庭作りの様子や、バラをはじめ、宿根草や野菜等、植物たちの成長、また、のんびりした田舎生活の楽しみを、ご紹介させていただきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年12月末、土替えをした鉢バラを全部土に埋めました。
寒い冬を乗り越えるために、暖かい土の中で冬眠してもらうのです。
根を半分ほど切っているので、防寒は必需です。
本来なら、寒冷地での土替えは、春にやる作業ですが、なんといっても数が多いので、冬にやっておかないと間に合わないのです。


掘る前


昨日、地面に埋めたバラ鉢を全部掘り起こしました。
この作業をやっていると、いよいよシーズンインだ!とワクワク。


でも、この作業は私一人ではできません。
毎年ダンナに手伝ってもらいます。
ユンボで土を掘り起こすのです。ありがたいです。


ユンボ



ユンボで土を掘ると、わらがたくさん出てきます。
鉢を埋める際には、わらやバーク堆肥等を穴の底にたくさん投入します。
土が強粘土のため、水はけが悪いので、底にわら等敷いて、水はけを良くするためです。
出てきたわらは、堆肥にします。


鉢を掘り上げた穴です。
こんな感じでわらが入っています。
このわら、湿って少し腐食して、なんか、海藻のような海のような匂いがしました。
ダンナに、「海の匂いするよね?」と言うと、「しらね~。」と言われてしまいました。


鉢を出した後




ダンナのお陰で、2時間ほどで、春一番の大作業、すべての鉢の掘り出しが完了しました。


掘り出し株1


掘り出し後2


この株たちのこれからの成長が楽しみです。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。
スポンサーサイト

[2012/03/31 09:27] | 未分類
トラックバック:(0) |


CIMG7122.jpg

CIMG7124.jpg

CIMG7133.jpg

CIMG7139.jpg

CIMG7195.jpg

CIMG7207.jpg

CIMG7208.jpg

CIMG7210.jpg

CIMG7214.jpg

CIMG7219.jpg

CIMG7220.jpg

CIMG7227.jpg

CIMG7229.jpg

CIMG7238.jpg

CIMG7241.jpg

CIMG7244.jpg

CIMG7246.jpg

CIMG7247.jpg

CIMG7252.jpg

CIMG7254.jpg

CIMG7256.jpg

CIMG7257.jpg



CIMG7264.jpg

CIMG7267.jpg

CIMG7271.jpg

CIMG7286.jpg

CIMG7292.jpg

CIMG7308.jpg

CIMG7309.jpg

CIMG7316.jpg

CIMG7319.jpg

CIMG7321.jpg

CIMG7263.jpg

CIMG7324.jpg

CIMG7330.jpg

CIMG7331.jpg

CIMG7335.jpg

CIMG7337.jpg

CIMG7338.jpg

CIMG7342.jpg

CIMG7344.jpg

CIMG7346.jpg

CIMG7350.jpg

CIMG7921.jpg

CIMG7927.jpg

CIMG7930.jpg

CIMG7932.jpg

CIMG7934.jpg

CIMG7935.jpg

CIMG7940.jpg

CIMG7941.jpg

CIMG7959.jpg

CIMG7963.jpg

CIMG7965.jpg

CIMG7970.jpg

CIMG7972.jpg

CIMG7982.jpg

CIMG7984.jpg

CIMG7987.jpg

CIMG7989.jpg

CIMG7990.jpg

CIMG7993.jpg

CIMG7996.jpg

CIMG8001.jpg

CIMG8002.jpg

CIMG8007.jpg

CIMG7991.jpg

CIMG8009.jpg

CIMG8013.jpg

CIMG8016.jpg

CIMG8019.jpg

CIMG8022.jpg

CIMG8024.jpg

CIMG8025.jpg

CIMG8028.jpg

CIMG8080.jpg

CIMG8031.jpg

CIMG8032.jpg

CIMG8033.jpg

CIMG8035.jpg

CIMG8037.jpg

CIMG8041.jpg

CIMG8074.jpg

CIMG8079.jpg

CIMG8080.jpg

CIMG8082.jpg

CIMG8088.jpg

CIMG8089.jpg

CIMG8093.jpg

CIMG8097.jpg

CIMG8085.jpg

CIMG8100.jpg

CIMG8101.jpg

CIMG8104.jpg

CIMG8105.jpg

CIMG8106.jpg

CIMG8109.jpg

CIMG8118.jpg

CIMG8119.jpg

CIMG8122.jpg

CIMG8124.jpg

CIMG8128.jpg

CIMG8131.jpg

CIMG8133.jpg

CIMG8135.jpg

CIMG8137.jpg

CIMG8139.jpg

CIMG8140.jpg

CIMG8144.jpg

CIMG8150.jpg

CIMG8153.jpg

CIMG8153.jpg

CIMG8154.jpg

CIMG8159.jpg

CIMG8145.jpg

CIMG8162.jpg

CIMG8165.jpg

CIMG8166.jpg

CIMG8168.jpg

CIMG8171.jpg

CIMG8172.jpg

CIMG8174.jpg

CIMG8178.jpg

CIMG8179.jpg

CIMG8181.jpg

CIMG8182.jpg

CIMG8186.jpg

CIMG8188.jpg


CIMG8190.jpg

CIMG8192.jpg

CIMG8183.jpg

CIMG8194.jpg

CIMG8197.jpg

CIMG8200.jpg

CIMG8201.jpg

CIMG8203.jpg

CIMG8205.jpg

CIMG8210.jpg

CIMG8214.jpg

CIMG8220.jpg

CIMG8221.jpg

CIMG8224.jpg

CIMG8229.jpg

CIMG8230.jpg

CIMG8232.jpg

CIMG8237.jpg

CIMG8239.jpg

CIMG8351.jpg

CIMG8379.jpg

CIMG8501.jpg

IMG_3040.jpg

IMG_3080.jpg

IMG_3253.jpg

IMG_3257.jpg

IMG_3270.jpg

IMG_3299.jpg

IMG_3307.jpg

IMG_3340.jpg

IMG_3343.jpg

IMG_3345.jpg

IMG_3350.jpg

IMG_3351.jpg

IMG_3358.jpg

IMG_3368.jpg

IMG_3370.jpg

IMG_3377.jpg

IMG_3379.jpg

IMG_3380.jpg

IMG_3392.jpg

IMG_3398.jpg

IMG_3464.jpg

IMG_3465.jpg

IMG_3466.jpg

IMG_3468.jpg

IMG_3470.jpg

IMG_3474.jpg

IMG_3478.jpg

IMG_3483.jpg

IMG_3487.jpg

IMG_3496.jpg

IMG_3498.jpg

IMG_3502.jpg

IMG_3650.jpg

IMG_3651.jpg

IMG_3941.jpg

IMG_3969.jpg

IMG_3970.jpg

IMG_3972.jpg

IMG_3975.jpg

IMG_3978.jpg

IMG_3989.jpg

IMG_3998.jpg

IMG_4020.jpg

IMG_4049.jpg

IMG_4069.jpg

IMG_4070.jpg

IMG_4075.jpg

IMG_4085.jpg

P1010349.jpg

P1010358.jpg

P1010364.jpg

P1010365.jpg

P1010494.jpg

P1010527.jpg

P1030912.jpg


CIMG7068.jpg

CIMG7070.jpg

CIMG7085.jpg

CIMG7086.jpg

CIMG7087.jpg

CIMG7089.jpg

CIMG7091.jpg

[2012/03/31 00:01] | 未分類
トラックバック:(0) |


つくしんぼ
お花がいっぱいですね(´▽`*)
青い花が多い気がするのも個人的にうふふだし、おうちの外観も素敵♪
クレマチスもこれからいっぱい咲くんですね(^^)
旦那さまがお手伝いしてくれるのが羨ましいです~ってユンボってすごい(笑)
これからもこっそりブログ楽しみにしてます♪

暖かくなりましたね。
なつさら
つくしんぼさん、こんにちは
昨年、たくさんお花が咲いてくれました。
褒めてくださって、ありがとうございます。
今年も心待ちにしています。
青い花、私も大好きです。
クレマチスも大好きな花です。
そんなに手がかからないのに、いっぱい咲いてくれます。
ユンボは、うちの一番の働き手です。
コレがなければ、お手上げです。
一番小さい、「家庭用?」です。
ダンナも嫌な顔ひとつせず手伝ってくれるのが、本当にありがたいです。
覗いてくださって、ありがとうございます。



> お花がいっぱいですね(´▽`*)
> 青い花が多い気がするのも個人的にうふふだし、おうちの外観も素敵♪
> クレマチスもこれからいっぱい咲くんですね(^^)
> 旦那さまがお手伝いしてくれるのが羨ましいです~ってユンボってすごい(笑)
> これからもこっそりブログ楽しみにしてます♪


コメント:を閉じる▲
CIMG7278.jpg

CIMG7282.jpg

CIMG7283.jpg

CIMG7295.jpg

CIMG7296.jpg

CIMG7303.jpg

CIMG7349.jpg

CIMG7361.jpg

CIMG7367.jpg

CIMG7371.jpg

CIMG7376.jpg

CIMG7377.jpg

CIMG7378.jpg

CIMG7381.jpg

CIMG7385.jpg

CIMG7387.jpg

CIMG7391.jpg

CIMG7394.jpg

CIMG7924.jpg

CIMG7932.jpg

CIMG7943.jpg

CIMG7944.jpg

CIMG7946.jpg

CIMG7950.jpg

CIMG7954.jpg

CIMG7955.jpg

CIMG7957.jpg

CIMG7967.jpg

CIMG7974.jpg

CIMG7976.jpg

CIMG8010.jpg

CIMG8026.jpg

CIMG8036.jpg

CIMG8042.jpg

CIMG8203.jpg

CIMG8213.jpg

CIMG8212.jpg

CIMG8218.jpg

CIMG8234.jpg

CIMG8239.jpg

CIMG8332.jpg

CIMG8347.jpg

CIMG8356.jpg

CIMG8359.jpg

CIMG8362.jpg

CIMG8365.jpg

CIMG8370.jpg

CIMG8374.jpg

CIMG8381.jpg

CIMG8382.jpg

CIMG8389.jpg

CIMG8392.jpg

CIMG8395.jpg

CIMG8399.jpg

CIMG8400.jpg

CIMG8402.jpg

CIMG8405.jpg

CIMG8406.jpg

CIMG8407.jpg

CIMG8411.jpg

CIMG8413.jpg

CIMG8414.jpg

CIMG8415.jpg

CIMG8416.jpg

CIMG8419.jpg

CIMG8462.jpg

CIMG8421.jpg

CIMG8422.jpg

CIMG8424.jpg

CIMG8425.jpg

CIMG8430.jpg

CIMG8432.jpg

CIMG8447.jpg

CIMG8448.jpg

CIMG8450.jpg


CIMG8460.jpg

CIMG8462.jpg

CIMG8466.jpg

CIMG8469.jpg

CIMG8474.jpg

CIMG8476.jpg

CIMG8487.jpg

CIMG8490.jpg

CIMG8492.jpg

CIMG8493.jpg

CIMG8496.jpg

CIMG8499.jpg

CIMG8500.jpg

IMG_3038.jpg

IMG_3054.jpg

IMG_3067.jpg

IMG_3069.jpg

IMG_3243.jpg

IMG_3248.jpg

IMG_3255.jpg

IMG_3256.jpg

IMG_3297.jpg

IMG_3298.jpg

IMG_3302.jpg

IMG_3303.jpg

IMG_3305.jpg

IMG_3306.jpg

IMG_3308.jpg

IMG_3311.jpg

IMG_3313.jpg

IMG_3315.jpg

IMG_3318.jpg

IMG_3322.jpg

IMG_3326.jpg

IMG_3365.jpg

IMG_3380.jpg

IMG_3384.jpg

IMG_3957.jpg

IMG_4004.jpg

IMG_4006.jpg

IMG_4009.jpg

IMG_4015.jpg

IMG_4017.jpg

IMG_4018.jpg

IMG_4024.jpg

IMG_4030.jpg

IMG_4036.jpg

IMG_4042.jpg

IMG_4045.jpg

IMG_4061.jpg

IMG_4082.jpg

IMG_4083.jpg

P1010495.jpg

P1010504.jpg

P1010510.jpg

P1010522.jpg

P1010523.jpg

P1010531.jpg

IMG_4060.jpg

[2012/03/30 22:25] | 未分類
トラックバック:(0) |
昨日、喜び勇んで、ブルーベル!とご紹介してしまいましたが・・・・・

ブルーベルって白花ってあったっけ?

こんなに草丈短いんだっけ?

あれ?

そして、閃きました。「シラーシベリカ!」


シラーあお


シラー・シベリカ 白花



シラー白




この花をブルーベルとして見ていただいた皆さん、申し訳ありません。
なんでこんなに、自信を持って間違えたのか?
私の憧れのガーデナー、ポールスミザーさんは、春になると森にイングリッシュ・ブルーベルが一面に茂る風景が大好きだと、ガーデン誌に寄せていました。
それがそのまま、自分の中の憧れの風景として、心に残っていたからかもしれません。
ブルーベルもいろいろあります。
イングリッシュ・ブルーベルは、スパニッシュ・ブルーベルに押され、かなり数が減っているとありました。




バラのお話です。


今日の暖かさのせいか、バラの芽が少し動いて来ました。
しっかりした、赤い芽です。


バラの芽





庭のバラはやっと芽吹いていたところなのに、コレは葉がすでにフサフサです。
ティーローズのファウンドローズで、「エンジェルス・キャンプティ-」といいます。
愛称エンジェルちゃん
実は、ご近所のナーセリーさんが、サービスして下さいました。



キャンプティー



このナーセリーさんは、挿し木で苗を作っています。
普通接木するところが多いのに、きっとスゴイ技術があるんですね。
四季咲きのオールドローズ、主にはティーローズ、そして初期のハイブリッドティーのラインナップがたくさんです。
微妙な色合いと、繊細に咲く花が大好きな私にとって、貴重なショップなのです。


1月に、つるバラ誘引用の革グローブを買いに、ナーセリーさんを伺った所、バラ苗のセールをやっていると聞いてしまいました・・・・

「ちょっと見せて下さい!」

と元気そうなオジェ様(マダム・ピエール・オジェ)を迎えることになりました。

マダム・ピエール・オジェです。
元気な苗です。

オジェ様





グローブを3足いただいた後、「この中から好きなの持って行きな。」と少し小ぶりな苗の前に案内されました。
ワクワクドキドキ・・・
四季咲き、白系、ブッシュという私のリクエストに、
「これはどう?」とエンジェルス・キャンプティ-を紹介して下さいました。
貴重なファウンド!
花は、HPで見て知っていましたし、また、ファウンドローズってのが、ミステリアスでいい感じ。
喜んで連れて帰りました。


ファウンドローズとは?(ナーセリーさんHP抜粋です)

ファウンドローズとは「迷子のバラ」という訳です。
具体的には系統では判明していても、正式の品種名が不明になってしまって現在に至っているバラの総称です。
オールドローズの中ではやはり抜きん出てティーローズに多く、幻の薔薇の由縁です。
尚、現在便宜上に付けられている名称は再発見地や発見者の名前に由来しています。


わくわくドキドキして2つの苗をお迎えしたのは良いのだけれど・・・・
ベストの置き場所は、無加温の部屋の中だそうで・・・・
うちにはそんな場所はありません。
そこで、夜は玄関に入れ、昼は軒下へ出す、を繰り返していました。
ところが、泊まりで出かけ+雪の日等で、3日ぐらい家の中に入れっぱなしになった時、なんと芽吹いてきてしまいました。
「まだ1月なのに~」
温度計と天気等見ながら、それでも日中は外に出していた所、エンジェルちゃんが、少し枝枯れてきました。
ティーローズは、ただでさえ寒さに弱く、しかも幼苗。
「君は家の中の日当たりに移動だ!」

オジェ様は、さすがに寒さにはお強いようで、外でも枝枯れせず耐えている様子。
昨日は、4月中旬の陽気だったらしく春本番の暖かさ。
久しぶりに直射日光の下に出しました。
うどんこも少し出てきたりしましたが、早めの手当で乗り切っています。

オジェ様は、庭に植えつけても大丈夫かな、と思いますが、エンジェルちゃんは、後一年は、鉢で大事に育てようと思います。
まだ幼苗なので、春から丈夫に育てて、花を咲かせるのは秋にしたいと思います。
バタバタと楽しんでおります。
ありがとうございます。



今日もいい日だ。

ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村






[2012/03/30 13:28] | 未分類
トラックバック:(0) |
まだ、本格的な春は、もう少し先の信州の庭ですが、この庭に、小さな春が届きました。



ブルーベル
一昨年、初めて球根を植え付けました。
植えっぱなしでもokのこの球根は、信州に春一番を届けてくれます。


ブルーベル青



白花のブルーベル
蕾んでいます。


ブルーベル白




寒い時期から頑張ってくれているクリスマスローズ
ルーセブラックは、南の軒下で、全開で咲き誇ります。


クリロー 黒



ダブルのスポットも咲き始めました。
去年、浅間山の方で購入した株です。 
嬉しい!!


クリロースポット



この株も、去年購入した株です。
咲いてくれました。
嬉しいです。


クリローピコティ



北側の大株です。
蕾が膨らんできました。
まもなく開花です。


北側クリロー白



東側つるバラの下のピンクがかったクリスマスローズ。
開き始めています。


クリローピンク



雑草も、さっそうと出始めています。

早めに見つけ、早めに対処したい雑草のナンバー2
タンポポです。
途中で切れてしまいましたが、こんなに根がしっかりとしています。
ちなみにナンバー1は、スギナです。
地下ネットワークの強烈さは、堂々のナンバー1です。


タンポポ



道路に隣接している北側です。
今の家に引っ越す前に、住んでいた貸家の、お隣さんからいただいたカモミールが、こぼれ種でどんどん増えています。
カモミールを抜かないように、雑草を抜くのが結構難しい。
抜けてしまった株は、元通り土に押し込めます。
カモミールの他に、ガンガン増える派の面々がそれぞれ自分を主張しています。
ワイルドストロベリーや、グレコマ、矢車草、フウロソウの仲間等も顔を出しています。
土の手入れを一切していない、強粘土で日がほとんど当たらないこの場所。
スゴイです。


草取り2



この場所は、道に接しているため、ワンコさんもたくさん通ります。
間違ってワンコが口にしても、カモミールなら大丈夫です。
たまにワンコさんの落し物が・・・・
正確には、ワンコの飼い主さんの落し物なのですが・・・
お隣のお宅は、「犬のフンさせないでください。」と看板を出しています。
飼い主さんのモラルが上がるといいなぁと思います。

私も人事ではありません。
この場所は、道路に隣接していることを忘れてはいけません。
花が好きだからといって、通行の邪魔になってしまってはいけません。
自重したいと思います。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。

ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。ありがとうございます。
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村


[2012/03/28 16:52] | 未分類
トラックバック:(0) |
お~、今日もあったか~い。
庭で遊ぼう!!


私は生ゴミで堆肥を作っています。
きっと、ご自分で作られる方も多いのでしょうね。
春から秋の間は、私は段ボール箱で生ゴミ堆肥を作ります。


ダンボール箱の下に、更に一枚ダンボールをひき底を厚くします。
フタも用意します。
ダンボールの中に、大体ピートモス6割、くん炭4割、米ぬか適量を投入してよく混ぜます。
よく水を切った生ゴミを投入し、よく混ぜます。
水切りが悪いと、堆肥になりにくいのと、底に穴が空くことがあります。
(ちなみに私は今まで何度も穴空けました。)
発熱していたら、分解しているということです。
元気がなくなってきたら、米ぬかや、古油を入れるとまた元気に発熱します。
毎日生ゴミを入れたら混ぜ、約1ヶ月または、満タンになったら、内容物を一ヶ月間土に埋めます。
全部埋めず、一部を残し次回に使います。
土に埋めた一ヶ月後には、完熟しますので、花壇や畑に使えます。



晩秋、最後に生ゴミを投入後、久しぶりにダンボール堆肥のフタを開けてみました。
「分解は、途中で止まってます」、って感じでした。
とりあえず、よく混ぜてまたフタをしました。
土に埋めても良いのですが、とりあえず手間なので、再び分解が再開するまでは、このままです。


ダンボール堆肥




さて・・・

冬はダンボールで堆肥はできません。
外はマイナスの気温になるので、毎日生ゴミを投入しても、とてもとても堆肥にはなりません。

去年は、庭の未開拓部分に、ユンボで30センチぐらいの深さの溝を掘ってもらい、毎日そこへ生ゴミを投入し、土をかぶせてみました。
(うちの庭は、強粘土なので、未開拓地は、クワやミツマタでは刃が立ちません。
ユンボじゃないと、掘れないのです。)
忘れた頃、多分夏前頃、そういえばと思いだし、掘り出すと、立派な堆肥になっていました。


今年は、考えました。
畑の空いている場所で、直に堆肥を作ってしまおう!
その方が、ユンボで穴を掘ってもらう手間と、堆肥を運び出す手間が省ける!
そして、12月から昨日までは、畑にクワで溝を掘り、生ゴミを投入していました。

ただ、問題なのは・・・
5月中旬に、夏野菜の植え付けを始めますが、ソレまでに完熟になっていないとまずいです。
土の中で、少しは分解しているようですが・・・
分解促進のため、米ぬかの登場です。
パラパラ~っと撒いて、生ゴミによく絡めます。
そして、土をかけ戻しておきました。
土の中からは、ミミズが何匹も出てきました。
いい感じです。


畑の生ゴミ



万が一、植え付けまでに分解していなかったら・・・・
その時は、生ゴミを掘り出して、違う場所に埋めよう・・・・
逆に手間かも・・・
まあ、ものは試しに、いろいろとやってみよう!


さて、問題なのは今日からの生ゴミです。
まだ、ダンボールは使えないし、畑に直に埋めても、今からの物は未完熟になってしまうかもしれない。
未開拓地にユンボで溝を掘ってもらうのも大変なので、穴を掘らずにそのまま地面に撒きました。
そして、残しておいたバラの鉢替えの後土を生ゴミにまぶし、その後、上から被せました。
ダンボールが復活するまでは、これでいこう!
生ゴミ堆肥、一件落着。






「もうじき畑の植えつけだ~」とワクワクの私。
そうだ、液肥も早めに作っておこう!
バッチリ良く育つ・・・しかし匂いがものすごい・・・
ちょっと微妙ですが、野菜づくりの本に載っていた、この液肥の作り方をご紹介します。

準備品  2リットルのペットボトル、粉末の油粕、(骨粉)ジョウゴ、土入れ
(骨粉を入れるのは、私のオリジナルです。リンが入ると花がよく咲くかな?と思ったもので・・・)


液肥 1



油粕と骨粉は適当に混ぜ、ジョウゴを使い、ペットボトルへ入れていきます。
入れる分量は、ペットボトルの約10分の1です。
じょうごが見つからず、厚紙を丸めてガムテープで止め、即席のジョウゴを作りました。
コレで十分でした。


液肥2



最後に水を入れます。
キャップは、しても良いですが、ゆるくしないと発酵中に爆発する場合があります。
ご注意を!

ここまでやった後、私は重大なことに気がついてしまいました。
夜は、マイナスの気温になるというのをすっかり忘れていました。
発酵どころか、凍ってしまうという・・・・・・
とりあえず、このまま倉庫の中で様子を見ます。


液肥3


液が茶色くなり、ものすごい匂いがしたら、発酵終了で使えます。
まるで、う◯このような、香しさです。
うっかり、まともに嗅ごうものなら、大変なことになります。
使う時は、漉して水で10倍に薄めます。
本には、漉すと書いてあったのですが、私は漉しません。
手間だからです。
出てきた油粕は、土に埋めてしまいます。
発酵後なので、問題ないと思います。


こうやって、書いてみると、堆肥も、液肥も、ずいぶんとものぐさしていることが改めてわかりました。
イヤイヤ、手を抜けるとことは上手に抜く。
メリハリだよね~。
なんちゃって。
さあ、生ゴミ堆肥と液肥を作って、まもなく来る本シーズンを待ちましょう!
ありがとうございます。


今日もいい日だ。

[2012/03/27 21:50] | 未分類
トラックバック:(0) |
今朝は雪が舞い、霜柱はザクザク。
いつになったら、本格的な春がやってくるのだろう・・・

なんて思っていると、お昼近くになると暖かくなってきました。
薄手のジャンパー一枚で十分です。



庭に出よう!
久しぶりに庭へ。


まず、元気な野菜に施肥です。

にんにくに、肥料をやります。
寒さで、葉の先が少し枯れましたが、根元の方は、いきいきしています。
にんにくは、肥料好きだと聞きました。
浅く溝を掘って、肥料をまき、土を被せます。
今回の肥料は、油粕、骨粉、米ぬか、くん炭のブレンドです。
米ぬか、くん炭で、土を元気にします。


にんにく



にらです。
元気に頭を出してきました。
パラパラと施肥をして、土と混ぜ合わせます。


にら



ワケギです。
元気な緑色です。
施肥パワーで、ますます元気にな~れ。
今年度、初めて収穫もしました。


わけぎ



いちごです。
寒さで大分葉が枯れましたが、中心からは新しい葉が出てきました。
生きててくれてる~。
枯葉を取り、施肥後、わらを敷きました。

実はこの鉢で、はすを育てていましたが、昨年寒さのため、底が抜けました。
上部は、何事もなかったので、この底抜け鉢を畑に置き、いちごを植えてみました。
長野に引っ越して以来、テラコッタの鉢が、かなり割れてしまいました。
お気に入りの鉢が割れるのは悲しい・・・・・
割れたテラコッタ・・・ちょっともったいなくて、捨てられずにいます。
何かに使えないか思案中です。
テラコッタ・・・・・長野では買えません。


いちご



土の中に、わらに包まれ、何かが隠れています。


にんじん堀



秋に収穫し、保存した人参です。
わらに包んだのが暖かかったのか、白い根まで出ています。


にんじん




さて、今日の作業のメインイベント!
12月に、バラを地面に埋めた時、ユンボで掘り上げてもらった土の山。
この土の中から、石を拾います。
少し前までガチガチに凍りついていた土も、今はクワガラで楽におこせます。
一つのバケツは石を、もう一つのバケツにはガラを入れます。
そして、バラを掘り上げた後、この土を入れ、堆肥や畑の土、籾殻等入れて、花壇にする予定です。


石拾い



ラズベリー(右)の横、この場所が、石捨場です。
隣は、砂利組合さんの駐車場です。
ここに、1年分の石を積み上げます。
黒く見える石が、今日拾った石です。
今日は、一輪車2台分の石を拾いました。
まだまだ拾うぞ~


石の山



3年前に作り始めたうちの庭は、まだまだ土壌改良中です。
大きな石や、小石、ガラがたくさん埋まっています。
強粘土質の土は、雨が降ると水が引かず、ぐっちゃりです。
少しずつ、少しずつ、石を拾い、堆肥や良い土を混ぜ、畑や花壇にしてきました。
年末には、1年分の石を、ご近所の建材屋さんに頼み、4トントラックで引き上げてもらっています。
石の他、ガラもたくさん出てきます。
10年~20年計画で、ゆっくりやっていこうと思っています。


石拾いや草取りもそうですが、私はそうゆう、もくもくとやり続ける庭遊びも大好きです。
頭が空っぽになる時間なのです。
いつも空っぽって!!
きっと、頭の中が、座禅をしている時のような状況なのだと思います。
気分がいいのです。
そして、ふっと頭を上げて、腰を伸ばし、あそこに何を植えよう?あの作業はいつやろう?って楽しい思いを巡らせます。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。




[2012/03/26 21:36] | 未分類
トラックバック:(0) |
3/22,23と家族で南信州を旅行してきました。


23日は、全国的に雨。
冷たい雨が落ちています。
きっと、しっとりと落ち着いた宿場町が見られそう!!
と期待が高まります。



ゆっくりと旅館を出て、妻籠宿へ向かいます。


妻籠宿



妻籠は、中山道の42番目の宿場です。
約800メートルにわたり、昔の街並みが残っています。
江戸時代の旅の移動手段は、もっぱら自分の足。
この時代の旅人は、一日に約40キロも歩いたのだそう。


家並み2



ダンナと次男が傘を並べて歩いて行きます。


妻籠宿を歩く



家並み3



古い建物をバックに梅が咲いていました。


梅



梅2


 
伝統工芸品がたくさん売られていました。


工芸品1



細かい細工が美しいです。


工芸品2



妻籠宿で買った、曲げ物のそばちょこです。
家で大事に使おうと思います。


そばちょこ




霧で山が煙っています。


家並み3



妻籠郵便局です。
ここは、郵便史料館も兼ねていて、歴代のポストの模型等見ることができます。
郵便局としても、ちゃんと機能しています。


郵便局




妻籠宿を後にして、道の駅 木曽路館へ向かいます。
ここでは、木曽ひのきを使って、箸づくりを体験できます。
そば打ちの体験もやっていました。
この型を使ってお箸を作ります。


箸つくり2



まず1の型にひのきの木片を入れ、かんなでかすが出なくなるまで削っていきます。
おおまかな、お箸の形になります。
そして2の型に入れ、かんなで削り、完全なお箸の形に整形します。
角を落として出来上がりです。


箸つくり


かんなで削った「削りかす」ですが、これもちゃんと役に立ちます。
不織布に入れて、お土産です。
売店では、200円で売られていました。
お風呂に入れて、香りを楽しんだり、防虫剤として、タンスに入れることができます。

辺りには、ひのきの香りが立ち込めます。
お箸をケースに入れ、完成です。
自分だけのオリジナルお箸の出来上がりです。
本当に簡単に、そして立派なお箸ができて、子供たちも大喜びでした。
飯田名産の水引の箸置きもいただきました。


箸完成




木曽漆器を求め、道の駅 木曽ならかわ の木曽くらしの工芸館へ向かいました。
家で使う食器を買い、帰路につきました。


漆器のカレー皿とスプーンです。
どっしりと見えますが、木なので本当に軽いです。

このカレー皿は、地元の小学校の学校給食で使われているそうです。
こんな良いもので、給食がいただけるなんて、幸せな子供たちですね。
きっと給食を作っているおばさんたちは、この食器を手洗いし、ふきんで拭いたり、手をかけているのでしょうね。
子供たちは、この漆器を通して、地元の文化を大事にする心が育っていきますね。


カレー皿スプーン



菓子皿ですが、煮物等盛りつけても良さそうだなと思いました。
ライトの加減で黒っぽく見えますが、実は緑色です。


菓子入れ



おわんです。
大ぶりで、適度に重く、いい感じでした。
けやきの木目も綺麗です。


おわん


たくさん買いました。

漆器や木製品は、食洗機や電子レンジは使えません。
柔らかいスポンジで洗い、水気はすぐに拭き取るのが、美しく使うポイントだそうです。
きっと、10年前の私なら、使いたいと思わなかったと思います。
「めんどくさい!」って。

決して合理的ではないけれど、自分の美意識を持って、生活を楽しめたらいいなぁ、と今は思います。
いいものを大事に普段使いする、ってとっても贅沢で、嬉しいことだなって思います。
水気を拭き取るまでを、楽しみたいと思います。

昨日、食器棚の整理をしました。
使われていない食器がたくさん出てきました。
引越し後、一度も使われていないものを思い切って処分しました。
すっきりとした棚に、漆器が仲間入りです。


今度、南信州を旅する機会があったら、標高2600メートルの千畳敷カールへ高山植物を見に行きたいです。
御嶽山の自然湖でカヌーにも乗ってみたいし!
信州でも、まだまだ知らない場所がたくさんあります。
楽しみです。
ありがとうございます。



今日もいい日だ。

[2012/03/25 09:58] | 未分類
トラックバック:(0) |
なつさら、3/22,23と南信州へ家族旅行してまいりました。
その2をお届け致します。
伊那谷道中の続きです。



昔の生活用品、農耕具等の展示の脇に可愛らしい動物が!
わら細工の人形です。
ひつじはわらというよりタワシのようで、このままゴシゴシできそうな感じでした。


わら細工たわし?



コレは、水引細工です。
飯田は、日本一の水引の産地だそうです。
水引というと、お祝い用や御霊前の封筒についてる紅白や黒白の紐のやつ・・・・というイメージでしたが、いろんな色があるとともに、こんな綺麗な作品ができるのですね。
驚きでした。
1メートルはあろうかという、立派な龍の作品も置いてありました。


水引細工



水引の水仙は、満開でしたが、園内の水仙は、まだつぼんでいます。
暖かい日が続いたら、咲き出しそうですね。
うちの水仙はまだ芽を出し始めた所です。
南信州は、桜も県内で一番に咲く地域です。
信州の他の地区よりも、やはり暖かいのですね。


水仙



木々の芽吹きはまだですね。
新緑の黄緑色が待ち遠しい。
もうすぐもうすぐ


ブランコ



手作りの体験教室がたくさん開かれていました。
紙漉き、草木染め、陶芸、焼き物絵付け、まゆ玉人形作り、織物でコースター作り、木工、等

私は、二人の子供と一緒にろうそく作りをやってみました。
これが、材料になるろうです。
着色、型抜きされています。


ろう 種類



真ん中の芯がまっすぐになるように気をつけながら、材料のろうを紙コップに詰めていきます。
出来上がりは、逆さまになるので、模様が逆にならないように気をつけながら・・・・
模様は、コップの周りに出るので、それを考えながら・・・・
真ん中に詰めた、白いろうには、香りがついています。
ラベンダーとローズがあったので、私はローズでやってみました。


ろう詰



お姉さんが、温めて溶かしてあるろうを、カップに注いでくれます。
いっぱいになるまで入れます。
詰めたろうの隙間を溶けたろうがしっかりと埋めるように、少しトントンします。


ろう入れ



このまま一時間置いて、流し込んだろうを固めます。
さて、出来上がりが楽しみです。


一時間起きます



完成品です。
桜の花、花びらの形のろうをメインに、紫のキューブを入れてみました。
子供たちのは、カラフルで楽しいものができました。

この一連の作業をしながら、私は密かに考えていました。
「コレ家でもできるかも!」
クレヨンを溶かしてろうに色をつけたら、いいかな?
押し花をすき込むこともできるかも?
石鹸もそうだし、エッセンシャルオイルを垂らせは、香りつきにできるのかな?
今度、チャレンジしてみよう。楽しみ・・・フフフ・・・


完成



子供たちより、ダンナと私、大人の方がワクワクしたこの場所はどこでしょう。
駄菓子屋さんです。


駄菓子屋さん



「パイプチョコ」って言ってたコレは、チョコマドロスというのですね。
久しぶりに食べてみると、思ってた味とはかなり違ってました。
とにかく「あまい!!!」
子供の頃は、コレが本当においしくておいしくて、でしたが・・・
今は、無理かも・・・


ちょこマドラス



ブリキの金魚さんです。
こんなのも、懐かしい感じがしました。


金魚貯金箱



この日の締めは、足湯です。
冷えた体がぽかぽかと温まります。
ほっとしながらも、次男の動きに、目が離せません!
ベチャベチャになる可能性の一番高い人なので・・・
「まだここで濡れるんじゃないよ。」


足湯



昼神温泉の温泉旅館に泊まりました。


ホテル



部屋に着くなり、買い込んだ駄菓子の食べ比べです。
その後は、卓球をやりに行ってきました。
子供たちは、サンタさんにもらったマイラケットを持って、大張り切りでした。

卓球で汗をかいた後は、温泉です。
温泉は、4種の内湯と7種の露天風呂を楽しみました。
その後、8種類ある足湯にもつかってきました。
お湯がとろっとして、気持良かったです。
バイキングの夕食と、生ビール2杯で、私の幸せな一日が終了しました。
至福のひとときをありがとう



今日もいい日だ。

[2012/03/24 11:12] | 未分類
トラックバック:(0) |
3/22,23と、家族で南信州旅行に行って来ました。
南信州へ行ったのは、初めてでとても楽しみにしていました。



長野県は、北信、中信、東信、南信と大きく4つのブロックに分かれています。
私の住む上田は、東信です。
長野市等を含む北信や、松本市のある中信は、上田から大体30分~40分ぐらいで行けるので、割りと近い場所です。
しかし南信は、高速を使っても、家から2時間~3時間と、とても遠い場所です。
家から東京へ行くのと大体同じ時間がかかるのです。
県内、まだ知らない場所がたくさんあって、今回、行くことができて良かったです。



車窓からの景色です。
山にはまだ雪が沢山残っています。

CIMG8836.jpg



松本か、安曇野付近の景色です。
アルプスの山々は、すっかり雪を被っています。


雪山2



初日の目的地、飯田市の伊那谷道中に到着です。


伊那谷道中看板


伊那谷道中の入り口です。
しめ縄にわらぶき屋根です。
私の家族、ダンナと二人の子供たちです。

伊那谷道中入り口


昭和館には、昔のお雛様が飾られていました。
他、昔の生活に使われていたもの、「昔のトイレ」も見てきました。


お雛様



信州は、かつて養蚕が盛んでした。
お蚕さんのまゆです。


かいこまゆ



まゆからとった生糸(シルク)です


生糸



お蚕さんが、桑の葉を食べる様子です。
コレは、作り物のお蚕さんですが、私には懐かしい様子です。
私が子供の頃、ご近所でもお蚕さんを飼っていました。
蚕部屋に入ると、もしゃもしゃとひたすら桑を食べる音が聞こえます。
大きくなると、お蚕さんは、だんだん透明になっていきます。
透明になると、もうじきまゆを作リ始めるのです。
その様子も覚えています。


蚕さん



5回の脱皮を経て、大人になります。
繭になると、ソレをゆでて中のさなぎを殺すのです。
ソレを知った当時、すごくかわいそうだと思っていました。
お蚕さんのガは、真っ白で綺麗です。


かいこの一生



一枚の着物を作るのに、2700のお蚕さんの命が必要になるそうです。
う~ん なんとも言えません。
「おかいこさん」という言い方ですが、近所の方々は当時、みんなそう呼んでいたのです。
なので私も未だにお蚕さんと言います。
大事な生活の糧である、蚕に尊敬や感謝の気持ちを持ってそう呼んでいたのではないかと思いました。
私の住んでいる上田では、1月のどんど焼きは、「まゆ玉つくり」をします。
米粉で、まゆ玉の形を作って焼きます。
お蚕さんの文化が、今でもつながっているのですね。


まゆ2


まゆ玉人形です。

まゆ細工



ここでは、昔の遊びを無料でたくさん楽しむことができました。
デジタル化した現代ですが、ほっとするひとときです。
テレビゲーム大好きな家の子供達も、夢中で楽しんでいました。
これは輪投げです。


わなげ



ストラックアウト
子供たちは、野球をやっているせいか、特にハマりました。


ストラックアウト



竹馬に初挑戦です。
私もやってみましたが、できませんでした。
難しかったです。
他にも、コマやヨーヨー等で遊んできました。


竹馬



園内は、福寿草が満開でした。


福寿草



たくさん咲いていて、綺麗でした。


福寿草群生



続きはまたご紹介します。
ありがとうございます。


今日もいいひだ。

[2012/03/24 00:23] | 未分類
トラックバック:(0) |
3月16日に、小学校の卒業式がありました。
その直後に、離任式があり、転任される先生方の発表がありました。


2年生の次男は、来年度クラス替えがあり、担任の先生も変わります。
今までお世話になった、次男の担任の先生。
せめて、学校に残って今度3年生になる子供たちを見守って欲しいなぁ・・・
なんて思っていた所、転任の先生として紹介されました。


学校に行っても、教室には行かない次男に、担任の先生は毎日家に会いに来てくれました。
「元気か~顔見せろ~。」って。
ほぼ毎日です。
1年生の11月から、2年生終了まで、約17ヶ月間です。
次男は先生が来てくれるのを毎日楽しみにしていました。
忙しい中、週に一度、放課後の勉強会で、少人数の子供たちと関わる時間をとって下さいました。
少し他の子と価値観の違う次男を、本当に暖かく見守って下さいました。
長男にも、「先生って敵じゃないよ。」ということを教えてくださいました。
子供たちばかりでなく、私自身が何度も励まされました。
本当にありがたかったです。
感謝しています。


今日、次男を連れてお別れに行って来ました。
字を書くのが大嫌いな次男ですが、彼なりのお手紙を書きました。
私は、贈り物として、昨シーズンの庭の植物の写真でカレンダーを作りました。
そして、4年前、長野へ引越しした年に、家族全員で仕込んだ梅酒を用意しました。
次男の、手あかの味がするかもしれません。
照れて、まともに最後のお話も聞いていない次男でしたが、大きな声で、「ばいば~~~い。」が言えました。
さようならができて良かったです。




このボトルフラワーは、今まで学校に飾っていただいていたものです。
置き場所は、なんと正面玄関です。
「◯◯ ◯◯様 アレンジメント」などと、私の名前の表示まで付いているのです。
今日、最近作ったリースと、チェンジしてきました。


ボトルフラワー


アップ



庭に咲いたバラの花を束ねて、初めて学校へ持っていったのは、3年ほど前だったと思います。
学校へ行かない子供のノートを、毎朝事務室まで届けるついででした。
それを事務室の先生が、たいそう喜んで下さるのです。
それからは、春と秋のバラの季節にお花をお届けしていました。


今年度の春、私が別件で学校へ行くと、私の持っていった花が、校長室の前の廊下に飾られていました。
そして、私の名前が表示されています。
「げげっ!!そんなつもりじゃ!」
と慌てて事務室に駆け込みました。
「校長先生のご指示で。」と事務室の先生が、穏やかにおっしゃいました。


今年度、素敵な女性の校長先生に代わりました。
ちょっと緊張して、「スイマセン。お花は事務室に飾っていただけると・・・・」と新しい校長先生に恐る恐る声をかけました。
「あら~、本当に素敵なので飾らせていただいてます。お名前のプレートは、教頭先生が、一生懸命作ってくださいました。」
満面の笑みで、そう言われてしまうと、私としては、「そうですか。」としか言葉が出ません。
「また、お願いしますね。」と言われると、元気に「分かりました!」と答えてしまう自分。
全く、指導されてる小学生と一緒だ、と後で笑ってしまいました。


そんなことがあってから、私は毎週学校へ庭のお花を摘んでいくようになりました。
他の先生に「ありがとうございます。」と声をかけていただいたり、「児童が、図工で描かせていただきました。」などの声を聞くようになりました。
「役に立ってるんだぁ。」と思うとますます嬉しくてたまりません。
毎週お花を届けるのが、私の楽しみの一つとなりました。
ある日、校長室の前だったお花の場所が、正面玄関に移っていました。
こりゃまたプレッシャーだわ、と思いながらも楽しんでいます。


冬になり、完全に庭に花がなくなった今は、ドライフラワーの出番です。
そんな訳で、今日、新年度用の新しいドライフラワーを飾りつけてきました。
早くお庭のお花をお届けしたいです。
ありがとうございます。



今日もいい日だ。













[2012/03/21 18:07] | 未分類
トラックバック:(0) |
今日は、12月に埋めたバラの鉢を掘り出す予定でした。
しかし、春分の日だというのに、メッチャ寒い!
早朝の庭は、霜が降り、霜柱がザクザク立っていました。
最低気温は、マイナス4度。
これで掘り起こしたら、バラが風邪をひくかもしれない・・・・・
と思い直し、今日は見送ることにしました。



昼間は、とても暖かで、気温は10度ぐらいになっていました。
「暖かいなぁ!」
やっぱり掘リ出すべきだったか?・・・
しかし、埋めたバラは、すべて植え替えした際に、根をざっくりと切っているので、掘り起こしたら夜の寒さに耐えられないかも・・・・?
結局、今日は掘り出さずにいました。
焦らない、焦らない・・・




見上げると・・・




つるバラ、ブルーランブラーの枝ににサンキャッチャー
この場所は、玄関上です。
つるを、針金のみで誘引したので、枝が跳ね上がってしまいます。
そのため、つるを下に下げるための重りとして使っています。


サンキャッチャー



こちらは、海で拾った石に針金を巻いて、重りにしています。
一つでは足りず、2つの石を使いました。

石のおもり



白樺の木に、落花生のリースを吊るしました。
庭にやってくる小鳥たちのために作ったリースです。
もう大分前からあるのですが、誰も気ずいてくれません。
一度、位置も変えてみましたが・・・ダメでした。
ちょっと残念・・・・・


らっかせいリース




目線を下げると・・・・



ブロックの上に乗せたのは、天使の像。
実は、この場所はお墓なのです。
この下には、去年12月に、御年14歳で亡くなったラブラドール「なつ」と7年前に東京で亡くなったフラッティ「サラ」が眠っています。
大事な犬たちでした。
なつとサラで私は「なつさら」です。
もう少し暖かくなったら、ハード部門担当のダンナとレンガとモルタルで、天使の台を作ります。
12月に埋葬しましたが、その後、土が凍りついたので、春に作業をしようということになりました。
完成したら、周りにお花をたくさん植えたいと思います。


なつさら天使像



ラムズイヤーはモサモサで苦しげでした。
すぐに増えて広がっていきます。


ラムズイヤー剪定前



最初は、枯葉をむしっていましたが、それだけでは風が通らないので、剪定バサミを持って来ました。
もう少し切った方がいいかな?


剪定後



ラムズイヤーを剪定していると、なんと、土からカエルが出てきました。
寝てます。
ちょっと突っついてみました。
動きません。
完全に寝てます。
やさしく土をかけ、周りの堆肥をかけました。
やっぱりまだ寒いよね。
もう少しお休みだね。

この冬、庭の手入れの際、冬眠中のカエルを5匹ぐらい掘り出してしまいました。
私もびっくりしたけど、カエルたちはもっとビックリしたでしょうね。
そのうちの一回は、大きなトノサマガエルが出てきて、「ぎゃ~!」と一人で騒いでしまいました。
跳ね上がったトノサマガエルに急いで土をかけ、何事もなかったように、立ち去りました。


かえる



今日はその後、ラベンダーを半分に剪定して、重なり合い枯れた部分のセラスチウムをカットしました。
夢中で作業をしているうちに、あっという間に、5時近くになっていました。
かなり寒いということに気が付き、急いで家に入りました。

実は、最近耳の縁が赤く腫れてとてもかゆいのです。
ずっと「どうしたかな?アレルギー?」と思っていましたが、
今日、ひらめきました。
「もしかしてコレってしもやけ?」
しもやけなんて、子供の頃以来です。
なんか、自分がおかしくなって笑いました。


今日も庭に出られて良かった。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。

[2012/03/20 23:02] | 未分類
トラックバック:(0) |
春のお彼岸になりました。
明日は中日で、春分の日です。
ますます本格的な春になるのに加速つくのが嬉しいです。


昨日、お団子を作って、家族でお墓参りに行って来ました。
私のおばあちゃんのお墓と父のお墓の2箇所です。
父のお墓は、木が茫々で、おまけに枯れ葉で埋まっていました。
お墓参りに行く際、こんな状態なのは初めてでした。
きっと、いつも私の弟か、本家の方々が、お掃除をしてくださっていたのですね。
ありがたいことですね。


昨日は、お掃除用品を持って行かなかったので、今日、息子二人を連れて、お墓掃除に行って来ました。
「おやつを持って行こうか!午後の紅茶も持って行こうね!」
連れて行くにあたっては、おやつは必需品!
ダンナは、友人とツーリングです。
今朝は、気温が2,3度という極寒の中、バイクで出かけて行きました。


カメラを持っていくのを忘れたのを途中で思い出しました。
画像が一つもないけれど、仕方ない・・・・・
3時間かかって、3人で綺麗にしてきました。
帰り道では、信号に一つも引っかかりませんでした。
きっと、父が喜んでくれたのだと思います。
良かったです。




帰宅して、庭の様子を見てまわりました。



クリスマスローズ リビダス
芽が大分膨らんできました。

リビダス


梅の芽
今年咲けば、初めての花になります。
実もつくかな?!楽しみです。

梅


バラの芽は、ちょっぴり膨らんできました。

バラの芽


あじさい、墨田の花火 新芽です。
去年の枝は、毎年枯れてしまいますが、こうして新芽が出てきてくれます。
寒さに弱いようなので、南側の軒下に置いています。

あじさい


チャイブも新芽が出てきました。

チャイブ


待ってたチューリップの芽出しです。

チューリップ


こぼれ種のビオラも、ますます元気に育っています。

ビオラ


南側の軒下に置いてあるせいか、一足早く花ざかりです。

クリスマスローズ 黒



一日一日わくわくドキドキです。
明日は、冬眠させていたバラの鉢を掘り出そうと思っています。
去年は、新芽が展開してしまい、タイミングが遅すぎでした。
明日の作業が楽しみです。
ありがとうございます。



今日もいい日だ。

[2012/03/19 18:09] | 未分類
トラックバック:(0) |
前回、マルセイユ石鹸作りをご紹介しました。
今回は、オイルの種類、分量を自分で決めた、オリジナルなつさら石鹸です。
オリーブオイルの他に、肌に特別な特徴を持つオイルを入れてみました。
マルセイユ石鹸より、上質の石鹸になります。 なるだろう。 なるはず!?


今回使った5種の油のご紹介です。

オリーブオイル 280g    保湿力のある石鹸を作ります。

スイートアーモンドオイル 230g  保湿力を高めます。低めの粘度が、きめ細かい泡立ちを生みます。

ホホバオイル 90g      上質な保湿膜を作る油で、使用感を高め、苛性ソーダの分量が抑えられるため、マイルドな石鹸になります。

ココナッツオイル 200g   泡立ちを良くします。肌のために、油全体の20%以内に抑えます。

レッドパーム油 500g    溶け崩れの少ない硬い石鹸にします。
                  普通のパーム油に比べ、脱色精製していないのが、レッドパーム油で、傷や荒れ肌の修復を助ける効果があります。
                  綺麗な天然のオレンジ色です。


オリジナル石鹸 油種類



分量のオイルをボールに併せた所です。
透明なオレンジが綺麗です。

オリジナル石鹸油



苛性ソーダ(160g)と、水(556g)を混ぜ、かき混ぜた苛性ソーダ水です。
双方の温度を38~40度に合わせ、苛性ソーダ水を油に注ぎ、泡だて器で20分混ぜます。


苛性ソーダ水



苛性ソーダ水投入後です。
色がすでに透明でなくなっています。
苛性ソーダ水と反応して、石鹸になり始めています。

苛性ソーダ投入後



そして型入れですが、今回は、完全にタイミングが遅かったです。
固まりすぎです。
型入れは、混ぜあわせ終了後、約12時間後の予定でしたが、それより随分早く固まってしまいました。
でも、大丈夫。
スプーンを使って型に押し込みました。
このまま、1,2日もう少し固まらせ、手で丸めることもできます。
まん丸石鹸。


型入れ



白の石鹸を混ぜ、モザイクを一本作ります。


モザイク



無事に型入れ終了です。
フタをして、一日寝かせます。
モザイク石鹸1本と、混ぜ物なしのものを2本作りました。


型入れ終了



型入れ終了から2日が経ちました。
お楽しみの型出しです。


オリジナル型出し


型出しした石鹸を切り分けます。
モザイクは、こんな切り口になりました。


オリジナル切り分け



さて、このまま乾かして、出来上がりは1ヶ月後です。
どのような使用感に仕上がるでしょうか?楽しみです。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。
 

[2012/03/18 23:45] | 未分類
トラックバック:(0) |
今日は、子供の通う小学校の卒業式でした。
PTA副会長のダンナは、出席出来ない会長さんの代わりに来賓代表のあいさつをすることになってきました。
式辞用紙という、パタパタと折ってある、巻物のような長い用紙に、挨拶文を書いて持って行きましたが、用紙を見ることなく、全文暗記して卒業生のみなさまにお祝いの言葉を伝えました。
きっと、卒業生のみなさまに、思いが届いたと思います。
ダンナ本人は、ものすごくドキドキしていたと思いますが・・・・・


実は、私もちょっとドキドキしながら見てました。
毎日、うちの子供達は、私と同伴で学校へ行っているため、私もこの式を見ることが出来ました。
立派になった卒業生たちに感動して、泣けてしまいました。
うちの子供達は、2年生と5年生です。
後になって・・・・家には卒業生もいないのに、家族全員で卒業式に出ているのが、おかしくて笑いましたが。



来年は、またダンナが、今度はPTA会長としてあいさつをします。
その前に、4月には入学式のあいさつもあります。
ダンナは、楽しい一年になりそうだ!とわくわくしているようです。
なんか・・・・・すごいなぁと思います。




さて、一昨日、新しいリースを作りました。
バラ(イングリッシュローズ フォールスタッフ)をメインにバラボックリ、綿の実、ラベンダー、あやめ、シロタエギク、ニゲラ、フウチソウ、あじさい等使いました。
コレが完成品です。


完成



新聞紙を広げ花材を並べます。
リース台は、野ばらのつるの形を整え、針金で巻いてあります。
ガタつかないように、台を作ります。


リース花材



中心の花を、グルーガンで付けていきます。


中心の花



裏側は、こんな感じです。
真裏に花材が来ないように、調整しながら接着するのがコツです。


中心花 裏側



あじさいを小房に分け、接着していきます。
壊れない程度に、なるべく密接につけると綺麗です。

あじさい接着



だんだん完成に近づきます。
足りないところに、あじさいを足していきます。

あじさいくっつけ



完成リースの裏面。
最後にフウチソウをつけます。


完成 裏側




こんなのも作りました。
リース台に、杉の皮を麻紐でくくりつけました。
松ぼっくりや杉の実をつけ、ダリアと綿の実を添えました。
杉の皮、実、松ぼっくり松葉等は、近所の山で拾いました。
シンプルな里山のリースです。
山の香りが漂ってきそうです。


里山のリース



白バラのリース
前回、長男の顔リースをご紹介しましたが、その時一緒に作りました。
真ん中のペニセタムがアクセントです。


白バラのリース 小




次は、去年作ったあじさいのリースを作りなおそうと思っています。
直径60か70センチぐらいの超特大です。
秋色あじさいで作り、気に入っていましたが、1年以上経って完全に色が抜けてしましました。
今回は、たくさん収穫できたアナベルで作ってみたいと思ってます。
また、ご紹介させて頂きます。
ありがとうございます。


今日もいい日だ。

[2012/03/16 22:09] | 未分類
トラックバック:(0) |
ドライフラワーリース1 に続きまして、この冬に作ったドライリース2をご紹介させて頂きます。
リース台も、庭の恵みで手作りしました。



まずは、とうもろこしのリース
このコーンは、ポップコーン用の爆裂種という品種です。
長男にせがまれて、去年初めて畑で作ってみました。
学校の畑でポップコーンを育て、みんなで調理したのが楽しかったようです。
うちの畑は狭いので、10株ほどしか作れませんでしたので、残りは、母が作ってくれました。
大量に収穫でき、ご近所に配って回りました。

ポップコーンを作る担当は、長男です。
長男の作る熱々のポップコーンは、おいしいです。
出来上がった最後に塩をまぶすと、うまく絡まなくて、下にたまってしまいます。
そこで長男は、コーンを炒める際、油に塩を入れて作ってました。
上手に塩味が付きます。
子供ながらにスゴイなぁと驚きでした。

そして、唐辛子は、母が作ったものです。
毎年とうもろこしのおいしいところを食べに来る、ハクビシン避けにと大量に作っていました。
そして、綿の実、野ばらの実、はすの花托、等は私の庭で収穫しました。
ちょっと見づらいですが、シュロ縄で、炭の塊をつけました。
現在キッチンに飾ってあります。


とうもろこしリース



白バラのリース
この白バラは、コーンの皮で作りました。
やわらかいシフォンのような風合いで、なかなか面白いアイデアだと自画自賛。
その他の花材は、あじさい、野ばらの実、ラベンダー、シロタエギク、ニゲラ等
お世話になった方に、プレゼントさせて頂きました。


白バラリース




あじさいのリース
3箇所にポイントをおいて、その周りをあじさいで埋めました。
エキナセア、オレガノ、エキノプス、他、花材として使いました。
この作品は、オークションにて落札して頂きました。
ありがたいです。


あじさいリース



唐辛子のリース
これでもか!!唐辛子をふんだんに作ったリース。
鮮やかな色から、元気をもらえます。
唐辛子は、魔除けにもなるそうです。
玄関にかけてあります。
コレは、大きなリースですが、小さいものは、オークションで落札して頂きました。感謝。


唐辛子リース


シルバーリース
ちょっとわかりずらいですが、コレは楕円形です。
リース台を楕円にしてみました。
コニファーのブルーアイスを全体にあしらい、その上に白の数珠玉、ペニセタムのタネ(穂をほぐしたもの)、ワレモコウを被せました。
3箇所のポイントには、松ぼっくり、あじさい、シルバーにスプレーしたあじさい、シロタエギク、蓮の実等、使いました。
色彩を抑えて、シックな感じに仕上げました。
リビングに飾ってあります。


シルバーリース



長男の作品です。
一応、顔になっています。
ダリアの目、口は、とうもろこしの皮です。
とうもろこしの皮の白バラも、自分で作っていました。
いつも私が作っているのを横目で見ていましたが、どうやらグルーガンを使ってみたかったようです。
「また一緒に作ろうか?」と聞くと、「もういい。」と断られてしまいました。
彼は、工作の方が好きみたいです。


はるちゃんリース



実は、今日新しい作品を作りました。
また紹介させていただきます。


去年、始めてドライフラワーのリースを作ってみました。
今年は、たくさんできました。
どんな風に作っても、お花は、もうそれ自体で十分美しいです。
お花の少ない冬の時期に、大変楽しませて頂きました。
ありがとう。


今日もいい日だ。

[2012/03/15 01:51] | 未分類
トラックバック:(0) |
今日は、いいお天気でした。
雪もみるみる溶けていきます。

もう雑草も生え始めているし、ちょっと草取りでもしようと庭に出ました。
草は取りやすいのだけど、土がベタベタ。
うちの庭は、粘土土なので、ものすごいことになりました。
軍手も長靴もドロドロになった所で、早々に終了しました。
庭に出るのは、もう少し先になりそうです。



この冬に、私が庭の草花で作ったドライフラワーのリース等をご紹介させて頂きます。



「モミの木となんてんのリース」
真ん中に、長男の作ったどんぐりトトロがブランコに乗ってます。

実は、本当はこのリース、「モミの木と野ばらのリース」だったのです。
クリスマス用のリースとして作りました。

玄関先に飾ってあるのですが、最近、野ばらの赤い実が、消えました。
多分、ひよどりが食べてしまったのでしょう。
そんな訳で、食われずに残っていた、お正月から頑張っている、なんてんの実をあしらってみました。


なんてんリース



「モミの木と野ばらのリース」 クリスマスバージョン
ヒヨドリに食われる前の画像を見つけました。
もともとはこんな感じでした。
なんてんの方が、ゴージャスな感じがしますね。


モミの木と野ばらのリース



トトロ部分の拡大です。


トトロ拡大



これは、実は「野ばらのリース」です。
上記と同じく玄関先に飾っておいたら、丸裸にされてしまいました。
コンナ感じです。
見事に枝だけ残りました。あっぱれ!


野ばら食われたリース



コニファーのブルーアイスと唐辛子のリースです。
ブルーのコニファーと唐辛子の鮮やかな赤のコラボです。
いかがでしょうか。


ブルーアイス・唐辛子リース



玄関のつるしドライフラワーです。
収穫後、このように天井からシュロ縄を吊るし、そのまま飾りとして楽しんでいます。
ドライにする際、お花を紐で結ぶと、乾いた時スルッと抜け落ちてしまうので、輪ゴムで止めるのがコツです。
リースをたくさん作ったので、だいぶ減りました。
春の花が咲いてくれるまで、もう少しこのままで頑張ってもらおうと思っています。
グリーンのあじさいは、アナベルです。
適期に収穫し、グリーンの色を残しました。


つるしフラワー



玄関たたきに飾ってある、あじさい「アナベル」のドライです。
収穫後、残した花は、そのまま秋冬のアクセントとしてカットせずにいました。
茶色にカラカラになった時、ゴールドとシルバーのスプレーをして、そのまま残しました。
ゴールドのスプレーしたものは、ほとんどの方が、スプレーしているのに気が付きませんでした。
雪が降るまえに、スプレーした花を収穫しました。
素焼きの大鉢にさしてあります。
クリスマスには、ツリー用の飾りを足して、楽しんでいました。
アナベルは、優等生!!


鉢 アナベル



庭に花のないこの季節、庭から収穫したドライフラワーたちが楽しませてくれます。
リースを作ったり、いろいろアレンジできるのも、ドライの楽しいところです。
ありがとう。


今日もいい日だ。

[2012/03/13 22:13] | 未分類
トラックバック:(0) |
今日も、湿った雪が降りました。
地上は、まだまだ冬枯れのように見えます。
でも、この湿った雪溶け水が、すでに地下の根を動かしているのだなぁ、と思うと、なんだかわくわくしてきます。
本格的なガーデニングシーズンを迎える前に、室内の緑たちをご紹介します。


長男と楽しんでいる、キッチンガーデン?です。
人参、かぶ、ネギです。
長男は、葉をつまんでは、パクパク食べてます。

人参



ダリアの切花です。
このお花は、近所の直売所で200円でした。(添え物のポトスは、私が育てたものです)
野菜等は、とても新鮮で安く、地元のものを買うことができます。
また、本物のモノが買えます。
平飼いの鶏の玉子とか、お母さんたちの手作り味噌とか。


ダリア



ひな祭りに買ったお花は、もう少し楽しめそうです。
このお花も直売所で買ったお花です。


桜



室内ガーデンの冬の主役 欄たちです。

デンドロビウム キンギアナム です。
この花は、香りがあります。春の香りがする貴重な欄です。

キンギアナムピンク


キンギアナムの白花です。「よしの」と言います。
やっと、待ってた花咲きました。
上がっていた花芽が、何本かそのまま枯れました。
「なんでだろ~」と、園芸書を取り出した結果、水不足のようなので、今までより頻繁にやってみました。
そして、その後やっと上がった花芽に花が咲きました。
良かったです。

キンギアナム白


ミニ胡蝶蘭も、元気に咲きました。
夏に、日が強すぎたようで、葉焼けしてしまいました。
今年の夏は、気をつけてあげたいです。

胡蝶蘭


シンビジウム マリーローランサンです。
一昨年は、次男の幼稚園の卒園式に、この花で作ったコサージュをつけました。
淡い上品なピンクが本当に素敵な花です。
去年は、しっかりした花芽が3本も出て、たくさんの花が長く咲きました。
鉢替えがうまくいかなかったのか、今年はしっかりした花芽が一本。
それと、写真のかわいい花芽が一本しかでませんでした。

そうじゃないよなぁ。

鉢替えがうまくいってないとしても、枯れなかった・・・しかも花まで咲いてくれた。
なんとうれしいことか。


マリーローランサン


えび茶色の渋いカスケードタイプのシンビジウムです。
母の家からのいただきものですが、今年も咲き始めました。


シンビ、茶



去年買った、カスケードの白のシンビジウム・・・
今年は咲きません。
何故ならば・・・私が花芽を摘んでしまったからなのです。
先が割れていたので、葉芽だと思い、気軽に摘んでしまったのですが・・・
後から心配になって、摘んだ芽を分解してみました。
すると、ほんの小さな蕾がポロポロと出てきたではありませんか。

「ぎゃ~~~~!」なんちゅうこっちゃ!この一年が・・・無駄になってもうた・・・  と心の声。

今、この株は本当の葉芽が出て、成長中です。
来年を楽しみに待ちます。



欄を育て始め、2年が経ちました。
まだまだ失敗が多く、植物には迷惑な話かもしれませんが、それでもやり直せるのですね。
植物とは、なんと大らかなことか・・・・・
いつもお世話様でございます。
ありがとう


今日もいい日だ。



[2012/03/12 14:08] | 未分類
トラックバック:(0) |
雪が少ない信州上田ですが、今季一番の大雪となりました。

起きてすぐ、駐車場と、家の前の歩道の雪かき開始ですが、この雪がなんとも重いことか。

庭で冬眠中のバラたちもビックリしたことでしょう。


雪の庭


コンナ日も、いつものように訪問者はやってきます。
バラの枝に止まるシジュウカラ。


雪 シジュウカラ


ヒヨドリさん。

雪 ヒヨ






この日、「賢者の書」等書いていらっしゃる、作家の「喜多川泰先生」の「母親塾」という講演会がありました。


喜多川泰先生は、本気でこれからの日本を変えようとしているスゴイ方です。
これからの日本を変えていくのは、子供たち。
その子供たちを育てているのが母親(父親も)。
毎回、喜多川先生の深い愛を感じる魂の講演会でしたが、今日がラストの6回目でした。
この講演会、すべて無料なんです。
おまけに喜多川先生は、イケメンなんです。

今日は、「生きる力」というテーマでのお話でした。

生きる力とは、変化に強いこと。
強い心を持つということは、決めたことを続けられる心。
強い心を育てるためには、日常こそが稽古である。

「毎日決めたことが必ずやること」

例えば、くつを揃える、コートをかける。そんな些細なことを必ず毎日続けること。
自分との約束を死守するという、決意をすること。

子供たちに、あ~じゃこ~じゃ言う前に、私自身が、この決意をしなければいけません。


今日も、目からウロコ・・・なことをたくさん教わってきました。




そして、母親塾ラストにサプライズが!



なんと、紅白歌合戦で、ファンモンのバックに出ていた「我武者羅應援團」が、喜多川先生のお話を聞きに来ていたのです。


喜多川泰先生と我武者羅應援團です。

ガムシャラと喜多川先生




一言で言うと、この方々は本気で人を応援している方々です。
最初は、お笑いの方?とか思いましたが、トンデモナイ。
その本気さがものすごい。半端でない。
この感じを、とても言葉で表しきれないのがもどかしいです。
本物のナマの我武者羅應援團の本気さに、会場には感動の涙が溢れました。
私も涙が止まりませんでした。

我武者羅應援團の応援です。


ガムシャラ応援団



喜多川先生、我武者羅應援團のみなさま、毎回会場をお貸し下さった上田情報ビジネスの比田井先生、母親塾に参加された同士のみなさま、そして、一緒に参加してくれたダンナさま、毎回行かせてくれた子供たちよ、本当にありがとうございました。
深く感謝いたします。



今日もいい日だ。










 

[2012/03/10 22:21] | 未分類
トラックバック:(0) |
春になり、庭遊びが本格的にスタートする前に、今年使う1年分の石鹸を仕込みます。


今回私の作る石鹸は、マルセイユ石鹸。
マルセイユ石鹸とは、油のうち、72%がオリーブオイルという石鹸です。
世界中で、「マルセイユ石鹸」とは、いい石鹸の代名詞になっているそうです。


マルセイユ石鹸の、3種のオイルと、役割分担を紹介します。
オリーブオイル・・・・・天然の保湿成分、スクワレンやグリセリンをたくさん含み、肌にとても良いです。
パーム油・・・・・・・・石鹸を固めて溶け崩れを防ぐ役割を担います。
ココナッツ油・・・・・・大きな泡を気持ちよく立てる石鹸にしてくれます。


今回は、ノーマルの白いマルセイユ石鹸の他に、去年作った透明石鹸や炭石鹸を混ぜる、モザイク石鹸、残ったタネで、マーブル石鹸の四種類を作ってみました。


それでは作り方です。


苛性ソーダを水で溶かします。
(精製水を使うと良いのですが、上田の水は特別硬水ではないようなので、水道水を使ってます。)


3種の油を量りとり、油と苛性ソーダ水の温度を38~40度に合わせます。


油と苛性ソーダ水を合わせ、20分ひたすらかき混ぜます。
電動泡立て器は、タネがはねて危険なので使わないと、本にはありますが、私は周りを新聞紙で囲み使ってました。
ところが・・・・今回、聞きなれない変な音がするなぁと思っていたら、壊れてしましました。
10年ほど石鹸を作ってくれた、働き者でした。
長い間お世話になり、ありがとうございました。
感謝!

と言う訳で、その後20分間、泡だて器でひたすら混ぜ続けます。


そしてラップをかけ、型入れのタイミングを待ちます。


大体30時間後、さらさらだった石鹸のタネが、とろとろになってきます。
タネの一部が石鹸になってきたのです。
本当に美味しそうで、思わずぺろっとしたくなりますが、したら・・・ヤバイです。


石鹸型入れ前


牛乳パックで型を作り、タネを流し入れるのですが、まずは、この透明石鹸と炭せっけんを使い、モザイクにしてみます。

コレが、透明石鹸です。
透明石鹸は、グラニュー糖やひまし油等で作ります。
透明、薄いオレンジ、濃いオレンジの3色を混ぜます。

隣は炭せっけんです。
実は、去年炭せっけんに透明石鹸を刻んで、モザイクを作ったところ、透明が全く目立たず、ただの黒いせっけんになってしまったものを、再リメイクしてみます。


透明、黒石鹸


石鹸のタネを型に入れ、ベラで混ぜます。


透明石鹸混ぜ中


透明石鹸混ぜ中2


炭石鹸も同じようにベラで混ぜ、モザイクにした後、

そのまま白く作る石鹸のタネを型に入れます。


残ったタネを色付けし、マーブル石鹸を作ってみます。
タネを少量、別の器に取り、パプリカパウダーを入れよく混ぜあわせます。
そのタネをボールに戻し、一回しだけ静かに混ぜます。



マーブル石鹸


型入れした4種の石鹸のタネを、保温箱にふたをして、丸一日寝かせた後、ふたを取り、一日そのまま乾かします。

左から、マーブル、白、炭モザイク、透明モザイク石鹸です。

タネの重みで中央が膨らむので、タコ糸で縛りましたが、保温箱にきっちりと入ったので、いらなかったかも。




石鹸保温箱



寝かし終わった石鹸を型から出します。


モザイク石鹸 まるごと


透明のモザイク石鹸を切り分けます。
切り口が綺麗です。


モザイク切り分け


炭石鹸のモザイクは、こんなんなりました。


炭せっけん切り分け


パプリカパウダーのマーブル石鹸とノーマルのマルセイユ石鹸です。


マーブル石鹸


切り終わった石鹸は、1ヶ月乾かすと、使えるようになります。
1ヶ月後が楽しみです。


石鹸干し中



長らくお付き合い下さってありがとうございました。

今日もいい日だ


[2012/03/10 00:06] | 未分類
トラックバック:(0) |
不織布を2枚重ねで、マイナス10度の信州上田の冬を乗り切った、赤ちゃんほうれん草。
ここの所の暖かさで、少し大きくなってきました。

こんな感じに。
もさもさと小さいながら美味しそう!

ほうれん草間引き前



間引き菜の収穫です。残す株を傷つけないように、やさしくハサミで根元を切ります。
山盛りに採れました。
今晩のおかずになりました。

収穫


間引いた後は、こんな感じです。
これで全部に日光が当たるかな?!
また、不織布をかけて、もう少し暖かくなるのを待ちます。


間引き後


今日もいい日だ。

[2012/03/09 12:25] | 未分類
トラックバック:(0) |
自宅のバラの剪定もすべて終了!
さてお次は、北庭に3年前に植えつけた、コニファーの剪定です。
ブルー系のコニファーは成長が遅く、本格的な剪定は、今回が初めてとなります。


剪定前は、こんな感じです。
下部が、だいぶもさもさしています。

コニファー剪定前


こんな感じに仕上がりました。
いかがでしょうか。
横幅を抑え、中まで日がさすようにかなりすきました。

コニファー剪定後


前に住んでいた東京の教会さんが、このブルーのコニファーを生垣にしていたのです。
それがとても綺麗で、かっこよかったのです。
その生垣は、もっと木が成長していて背が高く、すっと上に伸びていました。
その素敵な雰囲気が忘れられず、真似して植えてみました。
もっと背が伸びるのが、楽しみです。









私の大事な冬用の長靴です。
中は暖かく、履口にはリブの布が巻いてあるので、風が入らず、本当に便利でした。
編み上げのかわいいデザインも気に入っていました。



冬用長靴








ところが・・・・・








冬用長靴穴あき


とうとう穴が空きました。

「うわ~なんでや~」って感じでしたが・・・・・
よくよく考えてみると・・・・・
長靴さん、今までよく私のために頑張って働いてくれました。
きみのお陰で、寒い冬中、暖かく作業が出来ました。
暖かくなるまで待ってくれたんだね。
本当にありがとう!
ただただ感謝です。


今日もいい日だ。



[2012/03/06 23:43] | 未分類
トラックバック:(0) |


つくしんぼ
初コメント失礼します♪
剪定お疲れ様でした!
この本数をここまですっきりさせるには大変だったことと思いますが、すらっとさっぱりしてキレイですね(^^)
うちもそろそろ大きい方も剪定しなくては~と思っています;
 
お気に入りの庭用長靴いいですね♪
新しいお気に入りを探すのも楽しそう(^w^)

コメントありがとうございます
なつさら
ブログを書き始めて、初めてコメントいただきました。
すごく嬉しいです。
ありがとうございます。

つくしんぼさんのお家にも、コニファーが植えてあるのですね。
大きな木は、やりがいがあるでしょうね。

長靴、ほめていただきありがとうございます。
新しい長靴、楽しみながら、探してみます。
ありがとうございます。

コメント:を閉じる▲
昨日は雪混じりの冷たい雨でした。
ところが、今日はとても暖かいお天気でした。

春に近づく今のような気候を「三寒四温」と言うのだそうです。
地域の方から教わりました。

春に近づくって、毎日少しずつ暖かくなる・・・というより、寒い日が続くと思ったら、暖かい日が少しずつ増えていく・・・
というかんじで。
そして気がつくと、本当に暖かくなり、春の花が咲き乱れている・・・という状態に。
毎年、いつの間にか春が来てたなぁ。って感じていたけど、まさに「三寒四温」ということなのですね。



「四温」の日には、庭に引き寄せられます。


母の家のバラを剪定をしました。
母の家は、徒歩5分のところにあり、私のところからもらってもらったバラが植えてあります。
近すぎることもあり、結局私が母の家のすべてのバラを管理させてもらってます。
剪定前の、ハイブリッドティーローズの様子です。

剪定前バラ


剪定後こうなりました。

剪定後バラ

太い枯れ枝や、古い枝は、根本からのこぎりで切り、全体の高さを半分程度切ります。
細枝、内枝等いらない枝をガンガン落としていきます。
母のバラ、各品種併せ、15本程度切ってきました。
春の花を思い描き、想像力全開で行う剪定は、本当に楽しくて仕方ありません。
つるバラの誘引と、冬剪定の作業は、私にとって冬のメインイベント遊び!


今日もいい日だ。

[2012/03/06 23:05] | 未分類
トラックバック:(0) |
先日ご紹介した春の庭のふきのとうを摘んできました。

ふきのとう


そして・・・
まずはふき味噌
ふきのとうをざくざく刻み、少し多めの油で炒めます。
お砂糖とだし醤油で味をつけます。

ふき味噌


お次は・・・
ふきのとうのてんぷらです。

ふきの天ぷら


ほろ苦い春の味の出来上がり!

子供たちには少し苦かったようですが・・・・・

今日もいい日だ。




[2012/03/03 23:49] | 未分類
トラックバック:(0) |
今朝は、雪が降りました。
それも今年一番の大雪です。
子供たちは大喜びで、外へ走って行きました。


私はいつもの訪問者がやってくるのを待っていると・・・・


こんな朝でも、ヤッパリ来ました。
こんな朝だから余計訪れてくれたのでしょう。




私は誰でしょう?


鳥あしあと




私は山鳩です。


たぶん昨年の春に生まれた鳩だと思います。
今の季節でなくても、兄弟で庭に現れてくれます。
勝手に兄弟だと思っています。
私が近づいても、慌てて逃げる様子は、最初からありませんでした。
未だにです。
肝の座った彼らです。



山鳩








そして・・・

私はシジュウカラです。
ご夫婦でやってきます。
こっちも、勝手に夫婦だと思ってます。
おしりを上下に振りながら歩いてます。
セクシーというよりも、かわいい!



しじゅうから






庭には、他にも雀のご一行様も、毎日現れます。
雀は、なかなか警戒心が強くて写真が撮りづらいです。

すずめさん

すずめさん2



もずに似た茶色のロンリーさんも現れます。

3,4日前には、ヒヨドリご一行様が、ピラカンサやソヨゴの赤い実を食べ尽くして行きました。


冬の庭では鳥たちのドラマが楽しめます。

餌が減る冬の間だけ、彼らの食事を手助けさせてもらっています。

古米、パンくず、賞味期限の切れたお菓子のかけら・・・・・

そんなものが彼らのごちそうなのですね。

冬の庭遊びでした~。


今日もいい日だ






[2012/03/01 00:53] | 未分類
トラックバック:(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。