庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の夕方から降り始めた雪が、朝、たくさん積もっていました。
「明朝は、雪かきせねば!!」
と昨晩から、早起きを決意!

朝七時、雪かきスタート。
一緒に起きた長男も手伝ってくれました。
水を含んだ重い雪。
一時間ほどかかって、2人でヘトヘトになりながら、通り道、車の出入り口、と歩道を雪かき完了。

ユキヤナギの枝が、雪の重みに耐えかねて、一枝折れていました。
枝が折れそうなコニファーやモミの木の雪を下ろしてやります。



朝食後、早速子どもたちが外へ出ていきました。
かまくらを作るのだそうです。
去年も、大きなかまくらを作って、長男、次男と2人が入って中でお餅を食べたりしていました。
「今年もかまくらでお餅食べたいね。」と長男。
頑張ってくれ!


IMG_4348.jpg



天使が、雪に埋もれて寒そう~。
バラたちは、雪の布団をかけてもらって、喜んでいるかな?


IMG_4350.jpg


午後には、近所の子供達も集まって、みんなで雪遊び。
私は、つるバラの誘引を再開。
玄関前の、ブルーランブラーに手を付け始めました。
毎年、みんなが褒めてくれるブルーランブラー。
本当に綺麗なつるバラです。
トゲが少なくとても誘引しやすいのが、ありがたいです。






実は・・・一昨日・・・スゴイ頂き物がありました。

じゃーん! 生マグロの固まりです。
こんなスゴイお刺身の固まりを目にするのは初めてで・・・・・
説明書を見ながら、包丁を入れていきます。


IMG_4339.jpg



まずは、血合いを切り取ります。
コレは、焼いて食べられます。


IMG_4342.jpg



説明書には・・・・「柵をとります」、と書いてあります。
良く、スーパーで売られている姿です。
大きさからして、大きな柵が4つ取れそうでした。
しかし・・・私は、説明を無視して、皮を剥ぎ、すっぱりと輪切りにしております。
普通・・・こんなことしないのだろうけど・・・・・
柵にする前の、大きなままのお刺身を、一度食べてみたかったのです。
長男の賛成をもらったので、いざ決行。
すんごい贅沢でしょ。


IMG_4345.jpg



結果・・・
右、巨大刺身4切れ、巨大刺身を取ったため、小さめの柵4.5本、血合い、皮から剥ぎ取った身少々となりました。
その晩の夕ごはんに、巨大刺身と焼いた血合いをいただきました。
さすが、生まぐろ!! 家族全員、絶賛のおいしさでした。
2柵は、ババの家におすそわけ。
1・5柵は、日持ちするようなので、漬けにしてお正月用に。
1柵は、31日のお年取り用のごちそうにとっておくことに。


IMG_4346.jpg



思いもよらぬ豪華でおいしい頂き物に、感動でした。
ありがとうございます。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

[2012/12/29 17:55] | 未分類
トラックバック:(0) |
4年前ぐらいに、初めてシンビジウムを一鉢育て始め、その後少しづつ増えました。
今は、寝室のサッシ際で、お日さまをたっぷり浴びています。
ミニ胡蝶蘭は、半日陰になるように、他の蘭の陰に置きました。
上手に育てられるようになったら、大きな胡蝶蘭やカトレアにもチャレンジしてみたいなぁ。

そんな洋蘭たちの花芽が上がって来ました。


IMG_4326.jpg



一昨年ぐらいに買った、小型のシンビジウム。
カスケードタイプなので、花が垂れ下がります。
右に突き出た大きな芽も、花芽です。

実は・・・去年、この花芽を葉芽と間違えてかき取ってしまったのです。
万が一・・・と思って取った芽をほぐしてみたら・・・蕾の赤ちゃんがポロポロ出てきたのです。
ショック!!!
当然咲きません。
リベンジじゃ~!
去年、見られなかった白いお花を、今年は見れそうです。


IMG_4318.jpg



解りづらいですが、株元、左から突き出した黒い芽が花芽です。
コレもカスケードで、赤茶の渋い花が咲きます。
母からもらった株です。


IMG_4337.jpg



バルブの前、大きな花芽がニョキッと出てきました。
シンビジウム、マリー・ローランサンの花芽です。
私の洋蘭、第一号です。


IMG_4330.jpg



この小ぶりな二株は、デンドロビウム・キンギアナムです。
デンドロは、バルブの太いノビル系がメジャーですが、私は花がかわいいキンギアナムが好きです。
キンギアナムの特徴は、小さな花と蘭には珍しく香りがあります。
普通洋蘭は、春から秋まで肥料管理しますが、キンギアナムは、春だけの肥料で良いようです。
夏の西日にさえ当てなければ、日差しの管理も不要です。
初心者でも手を出しやすい、丈夫な洋蘭です。

この2株は、一昨年の東京ドームの世界らん展で購入しました。
一昨年、東京ドームシティで、ダンナの講演会があり、一緒に東京へ行きました。
たまたまドームで、世界らん展をやっていて、講演会が始まるまでの間、一人でらん展の会場を駆け回っていました。


IMG_4332.jpg



葉と葉の間から花芽が、上がってきます。
ピンクの蕾が出始めています。


IMG_4324.jpg



ミニ胡蝶蘭の花芽です。
だいぶ伸びてきました。
この株は、ピンクの花が咲きますが、花が白のもう一株のミニ胡蝶蘭も、同じように花芽が伸びています。
左の葉が、日焼けしてしまっています。
夏の日差しの管理がうまく行っていません。
毎年、必ず焼けてしまいます。
それでも、けなげに花芽を上げ、毎年咲いてくれます。
来年はどこに置けばいいかなぁ。


IMG_4319.jpg



今年、初めて今の時期に、花芽が出ました。
今までは、1月末頃から2月になって、やっと花芽が、付いていたのです。
母の家では、お正月にはかなりの花が咲いているのに、どうして私の蘭はいつも遅いんだろう?
ずっと、疑問に思っていたのですが・・・・

やっとわかりました。
水が足りなかったみたいです。
花が咲いた後は、一週間に一度ぐらいの水やりですが、蕾が上がってくる今の時期は、もっと頻繁にやっても良さそう。
キンギアナムの葉が、黄色くなってきたのも、水不足だったようです。
根腐れが怖くて水は控えめにしていたのですが、水が足りないと、花芽が付きづらいのですね。
少しづつ、少しづつ、蘭の言葉が聞こえるようになって、いい花を咲かせられるようになりたいです。
洋蘭は、以外と丈夫。
バラもですが、めったに枯れたりはしません。
だから、私でもやれてます。
庭が冬枯れた今の時期、私にとって洋蘭は、この上ないうちの中でのお楽しみです。
ありがとうございます。




今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/27 17:43] | 未分類
トラックバック:(0) |
メリークリスマス!
子どもたちがお楽しみのクリスマス。
長男は、夜中の1時に起き、ツリーの下にクリスマスプレゼントを見つけ、チェックしていました。
お~い、いくらなんでも早く起きすぎですよ~。
次男もサンタさんに頼んだものがきたと、大喜びでした。
今夜は、パーティーです。

クリスマスのパーティーって、イブの24日にやるものと思っていたのですが、どうなんでしょうか。
うちのイブは、大掃除で終わりました。
大掃除と言ってるけれど・・・きっとよそのお宅の中掃除ぐらいなものかもしれません。
次男が、「24日にやる。」と言い出して、そのまま決行。
ほぼ、床のワックスがけが終わりました。
今日、私は換気扇、シンクの掃除と、シューズクローゼットの掃除をし、明日以降、窓拭きとツリーを片付けて一息です。


これからパーティーですが・・・・
夕方、ジジ、ババが、南天を持ってきてくれ、私の頭はもうお正月。
バッサリと大きく切ってもらったので、そのまま活かしたいと思いました。
そんなわけで・・・
立ち枯れの玄関前が・・・


IMG_4310.jpg



突然、南天の木が生えたようになりました。
後ろのキングサリの木の支柱に南天の枝を括りつけただけなのです。
切り口を水に付けなくても、かなり長い間、赤い実と緑の葉が綺麗なままで残ってくれるのです。


IMG_10034.jpg



玄関側から撮りました。
ちょうど、キングサリの木を囲むように、南天の枝を4本設置しました。
毎年、クリスマスが終わると、実家へ南天の枝を切りに行くのですが、今年はラッキーでした。
一応実家の物だから、サスガの私も、こんなに大胆には切れないもの。
後は、お正月のしめ縄飾りを作るのに、少しいただいてこよう。


IMG_4312.jpg



「梅と椿、いるかい?」と言われたら、間違いなく「いただきます。」と答えます。
ババからもらってきた梅の枝。
ババは、毎年お風呂場で、温度と湿度を高くして、この季節に花を咲かせています。
可愛い花が、咲いています。


IMG_4313.jpg



椿の蕾も大きくなって来ています。
お正月には、間に合わないかもしれないけど、咲いてくれると嬉しいです。
椿のつやつやした緑の葉も、この季節には、とても嬉しいです。


IMG_4314.jpg



さてさて・・いつまでも浸ってないで、パーティーの準備しなくちゃ!
メリークリスマス
ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/25 17:23] | 未分類
トラックバック:(0) |
最近は、つるバラの誘引にバタバタしている。
しかし、今の時期に忘れてはならないのが、バラに寒肥を入れる作業です。


寒肥を投入するのには、まずこの作業から。
カニの殻です。
あまりカニを食べる機会もないのですが、食べた際には、出汁を取った後のカニの殻を乾かしておき、粉々に砕きます。
これも、立派に肥料になるんです。
ただ、塩分の事が気になるので、大量には入れません。(大量になんかないけど・・・・)


IMG_4257.jpg



私が使う有機肥料の面々です。
手前は米ぬかです。
左上は、くん炭。
その右はカニ殻を砕いたもの。
一番右は、有機ミックス(油カス、鶏糞、バットグアノ、骨粉)です。


IMG_4276.jpg



おっと忘れてはいけない。
左がバーク堆肥と右が牛糞です。
今年は牛糞堆肥をトラック一杯いただいたので、たくさん使えます。
ありがとうございます。


IMG_4277.jpg



バラの株元に2~4箇所ぐらいに、深さ30センチぐらいの穴を掘り、有機肥料を入れます。
堆肥も入れたら土を埋め戻し、株元全体に、堆肥を敷いたら完了です。
この株は、ブッシュのハーバートスティーブンスです。


IMG_4274.jpg



今日は、4株ほど寒肥を入れました。
株元を掘っていくと、スンナリスコップが入る所と、土がカッチカチでなかなか掘るのが大変な所があります。
下手すると、下に大きな石が埋まっていたりします。
見つけてしまったら・・・・もう、何が何でも取るしかない!
知らぬ間に大汗かいてます。
地植えの株は、1年の間に、この時しか、土をよくチェックしてやる時がありません。
地植えのバラたちが、ふかふかのベットでゆっくりと冬を越せるように、もう一汗かきたいと思います。


つるバラの誘引も、少しづつ進んでいます。
成長した、マダム・アルフレッド・キャリエールのために、パーゴラを一つ購入しました。
リビングサッシを囲うように配置しました。リビングからも、垂れ咲く様子がよく見えるようになります。

そして、バフビューティーと、Iさんからの通称Iローズの枝がかなり伸びたので、トンネルアーチのアーチを少し移動。
アーチとアーチの間は、今まで針金を渡していましたが、あまりに間が空いたので、パネルを設置しようと思います。
私一人ではできない重作業なので、ダンナが手伝ってくれました。
ありがたいです。


来春が、本当に楽しみです。
今、やってることの結果が出ます。
毎年、本当に少しづつ、少しづつですが、庭がグレードアップしていくのが、嬉しいです。

明日は、クリスマスイブ。
メリー・クリスマス
うちは、何故か、大掃除をやる予定です。
年内に、床のワックスがけもやりたいし!
やることがたくさんあって、楽しい年末です。
ありがとうございます。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/23 18:13] | 未分類
トラックバック:(0) |
何となく・・・近所の直売所をうろついていたら・・・
目に入った米麹。

長男は、米麹で作った甘酒が大好きで、毎年お正月にはスーパーで買っていました。
でも、結構高い。
米麹の甘酒を炊飯器で作れることを知り、早速直売所の米麹を買ってみました。


IMG_4279.jpg


お米1合分のおかゆを炊きます。
ソレを、55度~60度に冷ますのですが、面倒なので、私は水を差し温度を調節してしまいます。
そこへ、米麹200グラムを入れ、よく混ぜます。
炊飯器を保温に設定し、フタを開けた状態で、布巾をかけておきます。
1時間おきぐらいでかき混ぜて、6時間ほどで、甘酒の元が完成です。
そのままではかなり甘いので、甘さを調節しながら水を入れ、お鍋で沸かしていただきます。
食べる点滴ともいわれる天然の甘さの甘酒。
懐かしい味です。


IMG_4283.jpg



長男が大好きな甘酒も、次男は全く飲めません。
小学校の子供で、飲めない子も結構います。
甘いの大好きな子どもたちにとって、馴染みのない甘さなんでしょうね。

今日、姪っ子2人を預かって、おみやげに甘酒を持たせました。
天然の甘さの良さ、幼児にもわかるといいな。


塩麹は、少し前に話題になったけど、私に馴染みのあるのはやっぱりこっちの米麹。
子供の頃、公民館の側に共同の室があり、そこで米麹を作っていました。
サウナのような蒸し熱い部屋に、たくさんのお米が広げられていて、麹の独特のいい香りが漂っていました。
おばあちゃんは、そこで作った麹を使い、こたつで甘酒を作ってくれました。
よく、こたつで甘酒の入ったお鍋を蹴飛ばしてしまい、逃げたっけ・・・・・
おばあちゃんの甘酒。

今は、こたつのない暮らしをしているので、最近まで自分で作れるとは思いませんでした。
思いがけず、簡単に懐かしい味を作ることが出来、感動。
これからは、長男にたくさん作ってあげられます。
ありがとうございます。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


追記を閉じる▲

[2012/12/21 23:48] | 未分類
トラックバック:(0) |
ある日、私が帰宅すると、玄関の扉の前で、セクシーなこの方が待っていてくれました。


IMG_4302.jpg



大根さんです。
留守のうちに、ジジババが置いていってくれたようです。
折角なので、しばらくはこの姿を楽しませていただきます。


IMG_4301.jpg



以前もご紹介させていただきましたが、白菜の水栽培。
知らないうちに、どんどん葉が減っていきます。
だんだん中心の美味しいところが出てきましたので、今後はもっと減りが早いかも。


IMG_4303.jpg



そして、私が新たに始めたものは・・・
わけぎの水栽培。
畑に植え、余ったわけぎの芽が出ていたので、底を水に付けてみました。
綺麗なみどりが出てきましたので、お料理の青みに使いたいと思います。


IMG_4304.jpg



そして・・・
大根おろしに使う大根の水栽培。
葉が伸びてくるので、フレッシュな葉をいただきます。
人参でもできます。
去年もやってみましたが、楽しかったです。


IMG_4305.jpg



最後を飾るのは、直売所で買ったタアサイ。
70円。
直売所で、この美しい造形美を見てしまい、何に使うとも考えず買ってしまったタアサイ。
水栽培しようと思ったのですが、根が短い上中心が高く反っているのでできませんでした。
私的には、コレを切らずに、この姿のままお鍋に入れたいと考えているのですが、いかがでしょうか?
家族は呆れるかもね・・・・
でも、綺麗でしょ。


IMG_4278.jpg


寒い冬。
だけど、野菜たちの生命力は素晴らしい!楽しいです。
白菜は、使う前にはがして3時間ほど天日に干すと甘みが増えるそうです。
皆様、お試しあれ。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/19 19:31] | 未分類
トラックバック:(0) |
今日、つるバラの誘引をしていると・・・

ポツポツ雨が降ってきた・・・・

もう少し降ってきたら家に入ろう・・・って思っていたら、気がつくと東の空に壮大な虹。

それもスゴクはっきり、虹の架け橋と言わんばかりに地平線から地平線まで綺麗に続いている。

慌てて家の中にいた次男に「虹だよ!」と声をかけ、カメラを手に取る。


IMG_4295.jpg



こんなに綺麗で壮大な虹は、本当に久方ぶりに見ました。
「虹は、神様が喜んでいる合図だよ」、とどなたかの本で読みました。


IMG_4300.jpg



実は最近、ちょっぴり思い悩んだ事があって・・・
でも、神様から最高の虹のプレゼントをいただき、いろんなこと、これでいいんだ、大丈夫だ、と思えました。

「今日一日だけ、楽しく幸せに過ごそう!」
毎日を、そう強く意識して過ごしているけれど、それでも、ココロが下に向くことがある。
本当にコレでいいのか?と思い悩む時がある。
でもそんな時は、必ず救いがあることを、私は知っています。
それは、書籍の中の一節であったり、友人からのメールであったり・・・・
いろんな形で、私にアプローチがあります。
今回は、壮大な虹という形で、神様が応援してくれていることを確認出来ました。
私の周りのすべての皆さん、ありがとうございます。


「感謝は、人にだけ許された権利である。」
今は亡くなられてしまったのですが、私の好きな、小林正観さんの言葉を思い出しました。
「人は、感謝しなくてもいいけど、感謝してもいいのである。」
ちょっと解りづらいかもしれません。

どんな現象に対しても、感謝することが出来る人は、幸せなのです。

自分にとって嬉しいこと、楽しいことだけに感謝できるのは、初級者。
ご飯が食べられて、寝ることができる等・・・普通のことに感謝できると中級者。
自分にとって辛いこと、嫌なことにも感謝できると上級者。
感謝の上級者は、幸せの上級者。
どんなことがあっても、どんな状態でも幸せでいられるのです。
これはスゴイです。

今、私はこのことが少し理解できるようになりました。
これからも、感謝の上級者になるべく、楽しく修行を続けていきたいと思います。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/17 19:05] | 未分類
トラックバック:(0) |


きょん
こんにちは。 
私も丁度凹んでて また考えすぎてしまったところですが 不思議なことにまたある出会いでふと気づかされました。

そしてちょっとPCから最近離れていたところ 今日ブログを見に来ました。

バラのこと しめ縄 イイ経験だなぁ~ 子供たちにもとほっこりになりました。
そして 締めにこの虹の記事で私もまた 一日を楽しく 感謝する気持ちでまたまた元気パワーをいただきました。

また遊びに行きますね

こんばんは
なつさら
きょんさんは、いい出会いがたくさんありますね。
素晴らしいことですね。
その出会いや、気づきを大切にしてくださいね。
毎日楽しく幸せに!過ごしましょうね。



コメント:を閉じる▲
今日は、自治会のしめ縄づくりの日です。
朝9:00スタートの終了は2:30の予定です。
長丁場です。


今回私には、一抹の不安が・・・・
いつもは一緒に参加するダンナが、大阪へ行っていて、参加できないのです。
私は今回で3回めの参加になりますが、まとものしめ縄を作ったことがありません。
しめ縄はダンナに任せて、縄をなってあそんでいるだけなのです。


途中で脱走するだろうなぁと思いながらも子どもたちを連れていきます。
器用な長男は、頼みの綱です。
早速始まりました。


IMG_4285.jpg


まずは細縄をないます。
と、言われても・・・・全然勘が戻らず、できないまま・・・・・
「次は杓子を作ります。」
もう?焦る私。
頼みの綱の子どもたちは、あっさり脱走して行きました。
優しいおじいちゃん先生の教えていただきながら、奮闘。
もう、写真を撮るどころではありません・・・・・


それでも一応形になり、お昼の時間です。
おにぎりを持参して、役員さんが作って下さった豚汁をいただきます。


午後は、形になったしめ縄にお飾りを付けていくのがメインの作業になります。
コレは、前垂れ用のお飾りです。


IMG_4284.jpg



水回りの付ける杓子
長男が上手に作っていました。


IMG_4287.jpg



玄関に飾るゴボウじめ


IMG_4288.jpg



玄関の扉に飾る前垂れ


IMG_4290.jpg



前垂れの下を2つに縛り、神棚用のお飾り。
コレは、おじいちゃん先生が作ってくださいました。
サスガに美しい。


IMG_4291.jpg



(笑)コレは、私が最初に作ったゴボウじめ。
とても飾れるシロモノではありません。
3年生の女の子が、「コレ、木みたい。」って言ってました。
コレができてしまった時は、本当にどうなるかと・・・・・・


IMG_4292.jpg



高校2年生の男の子が、一人で参加して、ガンガン作っていました。
毎年参加していて、ほぼ一人で作れるのだそうです。
私のゴボウじめを「木みたい。」って言ってた女の子も、毎年お父さんと参加しています。
こうゆう形で、伝統が若い世代に伝わっていくんだなぁ、と思うととても嬉しい気持ちになりました。

「ココロがこもっていればいいんだよ。」おじいちゃん先生に励まされ、なんとかひと通り作ることが出来ました。

手作りのしめ縄で新年を迎えることができるほど、贅沢なことはないと思います。
役員の皆様、おじいちゃん先生、おかげさまで今年も良い体験をさせていただきました。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/16 16:43] | 未分類
トラックバック:(0) |
朝起きると・・・・・
玄関脇にかけてあるリースが輝いていた・・・・・


IMG_4267.jpg


実は・・・・
そうではなく・・・逆なのです。

朝日を受けた玄関扉のガラス窓からの光が、ここを照らしていました。
なので・・・ここへリースをかけてみました。

太陽の成す、朝の一時だけのお楽しみ。



IMG_4265.jpg



クリスマツツリーのライティングを付けてみると・・・

幻想的です・・・・・


IMG_4264.jpg


家の中の、はっとする風景でした。

ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/14 21:32] | 未分類
トラックバック:(0) |
昨日の朝、雪が積もっていました。
雪合戦できるかなぁ・・・と長男。
う~ん、積雪約一センチじゃ無理かも?



スプレーでカラーリングしたあじさいの上に雪。


IMG_4244.jpg
 


天使の上にも雪。


IMG_4246.jpg



小鳥のために、少し残したローズヒップのバックに雪。


IMG_4249.jpg



この後、日が差し、雪はみるみる溶けてゆきました。
私は、雪が残る午前中から庭に出ます。


雪の冷たさが伝わる、つめた~いラバーブーツ。
こんなことになるだろうと、今年初めて買ってみた靴用ホッカイロ。
なかなか調子がいい。
防寒用のラバーブーツは、気に入ったものが未だ探せない。

つるバラの誘引準備をはじめる、この時期から登場する、フィルソンのオイルコート。
このコートを着るようになって、厳冬期の庭遊びでも、寒い思いをしたことがありません。
下手に、暖かい日に着ると、汗だくになってしまうほどです。
鋭いつるバラのトゲも、へっちゃら。
線がつくぐらいで、決してズタズタになりません。
サスガ、梶みゆきさんも愛用されているコート。
長男は、匂いが気になると言いますが、私は嫌いな匂いではありません。
私の冬のお気に入りです。




とうとう・・・
一大決心をしました!
今年は、石灰硫黄合剤を散布することにしました。



何故一大決心なのかというと・・・
このような大掛かりな準備が必要だからです。
周りが色づいてしまうので、養生が必要なのです。
そして、アルカリで金属が腐食してしまうので、アーチやパーゴラにも養生が必要なのです。


IMG_4253.jpg



今年は、バラの病害虫が多かったです。
長野に越して、初めて黒点病を出してしまいました。
今まで、ほとんど病害虫は抑えてこれたので、自分なりに消毒管理には自信がありました。
しかし。。。
どうにもこうにも。
枝に残った病害虫を一旦リセットしようと、この消毒に踏み切ろうと思いました。
もちろん、来年からの、薬剤、展着剤、ローテーション等、消毒管理をもう一度見なおさないといけません。

一番ひどかったのが、つるハーバートスティーブンスのうどんこです。
つるばらがうどんこになると、庭にうどんこの雨が降る・・・といった状態になります。
健康な、他のバラにも被害が及んでしまうのです。



石灰硫黄合剤はこんな色です。
綺麗な褐色ですが、乾くと白くなります。


IMG_4256.jpg



消毒後、乾いた枝です。
なんだかまだらになってしまいました。
大丈夫かなぁ。


IMG_4254.jpg



一昨日、この薬剤を買いに、ホームセンターに行くと。。。
なんと、置いていませんでした。
植物の休眠期のみに使用するものなので、絶対あるって思っていたのに・・・

農協さんへ行くと、店頭に一つだけ置いてありました。
「コレ、散布は3月ですね。」とお兄さん。
「えっ!」
寒冷地での散布は3月が常識なの?

3月って言っても、気候によって下手すると芽が動き出してしまう・・・
そうなると、もうこの消毒は使えません。
つるバラの枝は、もう下ろしてしまっているし・・・
寒冷地でも、根雪になる前にやって構わない・・・というブログを見つけ、決行を決意。


そして、もう一つ・・・「えっ!」って思った事が・・・
石灰硫黄合剤の最低販売単位が、10リットル。
重くて持てず、お兄さんに運んでいただきました。
去年の春頃から、こんな大容量の単位になったらしいです。
普段の消毒では、1000倍~3000倍ぐらいで使う薬剤が多いので、少ない単位が当たり前ですが・・・
ただ、コレは、7倍の希釈で使います。
うちのバラ全部(ランブラー以外)とカイガラムシの付いた庭木に散布と考えると、かなりの量を使います。
4年間使えることも考えても、ちょうどいいぐらいかも。
ただ、数本のバラに。。。なんて場合、多すぎて買えませんね。


明日は、今日やり残したトンネルアーチのバラに散布予定です。


「お姉さん、この寒いのによく一日中庭にいられるね。」と昨日ケーキを持ってやってきた弟のお嫁さんに笑われてしまいました。
自分でもそう思うけど・・・なんだかんだと、お庭は楽しいもの。
庭遊びの後、長男がいつも煎れてくれるコーヒーは、特においしい。
ありがとう。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/11 22:53] | 未分類
トラックバック:(0) |
長男は、白菜好き!
それも大大大大好きのようである。


お鍋にすると・・・「オレは、白菜と豆腐だけでいい。」と言う。
安上がりなのはありがたいが・・・・・・「お前はじーさんか?」・・・

「今日はお鍋だよ。」と伝えると、大喜びの子どもたちだが・・・
長男には、「お肉も食べなさい」と母は言葉をかけ・・・
次男には、「野菜も食べなさい」と声をかける・・・


白菜を千切りにすると・・・「これうまい、何?・・・ヤッパリ白菜か!いいよねぇ。」と一人で納得の長男。



そんなに好きなら、君にコレを進呈しよう!と今朝、長男に出したのは、白菜のほぼ真ん中の美味しいところ。
コレを水を入れたコップにさせば、おやつにいつでもおいしく白菜が食べられる。

白菜の水栽培である。  さすが私!?



写真撮ろうとする先に、すでに白菜は頭がない。
すでに青虫にやられている・・・
しかも・・・上からいくんか?
一枚ずつはいで食べるものかと思ったが・・・


IMG_4236.jpg



うちの青虫はマヨネーズがお好みのようだ。
マヨの花が咲く!
青虫は、コップの縁近くまで食べたところで、「今日の朝ごはん、もう要らないから。」と。
朝食終了です。
ほんとにいらんのか~?


IMG_10033.jpg





もう一つ長男でいきましょう。
以前、長男が作ったカミカラで、私の一番のお気に入りです。



羊の皮を被った・・・


IMG_4242.jpg



オオカミ・・・


IMG_4241.jpg




ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/09 08:38] | 未分類
トラックバック:(0) |
12月のバラ遊びは、つるバラの枝下ろし、剪定、葉取り、誘引です。


大パーゴラに絡んだ2種のつるバラ。
こんな感じに大暴れしてます。
3日かかって、ほぼ剪定まで終わりました。


IMG_4203.jpg



去年は、強引に枝を下ろそうとして、何本か大事な枝を折ってしまいました。
今年は、無理せず慎重に・・・・
コレは、マダム・アルフレッド・キャリエールの枝です。


IMG_4231.jpg



コレは、名前がわからない、房咲きオレンジバラの枝です。
去年出たシュートの数がスゴイ。
今年は、シュートは2本ほどですが、サイドシュートがたくさん出ました。
赤い枝が綺麗です。


IMG_4232.jpg



去年のシュートの途中から出るのがサイドシュートです。
サイドシュートが出た枝は、古い枝をカットします。


IMG_4230.jpg



確実に要らない枝をガンガンカットしていきます。
どうしようか?と迷うような枝は、この時点では残します。
誘引してみて、必要であれば使いますし、不要であればカットします。
さて、カットした枝ですが、いろいろと利用できます。
この2種のつるバラは、棘が少なく、後ほど庭やクラフトにとても利用しやすいのです。
太い枝葉、クレマチスの足場や、支柱が割りになります。
細い枝は・・・・


IMG_4233.jpg



細い枝は、家の中へ。
おそらくノアゼットかティー系だと思われるオレンジの房咲きバラですが、私的には、この赤い枝がスゴク綺麗だな、って思うんです。
短くカットした枝は、リースの飾りにできるかな?!と思い、拾って来ました。
細くて長い枝は・・・・


IMG_4228.jpg



細くて長い枝は、コレになります。
ドライフラワーのリース台です。
枝が柔らかいうちに作業しないと固くて曲げられなくなります。
去年までは、つるバラの枝をくるっとまるめ、そのまま針金等で止めていましたが、今回は、編みこんでみました。
少し手間はかかりますが、この方が素敵です。
せっかく台まで手作りするのだから、納得のいくモノを作りたいと思います。


IMG_10031.jpg



予定では、1月に入るぐらいには、つるバラの誘引を終わらせたいと思っています。
その頃には庭が凍りつき、庭の全てが眠りに入ります。


その後は、私のドライフラワーのリース作りが本格的に始まります。
この冬のお楽しみのために、今まで庭の草花を少しづつ大切にドライにしてきました。
去年は、ドライのリースを大切な方へ贈ったり、オークションでは、2,3個販売することが出来ました。
少しでも多くの方に喜んでいただける、素敵で、去年より進化したリースを作りたい!
今からワクワクしています。


さて・・・まずは・・・

うちには、全部で12本の地植えのつるバラがあります。
順番に枝を下ろし、葉を取り、剪定し、誘引まで行います。
来年、花の咲く姿を想像しながら枝を曲げるこの遊びは、本当に楽しいです。
まさに冬のメインイベントです。

ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/07 00:58] | 未分類
トラックバック:(0) |
昨日は雨でした。庭遊びはお休みです。


ここしばらく、小学校へお花を持って行ってないなぁ・・・

っていうか、お庭にはもう持っていけるお花がない・・・

いよいよドライフラワーが活躍してくれる季節です。

12月に入ったし、クリスマスのモノ、何か作ってみよう!

と思いたち、初チャレンジ。

引き出しの中に、まだ使っていないオアシスが一つ。

コレを使って、クリスマスツリーを作ってみました。



下のようにオアシスに定規でラインをひきます。
横幅10センチ。
右端から2・5センチ、左端から2・5センチ、


IMG_4210.jpg



裏側にも同じラインを引いて、なるべくずれないように、カッターで切ります。


IMG_4213.jpg



写真のように組み立てます。
楊枝を刺して、固定してましたが、もっとしっかり固定した方が良かったです。
下が、ぐらつかないように固定します。
コレが、ツリーの土台になります。


IMG_4214.jpg



お庭から、常緑樹の葉を頂いて来ました。
日陰のになっている部分をカットします。
大きな葉を下に、バランスを見て、だんだん小さな葉にしていきます。


IMG_4215.jpg



上まで葉をさし終わりました。
上の方は、さしにくいので、グルーガンで貼り付けました。


IMG_4216.jpg



ドライフラワーを飾って出来上がりです。


IMG_4223.jpg



長男と一緒に作ったクッキーも飾ってみました。


IMG_4218.jpg



ドライフラワーをいっぱい付けました。
ワタ、エキノプス、貝細工、千日紅、アルケミラ・モリス、かすみ草、黒種草、あじさい等です。
マツカサ、どんぐり等もつけたら可愛いと思ったのですが、重いので、葉がたわんでしまいます。
軽い素材を選びました。
クッキーは、ドライフラワーの枝に取り付けて、枝をオアシスに挿してあります。
今回は、クリスマスまで持てばいいかなと、オアシスを乾燥状態で使いましたが、湿らせればもっと長い間楽しめると思います。
思った以上のボリュームになったので、割り箸等を差し込んで固定すれば良かったです。
ちょっとぐらついたら倒れそう・・・・
小学校へ持って行く事を考えたら、もっと強力な固定が必要だったかも・・・・


IMG_4221.jpg



うちのクリスマスツリーの下で。
スノーマン、シルバーのあじさい、アスパラと一緒に。
今朝、小学校へお届けしました。
子どもたちに、楽しんでもらえたら嬉しいです。



IMG_4222.jpg



思ったより、簡単でした。
いろんなアイデアで、オリジナルツリーが楽しめます。
皆様、お試しあれ。


さて、今日は、姪っ子を預かる予定がなくなりました。
つるバラの誘引準備!
さて、庭に出るぞ~
ありがとうございます。


今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/05 09:28] | 未分類
トラックバック:(0) |
鉢バラの冬眠じたくが完了しました。

新しい土に植え替えた鉢バラを、全部鉢ごと地面に埋めました。
バラと一緒に植え替えた樹木や、山野草等も、一緒に埋まっています。
冬の間は、これで安心です。


IMG_4202.jpg



南庭のテラスの前に、全部の鉢が納まりました。
今年は鉢が半分に減ったせいか、「アレッ、もう終わり?」って感じでした。
このまま越冬に入り、2月に本剪定します。


IMG_4198.jpg



これが終わると、いよいよつるバラ誘引の準備です。
今日は、トンネルアーチに絡まるバラの葉を取りました。
今日、葉を取ったのは、カーディナル・リシュリュー、バフ・ビューティー、バロン・ジロードラン、Iさんから枝をもらって挿した名無しのIローズ、の合計4株
葉がなくなると、スッカスカ・・・・・
この後、枝を下ろして剪定・誘引します。


IMG_4200.jpg



落ちた葉は、熊手で綺麗に拾い集めます。
うどんこや黒点が付いているので、バラの葉は、堆肥にせず燃やします。
燃やした灰は、土にすき込むと肥料になります。


IMG_4201.jpg



つるミセス・ハーバートスティーブンスです。
大暴れのこの株も、枝を下ろして葉を取り、剪定、誘引します。


IMG_4204.jpg



2つのパーゴラを並べた大パーゴラのはずですが、すでに狭しと大ハッスルしている2株のつるバラ。
マダム・アルフレッド・キャリエールと、ナーセリーさんが間違って送ってきたので、名前が不明のオレンジの房咲きバラ。
これらの株も順番待ちしてます。
他に、壁に這わせたランブラーが3株あります。

今年は、病気が多く出ました。
冬の消毒、硫黄石灰合剤だったかな?アレをやろうかどうしようか考えています。
色がつくので、壁に向かって直接消毒できないので、枝を全部下ろしてからの作業になり、大変すぎるので今までやったことは、東京で一度しかありません。
ただ、効果はかなりあるみたいなので、悩みどころです。


IMG_4203.jpg




いよいよつるバラの誘引だなぁ、と思い、何となくバイブルにしている村田バラ園さんのホームページを見てみました。
バラ栽培について、基本的かつ理論的にとても詳しく書いてあります。
村田さんのバラに対する愛情が溢れています。
久しぶりに見て、ココロに残ったのは・・・・・


「最近は、つるバラの枝を切るやり方が推奨される兆しがあるが、切らずに枝を生かした仕立て方を工夫したい・・・」
結局、樹形を考えずに植えるので、バラが大きくなりすぎて切るしかない・・・という状況に陥ってしまう・・・・・
最初から、植える場所に合った樹形の品種を選べば、人もバラもストレスなくすむのではないか・・・
もし、つるバラの枝を切ろうとしているなら、違う品種を植え替えたほうがいいのではないだろうか・・・
そんな事が書かれていました。


私が初めてバラと出会った時の指南書は、村田晴夫さんの本でした。
村田さんの本には、バラを選ぶにはまず樹形が大事だと、樹形について詳しく書いてありました。
当時の私は、花ばかり見ていましたが、今、村田さんのおっしゃることが、スゴク良くわかる気がします。


バラは、剪定によって大きさを管理することができます。
以前、チェルシーガーデンの有島薫さんが、ピエール・ド・ロンサールを盆栽のような極小株に仕立てたものが、雑誌に出ていました。
花も10個ぐらい咲いていました。
「あの剛直なピエールを???!!! 」スゴイって本当に驚きでした。
ただ、ピエールを極小に保っておくのは、素人にはとても難しいことだと思うのです。
村田さんがおっしゃるように、大きく育つ株は、のびのび大きく育ててやるのが自然で、今後ずっと付き合っていくのに、人もバラもお互いストレスがないんじゃないかと・・・
つるバラの枝は、来年の花枝です。
枝を切ることは、花を減らすことでもあります。
なるべく枝を活かすように仕立ててあげたいものです。


上の写真、キャリエールと名無しオレンジですが、今年も枝が溢れています。
去年は、名無しオレンジから、10本以上見事なシュートが長く伸びました。
建築資材を使って、ダンナにスクリーンを作ってもらい、パーゴラに載り切らない、オレンジバラの枝を誘引しました。
今年は、スクリーンだけじゃ足りなさそうです。
庭に出て考えていると・・・・
右側に、同じパーゴラを置いて、オレンジはそっちに誘引しようかな?とひらめきました。
パーゴラの下には、テーブルと椅子を置いて、オレンジの反対側からは、イングリッシュのシュラブを這わせようか・・・なんて妄想が広がっていきます。
明日、もう一度検討しよう。


つるバラの枝管理、今はやれると思うけれど、もし自分がやれなくなった時には、ありがとうと言って、潔く株を抜こうと思います。
犬やネコもそうだけど、生きているものとの付き合いは、楽しいけれど、責任がつきものです。
私もバラたちも、この先ずっとストレスなく過ごせることを祈ります。
長くなりました。
ありがとうございます。




今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/03 21:30] | 未分類
トラックバック:(0) |
今朝は、とても良い天気!
バラの鉢替えは、余裕で終わるだろう!って、思っていたら・・・・


長男と朝ドラを見ているうちに・・・・たちまち曇ってきて・・・・

飲み会帰りのダンナと、彼と一緒に寝ている次男が起きてきた9:00頃にはまさかの雪。
というか・・・吹雪・・・・
思わずサッシを開けて眺めていると、「お母さん、寒い~~」と家族から抗議の嵐。


昼過ぎには、明るくなって庭に出ました。
癌腫病の2鉢を植え替えて、今年のバラの鉢替え全て終了しました。
お疲れ様でした。




今日の昼食は、半分は長男が作ってくれました。
みんなの大好物、モッフルです。
いつもは、ダンナが作ってくれますが、出かけてしまったので、長男が初チャレンジです。
ワッフル型に、薄切りおもちとハム、チーズをのせて焼きます。


IMG_4197.jpg



モッフル完成です。
塩を少々振って食べます。
出来立ては、カリッカリの激うまです。


IMG_4196.jpg



長男が作ってくれた訳ですが・・・・
半分作ったところで、包丁で手を怪我してしまったのです。
おもちは、縦に4つにスライスします。
大人でも、切るのはかなり難しいです。
途中で割れるので、キレイには切れません。
スライスしてあるおもちは高いので、普通の切り餅を使っていますが、子供が作る時には、スライスのものを使ったほうが安心ですね。



昨日の夕方、急に長男のお友達のお宅で、みんなでご飯を食べることになりました。
いきなりそう決まったけれど、何の準備もなく、私は家族分のご飯しか炊いてません。
とりあえず、ご飯を全部おにぎりにして、後は冷蔵庫を探し、ウインナーや卵を焼いたり、ありあわせのおかずを作って重箱に詰め込みます。
友達のママは、家族分の夕食をすでに作った後でしたが、私たちのために2品も作って待っててくれました。
全部広げて子供4人、大人2人の合計6人でいただきます。
突然の合同夕食でしたが、ピクニックみたいで楽しかったです。
こんなこともあるのね。
以前、このご家族と、うちでたこやきパーティーをしました。
今度は、餃子パーティーの予定です。
楽しみです。
ありがとう。



今日もいい日だ。



ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村

[2012/12/01 17:14] | 未分類
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。