
南庭は、雪は溶けているけど、北側はダメだね。
まだまだ溶けるには時間がかかりそうだよ。

グランドはぐっちゃだろうけど、(上田は特に、土が粘土だからひどいもんだ。)
子どもたちはそれでもグランドで遊んでいるんだろうね。
ただ、粘土が固まると、ガタガタになってすごく危ないの。
数年前に、小学校の校長先生に私、言ったことがあるんだよ。
「グランドにいい土入れてもらわないと、子どもたちが怪我しそうですよ。」って。
そしたら
「おらもそう思うけど、日本って国は、教育には金出さない国なんだよね~。」って言ってた。
がっくりだよね。

うちの庭は、やっとスイセンの芽が出てきた所。
梅の花芽が、やっと少し赤くなってきた。
本格的な春は、まだまだ先。
仕事や子育てが落ち着いたら、いい時期に見に来てね。

ジュリアさん
なつさら
ジュリアさん、おはようございます。

コニファーは、常緑だし、冬も寂しくなくていいよ。
多少、手入れは必要だけどね。
でも、それも楽しいから大丈夫。
剪定は、大好き!


コニファーも、いろんな種類があるから、見て回ると楽しいよ。
育ててみるのも楽しいよ。
バラのように、比較的成長が早いしね。
是非、やってみて!

あえて、トトロを目指しても面白いよね。
目を付けたりしてね。



コメント:を閉じる▲
今日の信濃毎日新聞に、こんな記事が出ていた。


上田市古里・・・まさにうちの近所の話だ・・・
あるお宅のお庭の梅の木、高さ2メートルを超える枝に、カマキリの卵が産み付けられているのが見つかったそうだ。

「カマキリは雪に埋もれない高さに卵を産み付ける」という説があるそうだ。


IMG_8406.jpg


IMG_8407.jpg



新潟に、カマキリの産卵位置と積雪量の関係を50年以上研究し、相互関係があるとの説を採る学者さんがいらっしゃる。
カマキリは、雪が届かない場所に産卵するという本能が、上田でも働いたのだろう・・・と記載されていた。

県環境保全研究所の研究員の方は、「科学的根拠に乏しい」とする一方で、「昆虫は、人間の想像を超えることもある。あり得ないとは言えない。」と話されている。


私としては、なんだかワクワク。
今までカマキリの卵は、庭で発見するも、どこについているかなんて、特に気にすることはなかった・・・
今年の秋は、どの位置にあるのか?!意識して探してみたいと思います。


カマキリの卵
雪を占う、まるで「宝物」みたい!


みなさんのお庭には、カマキリが産卵にやってきますか?




IMG_8410.jpg





昨日、4年生の次男の参観日がありました。

「2分の1成人式」と黒板に書かれていました。
4年生を過ごした一年間で、教室のみんなはそれぞれに、10歳の誕生日を迎えています。
10歳まで無事に成長した証として、4年生最期の参観日は、2分の1成人式が行われます。 


クラスのみんなは、一人ひとり先生に呼ばれ、前に立ち、将来の自分の夢を発表しました。
うちの次男の名前は呼ばれません。
「オレは、発表しない!」って言っていたので、驚きもしませんが・・・


みんなの発表が終わった後、先生が、一人ひとりに、「2分の1成人証書」を渡してくださいました。
次男も照れた顔で受け取ることが出来ました。


次男からお手紙をいただきました。
「お母さん、いつも家事をやってくれてありがとう。できることはやるから、これからも頑張ってください。」と書いてありました。
字を書くことは、大嫌いな次男。
手紙を書くなんて、本当に嫌だったろうなぁ。
それでも、書いてくれたんだ。
なかなか、椅子に座っていることすら、次男にとっては苦痛なはずなのに・・・
特に、人の発表をずっと聞くというこの時間は、通常だったら外へ出てしまうだろう・・・
それでも、途中で出て行ってしまうこともなく、ずっと座っていられました。


そもそも私が教室で次男の隣に座ることも、いつの間にか、しなくてもよくなりました。
元気に「行って来ま~す。」と何事もなく出かけることができるようにもなっていました。


この1年で、君はとてつもなく成長しましたね。
本当にありがとう。
これからは、お母さんがしてあげられることが、どんどん減っていきますね。
少し寂しく思います。
でも、お母さんは自分のやれることとして、家事も頑張るし、美味しいご飯をこれからもずっと作ろうと思います。
「今日のご飯な~に?」って、毎日台所へ聞きに来てくれる、かわいい君のために・・・
お母さんは幸せです。

ありがとう。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2014/03/05 10:43] | 未分類
トラックバック:(0) |
信州国際音楽村にて行われてきた、平岡誠先生のバラの育て方教室がありました。
今季、最期です。

つるバラの誘引とブッシュ剪定・寒肥がテーマでした。
暖地では、すでに終わっているでしょう誘引と剪定。
こちら寒冷地では、今が本格的に誘引剪定の季節になります。
で、芽ぶきまでが、勝負です。
大忙し!のはずですが、まだ大雪の影響でなかなかはかどらないかな?




パラパラと小雨が降ってきました。
ひどくなる前に、先に庭に出ましょう、ということで、グラハム・トーマスの前に集合。
一昨年に植えつけた株だそうです。


IMG_8391.jpg



誘引完了。


IMG_8397.jpg



つるバラをどうしたいか・・・・によってどうにでもなる・・・
今回は、「この小屋全体を、できるだけ多くの枝で覆う」事を目的にしています。


そのため、枝先は切ってません。
枝先の花が、貧弱だとしても、葉しか出なかったとしても、それだけでも賑やかしになるという理由です。
指南書には、枝先は15センチほど切りましょう、と大体書いてありますが。

全体的に、弱い枝もかなり残しています。
そして、弱い枝に、1,2目残して剪定してあります。
もちろん、強い枝がたくさんあれば、弱い枝は切りますが、それほど強い枝が多くないので、弱い枝も残しています。

また、上方に、一箇所から3本ほど枝が出ている箇所があります。
今回は、目的にのっとって、わざと全部残しています。

もし、私だったら・・・・
この壁は、塗り壁で、とても綺麗なので、見せても絵になります。
故に、やっぱり枝先は、切るだろうなぁ・・・
3本のうち、一本は切るだろうなぁ・・・・
なんて思いながら、見てました。


シュートの間をどれぐらい空けて、誘引するか・・・ですが、
ステムの長さによってシュートの幅が決まってきます。
ステムが長ければ、枝と枝との間隔を空け、短ければ間隔を狭める。
品種に寄って、違うのです。
シュートの太さによってもステムの長さは違います。
誘引後の写真を撮って、花の咲いた時の写真と較べて、今後の誘引の参考にすればいいと教えて下さいました。
指南書には、大体20センチほど・・・・とか書いてありますが・・・・・

ウンウン、そうだよね!、と納得。





トーマスの誘引終了後、場をバラ畑に移動。
大雪の影響で、ポッキリと折れてしまっている株が痛々しい・・・



ブッシュの剪定です。
先生のおっしゃる所、「ステムの長さを考えて、見たい位置に花が来るように、好きなように切れば大丈夫」との事ですが・・・・
もう、その一言で、終わっちゃうところです・・・・・


このバラ畑は、同じ品種をたくさん植えてあって、一つの塊みたいに見せようとの目的があります。
なので、割と混んだ状態で植え付けてあります。


先生は、内芽、外芽は、気にしてなくても、高さが大体同じになるように切ればいい、とバサバサ、切ってました。
横張りの株は、片方に偏りがちですが、隣の株の枝にフォローしてもらえばいい・・・みたいな感じでした。

このバラ畑の剪定は、目的に沿って、ソレでいいんだ。
みんなが、みんな自分の目的を考えて、見たい姿を想像して、カットすればいい、って言うことなんです。


IMG_8395.jpg



つるでも、ブッシュでも、枝を新陳代謝させる剪定が大事だと、おっしゃっていました。
古枝を切らないと、新しいシュートが上がってこないからです。
バラは、自分のボリュームをそれぞれが把握していて、そのボリュームに達していないと、もっと枝を出そうとする。
でも、例え古枝であっても、それに達していると枝を出さないのだそうだ。




寒肥ですが、シャベルで3箇所穴を開けて、思っていたよりずっと浅い場所に、肥料を入れてました。
この畑は、よく中耕されているので、こんな浅い場所でも良いのだそうです。
地面が、カッチカチであれば、寒肥の前によくほぐしてやると良いのですね。

そして、寒冷地の寒肥ですが、今の時期がベストなのだそうです。
ただ、12月でもほぼ効果は変わらないとのことでした。
私は、なるべく寒い間に終わらせたい派なので、土が凍りついて、シャベルの歯がたたなくなる前にやるようにしてます。





コレは、私が初めて知った「目からウロコ」のお話です。


冬には、枯れ葉を全部取りますよね。
先生は、葉を全部むしりとるではなくて、「葉柄を切る」というやり方をしていました。
それによって、芽出しを少し遅らせることができるそうです。
もちろん、本格的に暖かくなると、葉柄の付け根がぽろっと落ちて新芽は出ます。
三寒四温。
少し暖かくなってくると、バラは芽を出します。
でも、その後の冷え込みで、芽が痛みます。
芽出しを少しでも遅らせる事で、それを多少でも防ぐ効果があるそうです。
寒冷地のこっちよりも、暖地でのテクニックになるそうなのですが。
ご参考になるでしょうか。
このやり方は、ハッキリいって面倒くさいです。
全部は、絶対無理。
でも、早咲きの品種には、効果があると思いました。
ティーローズ等には、来年試してみようと思いました。




音楽村のバラは、新しく植えられた株になります。
稚株の管理なので、思ったより、細枝を残した感がありました。
よって、来年は剪定誘引を始め、管理がかなり変わってきます。
来年は、トーマスのシュートも、もっと出るだろうし、そうなると、ガッツリ剪定を見られるかな?

そんなこんな、音楽村ボランティアスタッフの熱望により、来季も平岡先生の講座が続行となりました。
すでに、申し込みを済ませました。

来季は、目からウロコの内容になるそうで、楽しみです。





興奮冷めやまぬまま、平岡先生の講座から帰宅して、早速ブッシュの剪定をしようと久々に庭に出た私。


本当は、つるバラの剪定・誘引も今やればベストなんだけど・・・・
芽吹きまでに、絶対に間に合いません。
よって、つるバラ関係は、12月から作業を始め、ひと通りは終わらせてあります。
つるバラの関しては、春先に見まわって、枯れ枝を切り、若干残してあった予備の枝と入れ替えます。


きゃ~、レディーヒリンドンの枝が~~~
雪の影響で、傷んでるど~~~
涙を飲んで、ガッツリカットしました。


IMG_8404.jpg


この株の上に、屋根からのドカ雪がどど~~っと落ちて来て埋まってました。
実は、私としては、屋根の雪も計算してこの場所に植えたのです。
例年の屋根の雪の落ち方は、もっと手前だったから。

だから、ココは・・・大丈夫だ!と・・・・・・

「やられた~」って感じです。
それほどの大雪だった訳ですが・・・
こんなことになると、植え替えないといけないかなって思います。



久々に庭に出て・・・
もう一つ、私を驚かせたことは・・・
ピントが合ってませんが・・・

つるバラの芽が出てるじゃないですか!
完全に、まだ早いよ!って。


IMG_8405.jpg



その後は、かなり折れたり、枯れこんでいる枝を発見し・・・
思っていたより、大雪の影響が大きかった・・・・・
まだ雪もスゴく、足元もドロドロ・・・
なんとなく、切ない気持ちで意気消沈・・・




そんな私を勇気づけてくれたのは、クリスマスローズ


IMG_8401.jpg


IMG_8402.jpg


IMG_8403.jpg

ほっとするね。

元気になったよ。
ありがとう。


今日もいい日だ。


ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2014/03/02 16:06] | 未分類
トラックバック:(0) |


paper moon
なつさらさん、こんばんは。

寒いところご苦労さんでした。
大分勉強になったようですね。
来年は私も参加してみようかな。

大雪の被害はやっぱりありましたね。
でもバラはすぐに回復するのでおおらかに行きましょう。


ジュリア
今回も平岡先生のお話はとても良かったですね。

先生のお話を聞くと気が楽になって、バラをもっと楽しめる感じがしますよね♪

お店で売るバラを育てているのではないのだから。。。
今年も気楽にバラを育てることが出来そうです^^
なつさらさんが上手にお話をまとめてくれるので
ありがたいわ♪

次の講習会も楽しみです。

子供はやっぱりインフルエンザでした。B型だって☆
すぐにお薬も効いて元気に養生しています。


paper moon さん
なつさら
paper moon さん、おはようございます。

なんか・・・久々に庭に出て、被害を目の当たりにしてしまったので、ちょっぴりショックでした。
そうですね。
バラはたくましいですものね。
成長を楽しんで見守りたいと思います。


平岡先生の講座、ご案内しますね。

第1回めは、4月13日(日)14:00から16:30です。
テーマは、 開花前の管理・植え付け方 
音楽村研修室1にて です。(駐車場にご案内の方がいてくださいます。)

その後の予定は、6/8、8/23、10/12,2/28 と合計5回です。

全5回券2000円、 各1回券(当日券500円)です。
初回であれば、5回券購入できます。

単発でも参加できます。


ご興味があれば・・・

矢澤 秀成さんの講習会もあります。
テーマ「私の大好きな花たち」
バラに似合う草花等、ご紹介してくださいます。

4月30日(水)
受付開始 午後1:00
開会   午後1:30~3:00終了
参加費 500円  先着150名



ジュリアさん
なつさら
講習、楽しかったね。
本当に、平岡先生のお話は、楽に楽しめるバラ講座。
気が楽になるね。
次回もよろしくね。

お子さん、やっぱりインフルだったんだね。
お熱が下がって、良かったね。
元気になって良かった。
お外に出られないのは、ちょっとかわいそうだけどね。

コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。