庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと暖かくなったと思っていた矢先の日曜の雪。
庭の植物達は、さぞびっくりしたことでしょう。

私は、分館の役員でビーチバレーの試合があり、車で出かけなければなりませんでした。
朝早くから、ダンナがスタットレスタイヤに交換してくれ、助かりました。


この雪で、バラの新芽がいくつも折れてしまっていました。
今日になってから、残っていた芽に、かなり傷みが出ていました。
その・・・傷んだ芽をどうしたものか・・・
途中でカットしたほうがいいのか?果たしてそのままでもいいのか?
これだけ雪を被ったら、凍みるよね~。


IMG_50053.jpg



久しぶりに、近所の萩原植物園さんに行ってみました。
秋に買って植えつけた、サルビア・カラドンナの苗が無くなってしまった??
濃い紫のスリムなラインが、ホントに素敵なカラドンナ。
あったら、買ってこようと思って・・・

購入したのはこれらの苗。
右前カラドンナ2株。

左2列は、デルフィニウム6株。
秋に買いに行ったデルフィニウムの苗。
しかし・・・苗が出るのは11月とのこと。
気温が高いと発芽しないので、苗が出るのはどうしても11月になってしまうとか・・・・・
でも、信州では11月に庭に苗を植え付けることはできません。
凍みてしまうので・・・
秋に諦めたデルフィニウムの苗が・・・
今回、あったあった!!!
きっと来春に、本領発揮して、ゴージャスな花穂をあげてくれることを祈って。
去年地植えしたバラの間に植えようと、青、紫、白の6株購入。
 
そして、右奥2つは、ブラックレースフラワー2株。ノラニンジンです。
この手は、半日陰が多いのです。
でも、コレは日向OK。
一株を南のメインガーデン西側バフ・ビューティーの脇に。
もう一株を東側のホワイトガーデンに。

右端真ん中は、グラスのギンギツネ。
一昨年、フワフワした真っ白な穂がとても可愛かったのですが、冬越しできませんでした。
寒さに弱いらしいので、冬は掘り上げようと思います。
パープルファウンテンも、寒さに弱いグラスです。
この2種のグラスは、とても好きなので、掘り上げる手間、部屋での管理も気になりません。

真ん中の紫は、ユーフォルビア・カメレオンです。
思っていたよりお値段がお高目だったので、少し悩みましたが・・・
暑さと乾きに強いユーホルビア。
東庭のカラーリーフとして取り入れようと思います。

奥は、黄緑のラミウム。
寄せ植えに、入れ込もうと思います。

そして、白花はフランネルフラワー。
フランネルは、3度めのチャレンジになるかな?
いつも水が多すぎるのか、失敗してしまうけど・・・私は白い花とシルバーの葉のこの花の佇まいがすごい好き。
単体で、鉢に植え込もうと思います。




href="http://blog-imgs-62.fc2.com/n/a/t/natsusalagreengarden/IMG_5213.jpg" target="_blank">IMG_5213.jpg


と、これだけ買って、萩原さんのお兄さんに聞いてみます。

「もう、庭に植え付けちゃっても大丈夫ですよね?」

「どちらからですか?」

さすが、全国的に有名な萩原さん。
お客様は、全国からいらっしゃいますもんね。


「今日みたいに暖かなら、もう植えつけてもいいのだけど、この間のような雪が降ると危ないですね。
ラミウムは、昨日埼玉から入ったばかりなので、寒さに注意して下さい。」

まだ、雪や霜が完全に大丈夫と言い切れないところが、信州の春。


とりあえず、苗を3日ぐらい軒下で慣らし、天気予報を見て植え付けOKと判断。


ところが・・・・
なんか・・・寒いじゃん。
霜予報が出てるよ!と友人から聞き、植えつけた苗の事を考える。

「帽子をかぶせよう。」

ペットボトルの下をカットして、苗帽子を作って被せました。
どこで知ったか?忘れましたが園芸の知恵。
とりあえず、これで大丈夫かな?


IMG_5224.jpg



以前は、欲しいままに苗を買って、苗を抱えて植える場所に困っていた時がありました。


今、なるべく植物は、厳選して買います。
どこに植えるのか?、冬越し出来るのか?性質は植える場所に合うのか?花の咲く時期、花のない時期はどんなか?増やせるのか?

厳選して買った今回の植物は、脇役的なモノが多いです。
バラが主役の私の庭には、色彩を抑えた花、綺麗な葉、そんな植物がスゴク引き立ちます。

デルフィニウムは、もちろんバラと併せて主役さんですが・・・
咲く時期がコラボレーションしたら、綺麗だろうな~。
無理に合わなくても、ずれたらずれたで、それはそれで咲き継ぐのでいいのだけれど・・・
頭の中ではもう、咲いてます。
めちゃめちゃ楽しい!!


ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2013/04/27 06:24] | 未分類
トラックバック:(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


はじめまして
なつさら
コメントありがとうございます。
上田に越されて2年ですか。
暖かい所からいらしたのでしょうか?

信州でも、上田は雨の量が少ない地域です。
そして、盆地になるため、夏は暑いです。(高原地帯は別ですが。上田は広いので・・・)
私の住んでいる所だと、冬は、マイナス10度ぐらいにはなります。
雪が少なく凍みるので、植物には過酷な冬だと思います。

信州での植物の扱いは、まだまだ研究中ですが、よろしければ参考になさってください。
よければ、バラの季節にでも、いらしてくださいね。
6月の2週目ぐらいが一番の盛りになると思います。
よろしくお願いします。



コメント:を閉じる▲
球根植物が、今の季節の庭の主役を飾っています。
そんな仲で、宿根草や花木、丈夫な一年草も顔晴ってます。


まずは、青花からご紹介。


キャットミント
こぼれ種でも、地下でも、ガンガン増えていってます。
ハナアブが来て、アブラムシ対策になるとか?


IMG_5177.jpg



忘れな草
こぼれ種から、ガンガン咲いてくれる優等生です。
数年前、小さなこぼれ種をポット上げして、冬の間、大事に温室に入れてもらった所、全滅でした。
そんなこと・・・しちゃダメなんですね。
何もしなくても、凍てついた冬を越せるんです。
花は、こんなに可憐なのに、本当に力強いです。


IMG_5185.jpg



アジュガです。
去年、混みこみだったアジュガを新しく作った日陰の花壇に大量に移植しました。
柏葉あじさいの下、元の場所に残ったアジュガ、綺麗に咲いてました。
移植したものは、半分は枯れましたが、生き残った物は、新天地で成長中です。
これからが、楽しみです。
ん?
最初は、斑入りの葉だったような気がしたが?
6,7年経つうちに、園芸種が、原種に戻ったか?
気がつけば、緑の葉です。


IMG_5195.jpg



つるニチニチソウ
アレンジにも便利で、丈夫なつるニチニチソウ。
何気にお花もこんなに可愛いのです。


IMG_5205.jpg



ここからは、白花です。


イベリスが、大株になりました。
もっこりです。


IMG_5179.jpg



バイモユリ
母の庭からもらったバイモユリ。
かなり、日が当たる場所なので心配でしたが、毎年ここに出てきてくれます。
清楚な白花です。


IMG_5201.jpg



こぼれ種カモミール
ここは、南側で日当たり良好。
そしてクレマチスの足元のせいか、肥料も豊富。
そんな訳で、庭中に広がったカモミールの中で、一番に開花です。


IMG_5178.jpg



プルーンの花。
気をつけていないと、見逃してしまいそうな小さな可愛い花です。
美味しいプルーン、今年もよろしくです。


IMG_5204.jpg



わらの中は、いちごが花をつけています。
子どもたちが楽しみにしているいちご。
追肥しました。
真っ赤になるの、待ってるよ~。


IMG_5180.jpg



緑花
原種のクリスマスローズ、リビダスです。
去年まで、アナベルの隣にあり、かなり押されていました。
秋に植え替えたのですが、かなり弱っていました。
もしかしたらダメかも?????
でも、しっかりと咲いてくれました。
良かった~。嬉しいです!


IMG_5041.jpg



ピンク系。

つつじです。
この株は、今、4年生の次男が小学校に入学した記念に、小学校からいただいた記念樹です。
鉢で育てていますが、毎年少しづつ大きくなり、この季節、玄関先を彩ってくれます。


IMG_5193.jpg



イカリソウ
少し前に満開になり、今は終わってきています。
秋に、移動しましたsが、咲いてくれて良かったです。
丈夫な山野草です。


IMG_5040.jpg



春の代表的な花木
ライラックが、咲き始めました。
東庭のこの場所に、私達が引っ越してくる前から、ずっと咲いていてくれました。


IMG_5198.jpg



ペラルゴニウム シドイデス
耐寒は、マイナス7度との表示。
外で冬越しするのは、ココ信州ではギリギリどう?ってことで・・・
去年は、試しに南の軒下に置いてみましたが、かなり痛みました。
マイナス10度になる時もあるので、やっぱり厳しいですね。
なので・・・今年は部屋に入れ、花を咲かせました。
最近、外へ出してみました。
大人っぽい赤い花と、シルバーの葉が、大好きです。


IMG_5043.jpg



さて、最後は、今の庭の主役、スイセン オフダムです。
黄色と白たくさんのスイセンを、切花にして部屋に活けました。
部屋の中が、ぱっと明るくなります。


IMG_5202.jpg




ここずっと、股関節が痛み、庭遊びに制限がありました。
やっと暖かくなったのに・・・・・
針に通い、今は接骨院に通い、やっと痛みがなくなりました。
接骨院の先生に、「もっと筋肉をつけなさい。」と言われてきました。
筋肉は、人よりもあるだろうって思っていたので、かなりショックの私。
持久力を付けたほうがいいと、いうことです。

なるほど。
すぐバテるもんなぁ。

重作業の庭仕事も解禁で、やりたかった、石の片付けを徐々に始めました。
そして、今日は、子どもたちを連れて、プールに行って来ました。
1000メートル以上、泳いだぞ!って、ほどほどにしないとね・・・・・

明日は、地域のビーチバレーの大会です。
今日は、大量にビールやおつまみの買い出しに走りました。
私は今回、試合には出ませんが、役員なのでみなさんのお世話をさせて頂きます。
お世話っていっても。。。騒いでるだけかも・・・
午後には慰労会で飲み会です。
「飲むぞ~~」って、今回は役員じゃ。お世話係だぞ。ほどほどにって。

そして、来週からは、PTAのコーラスの練習が始まります。
何故か、コーラスの代表になってしまった私は、右往左往しながらも、今までなんとか段取りしてきました。
曲は「花は咲く」です。
すごくいい歌です。
PCで、聞いたら、泣けて来ました。
たくさん集まって、みんなで楽しく歌えるといいなぁ。

いろんなことが、動き出しました。

ありがとうございます。

今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2013/04/20 19:29] | 未分類
トラックバック:(0) |
スイセンを始め、春の球根花が咲きそろい始めました。


一番手は、フリチラリア・メレアグレス。
このヘビ柄模様にやっと会えました。
一昨年に球根を植え、去年は咲きませんでした。
「枯れてしまったのかも?」と思いながらもお世話して来ました。
良かった~。
あまり嬉しくて、一番手です。


IMG_5134.jpg



早咲きのチューリップです。
奥に輝くのは、スイセンです。


IMG_5160.jpg



早咲きチューリップの白です。
遅咲きのクイン・オブ・ナイト等は、芽が出て来たところです。


IMG_10052.jpg



レモン色のスイセン。
優しい黄色です。


IMG_10051.jpg



これぞ、スイセン!
元気色、黄色です。


IMG_5033.jpg




この白い豪華な房咲きもスイセンです。
エルリッチャーです。
春の香りが漂います。


IMG_10050.jpg



エルリッチャーのアップです。
かわいいです。


IMG_10049.jpg



白いラッパスイセン。


IMG_5063.jpg



ラッパ水仙より、ちょっと可憐なタリア。
一本の茎に、花が2つ付きます。


IMG_5034.jpg



清楚な白いスイセン。
オフダムだったかな?


IMG_5163.jpg



スノーフレーク
丈夫で可憐な白い花が、とても可愛いです。


IMG_5167.jpg



桜の季節は、スイセンを始めとした、代表的な春の球根花の季節でもあります。
スイセンが咲くと、庭が一気に輝き始めます。
そして、チューリップへと続いていきます。

「庭が生き返った~。」と感じる時です。

宿根草の芽が伸び始め、こぼれ種の矢車草、黒種草、オルレア、千鳥草、カモミール、ビオラ等、あらゆる命が顔を出し、成長していきます。

今年も出てきてくれたんだね。

あんなに寒く凍りついた冬が、まるでウソのよう!!

庭に命を感じる喜びの季節。

ありがとう。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2013/04/17 22:33] | 未分類
トラックバック:(0) |
待ってた信州の桜が、今満開になりました。


IMG_5064.jpg



昨日は、朝、雪が薄く積もっていました。
今朝も肌寒い日でしたが、それでも桜は咲いてくれました。


IMG_5070.jpg



小学校の枝垂れ桜も、今満開です。


IMG_5058.jpg



今日、次男は図工の授業で、桜を描きました。
「描くのは絶対に嫌だ!!」とずっとごねていた次男でしたが、ご覧のとおり、桜の木の上で、描いています。
ごつごつとした桜の幹や枝は、そんな子供でさえも、やんわりと包んでくれる包容力があるのでしょうか?


IMG_5073.jpg





そして、午後からは、新年度初の小学校の参観日でした。
一年間、小学校のPTA会長を務めたダンナは、今日のPTA総会で、とりあえず仕事納めです。
花束を頂いて帰って来ました。
小学校の子供達の笑顔のために、PTA会長、本当のご苦労様でした。
どうせやるなら、楽しくやりたいって、本当に楽しそうにやっていましたね。
スゴイと思います。尊敬です。
今晩は、共に子どもたちのために尽くして下さった、部長さんたちとの最後の飲み会です。
楽しんできて下さいね。
そして、ゆっくり休んでください。




IMG_5083.jpg



信州の桜、待ちに待った桜です。
優しいピンク色は、黙って、花を付けてくれます。
そして、潔く散っていく。
それでも来年、必ず咲いてくれます。



私の大好きな、斎藤一人さんの詩をご紹介致します。


仁義


たった一度の人生を

世間の顔色うかがって

やりたいこともやらないで

死んでいく身の口惜しさ

どうせもらった命なら

ひと花咲かせて散っていく

桜の花のいさぎよさ

一度散っても翌年に

見事に咲いた満開の花の命の素晴らしさ

ひと花どころか百花も

咲いて咲いて咲きまくる

上で見ている神様よ

私の見事な生きざまを

すみからすみまでごらんあれ

以上



ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2013/04/12 20:40] | 未分類
トラックバック:(0) |
昨日、信州国際音楽村公園にて、バラの育て方講習会がありました。
講師は、平岡 誠さん
デビッド・オースチン・ロージズ社のテクニカルスペシャリストという肩書きをお持ちの方です。
イングリッシュローズのカタログにも、載っている方です。

こんなスゴイ方が、信州にいらして下さったのです。

前半は、座学です。
スゴイ肩書きとは裏腹に、とても気さくで楽しい、素敵な方でした。


IMG_5010.jpg



シュラブである、イングリッシュローズは、本当に自由なバラ、どうにでもなってくれるバラ、
もっともっと気楽に付き合えるバラだよ、というお話をお聞きしました。

剪定をするにあたって、「どこで切ればいいですか?」と質問を受けると、先生は、「どのようにしたいですか?」と逆に質問をされるそうです。
伸ばしてつるバラのように利用したいのか、ガーデンで木立にしたいのか等、望むバラの姿を想像し、剪定すればいい・・・早く言うと・・・どこで切っても大丈夫だよ、ってことでした。


アーチに誘引する場合は、先生によると、長い枝をそのままアーチに沿わせてしまってもいい、とのこと。
園芸書には、なるべく枝を曲げる。アーチならくねくねと枝を這わせる等と書いてありますが・・・
平岡さんのお話だと、枝を伸ばしたそのままアーチに這わせ、下部は、短く剪定すればいいと。

まさに、私は先生のおっしゃるように誘引していました。
まだ、くねらせるほど枝が伸びていなかった、ウインテェスター・キャシドラルのシュートを、まっすぐにアーチに沿わせました。
シュート以外の枝、そして余ったシュート等を、下部が寂しくならないように、短くカットしてあります。
ああ、これで良かったんだ~。と、かなり安心の私。


地植えと鉢植えの場合の、元肥の入れ方も、教えて頂きました。
何故、そうするのか、というところをしっかり教えてくださったので、理解が深まりました。


完璧に育てたいと思わないのであれば、6,7,8月は消毒をしなくても良いよ、とおっしゃっていたのにも、びっくりでした。
なんか、とても肩の荷が降りたような気がしました。


今日のお話で、シュラブローズ、丈夫で思い通りになってくれるイングリッシュローズが、ますます大好きになりました。


あっと言う間に、座学の時間が終了しました。




場所をローズガーデンに移動し、植え付け方のレクチャーです。
鉢苗、裸苗の2種の植え方を教わりました。

中耕が大事なんだよ、とお話されています。


IMG_5014.jpg



鉢苗を植えつけた所です。
寒冷地である信州では、継ぎ口を完全に埋めてしまったほうが良いとお話されていました。
「凍みる・しみるからね~。」
大阪出身の先生、「凍みる(しみる)」・・・「凍りつく」という意味の信州の方言がたいそうお気に入りのようで、連呼されていました。
「凍みるから、12月には植えつけちゃダメですよ~。凍みるからね~。」って。


IMG_5012.jpg



私は、鉢苗を植え付ける時は、ガシガシ長靴で踏んでましたが、それはしないほうが良いようでした。
次からは、気をつけようっと。


6月には、平岡先生の講演会が、そして、あと3回、講習会があります。
次回も、楽しみです。




ここ、音楽村では今、スイセンが満開です。
高台から見下ろすと、黄色い絨毯が広がっていました。


IMG_5016.jpg



スイセンの黄色は、元気が出ますね!
毎年、ダンナと見ていた音楽村のスイセン。
来年は、またダンナと一緒に来れるといいなぁ。


IMG_5017.jpg


素敵な一日をありがとう。

今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2013/04/07 21:06] | 未分類
トラックバック:(0) |
東京では、桜がすでに散っているようですが、ここ信州では、今梅やスイセンが満開です。


そして、宿根草の新芽が力強く出てきました。
今だけの、独特な佇まいが楽しく、綺麗だな、って思います。


ツノのような力強い芽。
ギボウシ、サガエの芽です。


IMG_4997.jpg



レンゲショウマの芽出しです。
ふにゃっとした葉が、だんだん伸びてくることでしょう。


IMG_4998.jpg



フリチラリア・メレアグレス
一昨年に球根を植えて・・・去年は咲きませんでした。
枯れてしまったのかな?
と思いきや、今年すくすくと芽が伸びて来ました。
大好きな、メレアグレス。
咲いてくれたら嬉しいです。


IMG_4999.jpg



綺麗な赤い芽です。
アスチルベの芽です。
だんだん緑になっていくのですが、変化の様子を楽しみたいと思います。


IMG_5000.jpg



こちらも赤い芽です。
ケマンソウの芽です。
ハートがたくさん並んだお花も可愛いけれど、透き通った赤い芽も魅力的です。


IMG_5001.jpg




宿根草の芽出しとともに、長男も、たくましく歩み始めました。


昨日、4/4は、中学の入学式でした。
小学校の卒業式に出ることのできなかった、長男は、果たして入学式に出るのだろうか?
「お母さん、制服どこにあるの?」
時間になって、動き出した長男。
一緒に、入学式の会場へ。
緊張した面持ちの長男も、目があった時には、ニコッと笑ってくれました。

「心機一転だからね。」と、今日も学ランを着て、学校へ出かけて行きました。
辛く、苦しいことが多かっただろう小学校生活。
でも、それに自分で区切りを付け、「心機一転」と言って新たに歩み出した長男。
中学校での生活が、少しでも楽に、楽しくなるよう、何かしてやりたい。
母にできることは、少ないかもしれませんが。
応援しているよ。
お母さんはいつでも君の味方だから・・・


ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2013/04/05 12:10] | 未分類
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。